« 横浜の史跡と名勝『40.久保山官修墓地』 | トップページ | 横浜鶴見の花月園 »

2018年8月27日 (月)

横浜久保山の土佐藩官修墓地

 横浜市営久保山墓地の一画にある土佐藩官修墓地が見つかりましたので、ご紹介しておきます。先にご紹介した長州藩官修墓地と性格は同じですが、1m×2mほどの敷地に7名の墓碑が重なるように建立されています。一番手前の墓碑側面に『被銃創六月七日死於横濱大病院』と刻まれています。

20180825_9681 20180825_9686 20180825_9687

 案内は次のとおり記載されています。

『官修墓地

慶応3年(1867)に行われた大政奉還によって起こった討幕派と旧幕府軍の戦い、戊辰戦争(慶応4年1月3日の鳥羽・伏見の戦いから明治2年 (1869)5月18日の五稜郭の戦いまで)は、数多くの負傷者を出しました。当時の日本医学は銃創を治療する技術が未熟であったため、官軍藩士の負傷者を治療するため、野毛町林光寺下の修文館に慶応4年4月17日、横浜軍陣病院を開設し、イギリス公使館の医官ウイルスが治療にあたりました。鳥羽・伏見、箱根、奥州棚倉、白河、会津若松、今市など各地の戦いで負傷し、軍陣病院に入院した藩士たちのうち56名が他界しました。長州藩と土佐藩では、14名の藩士たちを西戸部の大聖院に葬りました。
 明治7年7月、久保山に共葬墓地が設けられ、大聖院の墓地が改葬された折、この地に移葬されました。官修墓地と呼ばれ、6区に長州藩士、19区に土佐藩士が葬られ、18区には西南戦争(1877)で戦士した兵士や巡査が葬られています。
 横浜軍陣行院は、6ヶ月余で閉鎖され東京府大病院(後の東京大学付属病院)として拡大され、日本の近代医学の先導的役目を果たしました。

横浜市教育委員会文化財課
社団法人 横浜国際観光協会
平成6年3月』

 先にご紹介した長州藩官修墓地と性格は同じですが、ちょっと窮屈な場所という印象が強いです。
 もう一つの官修墓地、西南の役の人たちの墓碑が見つかりません。また探してみます。歴史ですから。

   (2018年8月27日記録)

|

« 横浜の史跡と名勝『40.久保山官修墓地』 | トップページ | 横浜鶴見の花月園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180824/67099848

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜久保山の土佐藩官修墓地:

« 横浜の史跡と名勝『40.久保山官修墓地』 | トップページ | 横浜鶴見の花月園 »