« 街角から、「ふつうの国」とは | トップページ | 富士の山ビエンナーレ »

2018年11月 9日 (金)

太田道灌が陣取った亀の甲山

 子供の頃、祖母や父に連れられて小机の遠縁を訪れることがあったので、小机城や亀の甲山の名前は既知でした。平らな所は田んぼでしたが、半世紀余りの間に第三京浜、東海道新幹線や新横浜駅、横浜国際総合競技場などが建設されて激変しました。
 暫く前から付近を歩きまわっていますが、今回は亀の甲山のことを。と言っても余り話題もないのですが。

Photo_5  小机城はJR横浜線小机駅の北に位置します。築城年代も定かでありませんが、歴史に一度だけ登場します。

 長尾景春は関東管領上杉氏の有力家臣、自らの処遇に不満を抱いて反乱を起こします。1476(文明8)年から1480(文明12)年にまで及んだことです。

 豊嶋氏は景春に味方して、1478(文明10)年、小机城に立て籠もります。太田道灌の軍勢が対峙、鶴見川を挟んだ亀の甲山に陣を構えます。攻防を繰り返すこと2カ月余り、堅固を誇る小机城も遂に落城します。

Photo_6  亀の甲山は横浜国際綜合競技場の北に位置します。今は鶴見川の遊水地が目の前に広がり、高速道路が左右に延び、山裾を建屋が取り囲んでいます。それだけでなく山の上は小規模な工業団地になっています。往時を思わせるものは何もありません。

Photo_7  何もない所も歩き回るのが私の街歩き、そこに何かが見つかればなお良し。想像の助けに付近の地形を描画して添えておきます。両陣の距離は直線で1.3km程、お互いに相手の動きは見えたことでしょう。川を挟む布陣は奇襲攻撃を避けるためでしょうか。  (2018年11月8日記録)

|

« 街角から、「ふつうの国」とは | トップページ | 富士の山ビエンナーレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太田道灌が陣取った亀の甲山:

« 街角から、「ふつうの国」とは | トップページ | 富士の山ビエンナーレ »