« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020年7月21日 (火)

昔の海水浴場

 多くの海水浴場のオープンされない今夏ですが、古い新聞記事にある海水浴場の様子を。

 大正14年8月30日付けの「横浜貿易新報」に、県保安課調査による最近10日間の神奈川県下海水浴場入場者数の記事が掲載されています。その内訳は。

   葉山  118511  鎌倉  112520
   磯子  59182  本牧  37119
   子安  25756  横須賀 11235
   小田原  9560  藤沢   9351
   三崎   5963  大磯   1793
   浦賀   1771  川崎   1537

 例年なら、今頃賑わっている海水浴場も混ざっています。しかし横浜市内の磯子、本牧、子安が海水浴場であったことなど、知らない人が大半でしょう。

 江戸時代に遡れば子安辺りは、「江戸時代前期、魚を将軍家の台所に納めることによって特別権益をあたえられていた浦方」、すなわち御菜八ガ浦の一つでした。磯子、本牧も良い漁場であった筈ですが、人力に寄る運搬が主であった時代、江戸は遠かった。

 経済繁栄を欠くことは出来ませんが、それが環境破壊を引き起こしている事実を忘れてはいけないのだと思います。かつての海水浴場の近くを歩く機会があれば、昔の浜に建立されている漁師たちの慟哭の碑の前で立ち止まるのは如何でしょうか。

 写真は、本牧市民公園の一角に建立されている記念碑です。
20151116_3185

  (2020年7月21日記録)

| | コメント (0)

2020年7月17日 (金)

横浜市都筑区川和の道祖神

 横浜市営地下鉄グリーンライン川和駅至近に、往時の姿を留めると思われる道祖神などが建立される一角があります。この辺りは以前に歩きましたが、整理しかえけの概要はこちらで参照できます。
 久しぶりに出かけたのは道祖神などを確認するためです。梅雨の合間に陽が出たので急ぎ出かけましたが、到着した頃には陰ったので改めて出かけます。。

 この一角の全景で、左から稲荷明神・双体道祖神・地蔵菩薩です。
20200716_0141

 稲荷明神は、祠内に2基の板碑、左の碑には「稲荷大明神」と刻まれ、右の碑は判別できません。どちらも台座に相対する狐が彫られています。稲荷碑は他で見かけていないと思います。
20200716_0145

 双体道祖神は寛政十年戊午と刻まれています。1798年です。
20200716_0149

 脇の2基は地蔵菩薩でしょう。右の台座に三猿が彫られているので庚申講の建立でしょうか。
20200716_0151 20200716_0156

 ここから北に100m進むと庚申塔、左に地蔵、右の壊れた碑は文字が刻まれているのですが隙間が狭くて読めません。
 さらに100m進むと、立派な地神塔と地蔵菩薩があります。
 かつてはこの先に川和富士塚が造られていたのですが、再開発で削平されてしまいました。
20200716_0160 20200716_0162

 最近は鎌倉市を除く旧鎌倉郡を主に歩いて、既に歩いていますが、路上観察を行います。とりあえず参考として旧知の川和へ出向きました。

  (2020年7月17日記録) #路上観察 #都筑 #石造物

| | コメント (0)

2020年7月 5日 (日)

「ヨコハマダケ」について

 横浜市都筑区の富士塚巡りの途中で見つけたのが「ヨコハマダケ」の碑です。ヨコハマダケは竹と云いながら、実は笹です。
 バラに「ローズヨコハマ」「はまみらい」「シティ・オブ・ヨコハマ」「メサージュ・ドゥ・ヨコハマ」「セント・オブ・ヨコハマ」がありますが、園芸種は別にしてヨコハマと名の付く天然種の植物は少ないようです。

 ヨコハマダケは1909(明治42)年に、県立第一中学校(現県立希望ヶ丘高等学校)教師の松野重太郎が、横浜市西区西戸部町池の坂で発見します。その後、植物学者・牧野富太郎により新種として発表されます。

 市営地下鉄川和駅付近に移植されたものがあります。碑が建立されている土地の旧所有者が発見・松野で、今は所有者が変わっています。私有地ですが、何件かの住宅の共用部分と思われる公道から少し入った所にあります。誰に断われば良いか分からないままに少し立ち入って確認しました。
  Photo_20200705134502

 調べると、横浜市こども植物園にも移植されています。大きな植物園ではありませんが、竹・笹の収集などもあり、結構楽しいです。所在は南区六ッ川ですが、箱根駅伝の難所・権太坂のピークから脇に少し入った所です。

 Photo_20200705134501 2_20200705134501 3_20200705134501

 発見地の当時を知りませんが今は住宅密集地で、生息するに適したとは素人目にも良いとは思えません。と云うこともあるでしょう、神奈川県レッドデーターブック2006WEB版に掲載されています。少し引用すれば『基準産地の西区西戸部3丁目池の坂周辺に点々と小群落がある。総個体数は50株未満と推定され、定量的要件Dより絶滅危惧ⅠA類と判定される。』とあります。もう14年前のことですから、現在はどうなっているでしょうか。
 自宅からそう遠くないので、散歩途中にでも探してみます。とは云うものの、見て識別できるか自信はありませんが。

  (2020年7月5日記録)

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »