« 鎌倉の護良親王史跡・旧跡 | トップページ | 千駄ヶ谷のコレアン(Korean) »

2020年8月31日 (月)

袖すり山(四次元的路上観察「高島台を辿る」より)

 旧東海道神奈川宿・保土ヶ谷宿間は、深く湾入する入江と迫る丘の間を進みます。入江は着物の袖のような形をしているので袖ヶ浦、中間辺りの丘は袖すり山(現浅間台みはらし公園)と呼びます。
 袖ケ浦は江戸時代中頃から明治時代に埋立てられ、今は痕跡すら残りません。袖すり山には、源頼朝勧請と伝わる浅間神社が造営されて今に続きます。ただし江戸名所図会で人穴社とも云われた浅間神社周辺は住宅が密集、人穴も現存しないようです。ちなみに人穴は古代の横穴墓で、周辺に20基ほど存在したようです。

 五雲亭貞秀「東海道神奈川台臺并かるい沢ヨリ横濱海岸町同本町横濱木村を見渡其海面数万の大舩を見る圖ナリ(*1)」は、神奈川宿と保土ヶ谷宿間から開港場方面の様子描いています。左手の崖の向こうが神奈川宿、坂は神奈川台(現神奈川台町)西側、下り切った辺りが神奈川宿の西外れです。坂は随分急に見えますが、今は自動車が通行するために緩やかです。
 江戸を発って西に向かう旅人の多くは最初の泊りが保土ヶ谷宿、海岸沿いの平坦な道を30㎞ほど進んで、最後近くに難所神奈川台を超えます。袖ケ浦の風光明媚な景色が疲れを癒したことでしょう。
  001_20200831103401
  
 図に地名のいくつかを追記しました。右下に芝生村、横浜道入口とありますが、現浅間下交差点付近、第三京浜道路三ツ沢料金所から桜木町方面に向かって丘を下り切った所になります。左下に人穴山がありますが、これは江戸名所図会にも描かれた浅間神社の横穴墓です。

 これらの情報を総合すると、この絵が描かれたのは袖すり山東側と推定できます。

 公園から見られる現在の光景が次の写真です。残念ながら公園東側は私有地で立ち入れません。さらに樹木の繁茂が景色を遮っています。
  002_20200831103401

 特徴ある地形や建物から、貞秀の絵と写真の画角を推定したのが次の図(*2)です。概ね重なります。既に袖すり山から描かれたと言ってしまいましたが、さほど矛盾はないと思います。
  003_20200831103401

 絵が描かれたのは1860(万延元)年頃ですから、160年の歳月の隔たりが感じられるのではないでしょうか。

  出典:1.国立国会図書館デジタルコレクション
     2.国土地理院地図に加筆

  (2020年8月31日現在)

| |

« 鎌倉の護良親王史跡・旧跡 | トップページ | 千駄ヶ谷のコレアン(Korean) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鎌倉の護良親王史跡・旧跡 | トップページ | 千駄ヶ谷のコレアン(Korean) »