« 「共謀罪」法案についての多少の思い | トップページ | 路上観察:逗子市は面白い? »

2017年8月 6日 (日)

路上観察:鎌倉・釈迦堂切通

 鎌倉七口は、朝比奈切通、名越切通、極楽寺坂切通、大仏坂切通、化粧坂切通、亀ヶ谷・巨福呂坂切通です。

 釈迦堂切通(図中央の点線部分)は、鎌倉内の切通ですから七口には含まれません。それに崩落の危険があるからでしょう、通行止めになっています。よって人の口に上ることも少ないように思えます。

  Photo

 以前は、規制地点が現在よりもう少し奥だったので、遠目に切通を見たことはあります。引き返す私の横を、強者が規制地点を通り過ぎて行きましたっけ。 

 周辺を歩いていると、釈迦堂切通が通行可能ならばもう少しウォーキングのヴァリエーションが生まれそうだなんて思っています。
 それにこの辺り一帯は、実は結構魅力的な地点なのです。鎌倉時代の三代執権・北条泰時が、父・義時のために建立した釈迦堂があったところと伝わります。それに多くのやぐら群もあるようです。

 通行止めの先に進む気はありませんが、横にそれて行ける所まで行ってみる。北側からアプローチしたことはあるけれど、南側からも試してみる。
 それに衣張山からけもの道があるとかの情報もあるので、いまは草が繁っているので、晩秋以降にアプローチしてみるとか。

 傍からすれば、そんなことを考えて何が楽しいかと思うでしょう。為政者の歴史でなく、それを成し遂げたのは庶民で、庶民の歴史と思ってそれらを垣間見るのは結構面白いです。
 あるいはどれほど強制されたかとか。時代が変わってもさして変わらないなとか。

  (2017年8月6日記録)

|

« 「共謀罪」法案についての多少の思い | トップページ | 路上観察:逗子市は面白い? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180824/65629508

この記事へのトラックバック一覧です: 路上観察:鎌倉・釈迦堂切通:

« 「共謀罪」法案についての多少の思い | トップページ | 路上観察:逗子市は面白い? »