« 護良親王首洗井戸(横浜市戸塚区柏尾) | トップページ | 袖すり山(四次元的路上観察「高島台を辿る」より) »

2020年8月30日 (日)

鎌倉の護良親王史跡・旧跡

 最近知ったのですが、柏尾通り大山道近くに護良親王首洗い井戸があり、近くの天王社の祭神は親王で本殿地下に首が埋められているとのこと。既に知ることとして、護良親王陵が鎌倉二階堂にあり、親王の墓が松葉が谷妙法寺にあります。

 知ると云っても上っ面ですが、史跡・旧跡が三カ所もあるので気になりました。少しづつ調べようかと。まずは現地確認ですが、初めて訪れるわけでもありません。意識しているのとないのでは見方も違うかと。

 護良親王は後醍醐天皇の第三王子と云われますが、第一王子との異説もあるようです。足利尊氏と対立、捉えられて鎌倉に送られ、東光寺(廃寺)の土楼に幽閉され、後に斬殺されます。鎌倉宮は東光寺の跡に、明治二年に創建されました。本殿背後に土牢はあります。しかし幽閉されたのは塗籠牢、即ち室の内側を土で塗った所とも云われます。
 写真は拝殿・本殿、土楼、斬首された首が置かれた御首塚。
001_20200830003101 002_20200830003101 003_20200830003101

 首は理智光寺(廃寺)の住僧によって葬られたそうですが、それが護良親王陵になるのでしょう。陵ですから宮内庁管理ですが、昨秋の台風でがけ崩れがあり、奥までは進めませんでした。
 写真は陵碑、最初の踊り場にある通行止め案内、以前撮影した陵。
004_20200830003101  005_20200830003101006_20200830003101

 この後、松葉が谷に向かったのですが、道の選択を誤ったりして疲れ果て、妙法寺は後日として鎌倉駅に戻りました。距離8㎞ほど、それで疲れては街歩きにならないのですが、暑さのせいもあるということにしておきます。

 余談ですが、二階堂から浄妙寺、報国寺、巡礼古道経由で妙法寺のつもりでしたが、報国寺は浴衣を着た女性など、結構な人がいたように思います。それまでと随分違いました。ひところよりは人手が多いように感じました。

  (2020年8月29日記録)

| |

« 護良親王首洗井戸(横浜市戸塚区柏尾) | トップページ | 袖すり山(四次元的路上観察「高島台を辿る」より) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 護良親王首洗井戸(横浜市戸塚区柏尾) | トップページ | 袖すり山(四次元的路上観察「高島台を辿る」より) »