« 能の中の六浦 | トップページ | 謡曲「盛久」の道行 »

2020年5月26日 (火)

感想「黒川能 船曳由美著 集英社」

 1_20200526142901黒川能(重要無形民俗文化財)の名前を何で知ったか定かでない。かなり古くから頭の中にある。
 山形県東田川郡櫛引村黒川(現鶴岡市黒川)で真冬に行われる神事能、即ち人に見せる能ではなく神様に見ていただく能。奉納される環境・条件を想像して、その場に臨むことはないと思って、詳しく調べたことがない。

Photo_20200526142701 昨年末に新聞1ページ(2019.12.9朝日新聞夕刊)を使った黒川能の紹介記事を見て、能は年に何回か奉納されることを知る。村に黒川能を紹介する会館が出来ていることも。その場に臨む姿を何となく想像できるようになる。直後に本書を知るのは、一読のうえ鶴岡に行けとの啓示のように思えた。

 著者は1962年に平凡社入社、翌年創刊のグラフィック雑誌『太陽』編集部に配属される。まだ新米の時代に、周囲の人たちにも恵まれ、初めて黒川能のカメラ取材を実現させる。成果は『太陽』1966年2月号「雪国の秘事能」にまとまる。以来半世紀の揺籃期を経て本書がまとまる。秘事能を中心に、一年を送る村人たちの緻密な記録に心動かされる。優れた民俗学的な記録になっていることに敬意を抱く。
 ただし想像できるだろうが内容は地味である。

 なぜ著者と黒川能が出会ったか。『太陽』の特集で祭りや伝統芸能を取り上げようと思ったところ、先輩が農民詩人・真壁仁の詩集を貸してくれて「農民の伝統芸能ならば黒川能につきる」と言われたことがきっかけになる。こう言い切れる慧眼の先輩の存在が本書を生み出すことになる。

 年に何回か奉納される能のメインは「王祗祭」、旧正月にあたる2月1・2日に催される。村は上座・下座に別れ、それぞれに能太夫以下、幼児・少年・若者・長老、年齢・経験に応じた役割分担がある。何しろ氏子ならば誰もが能を奉納できる、いや義務とさえ言われている。
 現在、能五流が保有するレパートリーは260番前後、黒川能はその倍以上の540番ほどある。その年の能が披露される当屋は持ち回りである。

 1日、春日神社の御神体「王祗様」を当屋に迎え、夜を徹して能5番・狂言4番、付随する神事が催される。
 2日、「王祗様」は神社に還り、両座は春日神社に参集する。幼児の大地踏み・翁・三番叟・神事を挟みながら能を奉納する。上座・下座のレパートリーに重複はない。

 現在は当屋が公民館に代わるなどしているようだが、その本質はなお伝えられている。伝統を伝えるのは困難な時代だが、末永く続いて欲しい。

 最後に詩の冒頭を引用する。

   しろき面の翁 粛々と舞ひぬ
   くろき面の翁 嬉々と舞ひぬ
   敬恭と感謝とかれにあり
   喜悦と祝福とこれにあふる
     どうどうたらりたらりら
     ちりやたらりたらりら
   ・・・   

 真壁仁「神聖舞台」は、まさに「翁」が舞い始められているようだ。著者は気難しいと言われた能太夫の家に、真壁の書の軸が掛けられているのを目の当たりにした。伝統と現代文学の幸福な融合がそこにある。信頼関係が存在する。

 進行をまとめたタイムテーブルが添付されるとより理解が進む。否、自分で作れば良いのだ。

    
 
  (2020年5月26日記録)

 

|

« 能の中の六浦 | トップページ | 謡曲「盛久」の道行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 能の中の六浦 | トップページ | 謡曲「盛久」の道行 »