« 2018年10月 | トップページ | 2020年2月 »

2018年11月

2018年11月24日 (土)

富士の山ビエンナーレ

 先日、「静岡県富士山世界遺産センター(https://mtfuji-whc.jp/)」と「駿河の国の芸術祭 富士の山ビエンナーレ(http://fujinoyama-biennale.com/)」を合わせて一周してきました。

 センターは富士山本宮浅間大社の門前に位置し、坂茂設計による富士山をイメージした外装になっています。螺旋スロープを昇りながら富士山の概要を知る仕組みですが、あくまで概要で深みはありません。昇り切った5階の壁面一面が開放状態で、正面に富士山が望めます。一番賑わっている場所です。写真は人が減った時に撮りました。
 館内ライブラリーの蔵書を確認したくて出かけたのですが、12~13時は閉鎖だそうで、何てこった。ガラス扉から覗きましたが、まだ書棚の3~40%が埋まっているだけでした。

 観光施設が一つ増えた印象ですが、誰もが富士山に登れる訳でもありませんから、それはそれで良いかも知れません。
Dsc_0758 Dsc_0771 Dsc_0763

 ビエンナーレは、富士・富士川・由比の各駅付近が会場になっています。ただし富士と富士川の半分しか訪れませんでしたから、案内の受け売りが半分あります。

 展示は極めて小規模でした。富士駅付近では、使われていないビル・ビルの一角などを利用した作品展示でした。屋上の竹細工は、富士山を駆け上る龍を思わせて場所にマッチしていました。でもちょっと素っ気ない感じ、何か一味加わると良いと思いました。
Dsc_0783 Dsc_0792
 

 余りにも富士山が美しいので、ビエンナーレを外れて興津・由比駅間の薩た峠を歩こうかと思いましたが、後半で日没になりそうなのであきらめて、富士駅から富士川駅までの旧東海道を歩いて、途中の会場に寄ることにしました。

 7年ぶりに富士川を徒歩で渡りました。って、橋の上ですが。
 富士川を渡ると間の宿・岩淵ですが、そこの本陣が会場でした。建屋を森に見立てたか、鳥の絵を描いた用紙の反対側に解説、解説の一文字一文字を切り抜いてあります。天井に何枚も吊るしてありますが、離れてるので細部が分かりません。座敷には、餌に見立てた切り抜いた紙片を皿に載せて於いてありました。土間に置かれた箪笥の開かれた引き出しには植物の切り抜きが。

 本陣は常盤家ですが、俳優・常盤貴子さんの実家だそうです。前回歩いた時は門が閉じていたので、初めて内部を見学できました。
Dsc_0803 Dsc_0817 Dsc_0809

 後は近くの二会場を巡って時間切れ。全体の半分を見残した感じです。
 今まで訪れたビエンナーレ・トリエンナーレ形式の芸術祭では最も小規模でした。でも芸術を足がかりにした町興しにはなるべく足を向けたい思いを抱いています。

 町興しと言えば、富士駅近くのかつての酒屋さんがお休み所になっていましたが、内装を意図していた訳でもないでしょうが、お酒の木製掛け看板の連なりが美しく、付近の工場の勤め人が帰りがけに立ち飲みしたであろうカウンターも年季が入っています。普段は閉じているようです。芸術化された日常生活に芸術は優るのでしょうか。

(2018年11月24日記録)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 9日 (金)

太田道灌が陣取った亀の甲山

 子供の頃、祖母や父に連れられて小机の遠縁を訪れることがあったので、小机城や亀の甲山の名前は既知でした。平らな所は田んぼでしたが、半世紀余りの間に第三京浜、東海道新幹線や新横浜駅、横浜国際総合競技場などが建設されて激変しました。
 暫く前から付近を歩きまわっていますが、今回は亀の甲山のことを。と言っても余り話題もないのですが。

Photo_5  小机城はJR横浜線小机駅の北に位置します。築城年代も定かでありませんが、歴史に一度だけ登場します。

 長尾景春は関東管領上杉氏の有力家臣、自らの処遇に不満を抱いて反乱を起こします。1476(文明8)年から1480(文明12)年にまで及んだことです。

 豊嶋氏は景春に味方して、1478(文明10)年、小机城に立て籠もります。太田道灌の軍勢が対峙、鶴見川を挟んだ亀の甲山に陣を構えます。攻防を繰り返すこと2カ月余り、堅固を誇る小机城も遂に落城します。

Photo_6  亀の甲山は横浜国際綜合競技場の北に位置します。今は鶴見川の遊水地が目の前に広がり、高速道路が左右に延び、山裾を建屋が取り囲んでいます。それだけでなく山の上は小規模な工業団地になっています。往時を思わせるものは何もありません。

Photo_7  何もない所も歩き回るのが私の街歩き、そこに何かが見つかればなお良し。想像の助けに付近の地形を描画して添えておきます。両陣の距離は直線で1.3km程、お互いに相手の動きは見えたことでしょう。川を挟む布陣は奇襲攻撃を避けるためでしょうか。  (2018年11月8日記録)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 6日 (火)

街角から、「ふつうの国」とは

 横須賀市内を旧浦賀道に沿って歩いて、気になる駒札を見つけました。内容は次のとおりです。

 『東京湾要塞地帯標
 「東京湾要塞地帯第壱区」と刻まれた石標は大正十三年(一九二四)に旧陸軍省によって建てられたものです。
 明治政府により首都が東京に移されると東京湾防備が一層重要となりました。明治三二年 (一八九九)要塞地帯法が公布され三浦半島は全域が要塞地帯に指定されました。軍施設を基点に第一区~三区に分け建物や設備の形状変更などを許可制にしました。
 同時に軍機保護法が公布され写生や写真撮影及び軍施設への立入り等が許可制となり、漁の禁止や制限がされました。特に砲台が集中する走水では一般道路も自由に通行が出来なくなりました。
   大津行政センター市民共働事業・大津探訪くらぶ』
001_3 002_2

 尾根道から、横須賀港や長浦港に停泊する艦船を写真に収めていて、世が世ならば捕まってしまうだろうと思います。駒札から、そのような思いが事実であろうと推測できます。

 駒札に書かれた石標は付近に見当りませんでしたが、逸見辺りで確認できました。民家の玄関先に建っていました。探せばもっと残っているように思っています。旧浦賀道を外れないとだめでしょう。
003_2

 旧浦賀道は追浜付近で旧武相国境と直角に交差します。旧武相国境の東端部はほぼ横須賀市と横浜市の境界に沿っています。16号線から西に丘上に上った所の石票に『横須賀軍港境(界)』と刻んであります。「界」の字は埋もれていますが。そこから大分歩いた米軍池子住宅地区北側に『海軍』と刻まれた石標が幾本か見つかります。米軍に接収される以前は「旧日本海軍の航空廠補給部池子工場(逗子市域)と工廠造兵部谷戸田注填場(横浜市域)」でしたからその名残でしょう。
004_2 005_2

  街歩きのフォローのために時々、近所の図書館に出向いて明治期の地図を確認します。そこに捺印されている「軍事機密」のスタンプ。
007_3

  アジア太平洋戦争の敗戦による終結からでも70年余が過ぎています。街中の記憶は減る一方ですが、今に残るものから往時を思ってみるのも意義あることと思います。「ふつうの国」は世の動きで変化するでしょう。どのような状態を普通の国と言うか、しっかり考えておかないと。彼我で異なる訳ですから。

 最後に、軍艦が見えますがいまは長閑な長浦港。
008_2
 
  (2018年11月6日記録)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 4日 (日)

古道について

 街歩き、今回は古道について思うところをまとめてみました。

 古道の特徴(*1)を列記します。
  1.障害があれば迂回するので局部的には迂余曲折
  2.局部的に迂余曲折するが大観するとほぼ一直線
  3.道の傍の清水や苗所の古井戸は旅人の憩いの場
  4.路傍・岐路に道標を兼ねる道祖神・庚申塔など
  5.薬研堀とかいわれる踏まれて深く切り込んだ路

 池・川・田畑などは迂回しますが、遠くの山などを目標にほぼ一直線に進みます。例えば武相国境を金沢方面に向かい、横浜市域に入って野境道路(瀬谷区)を過ぎると、やがて家並の切れ目で円海山(磯子区)が視界に入ります。円海山を過ぎて鎌倉に向かうたたら道をなお進むと、やがて東京湾に浮かぶ野島(金沢区)が見えてきます。昔の旅人は、一つ先一つ先の目標を見定めて歩を進めたことでしょう。

 生活様式の変化で埋め戻された井戸は多いと思いますが、今に残る名の付いた井戸もあります。例えば旧東海道保土ヶ谷宿中程から金沢に向かう金沢道沿に(北条)政子の井(保土ヶ谷区)、鰻井戸(港南区)が見つかります。鎌倉十井のいくつかは街道沿いにありますが、門前にある井戸さえ、結局は旅人の喉を潤したことでしょう。

 切通と思えない場所でのU字型地形は薬研堀で、往古より行き交う旅人の歩みが少しづつ大地を削った証です。意外な場所で見かける道祖神は、その辺りが旅人の行き交った道筋であったことを物語ります。

 家並の中に古い時代の痕跡を見つけることが少なくありません。実証の難しいものもありますが、正史に記録されない世俗の歴史を垣間見るのは、街歩きの醍醐味の一つと感じます。

  *1 武州久良岐郡地名考 武内廣吉著、まほろば書房 を参考にして要約

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2020年2月 »