« 横浜美術館・2016年度第2期コレクション展(収蔵品展) | トップページ | 「共謀罪」法案についての多少の思い »

2017年3月24日 (金)

2017年3月23日の国会証人喚問について

 昨日は風邪気味のため外出せず、国会証人喚問を通して視聴した。解明すべき事態の当否を別にして、証人喚問の推移を私なりに総括すれば、次のようになる。

 虚偽の証言をすれば偽証罪に問われるとの状況下での籠池氏の発言は、明瞭で、小気味よいくらいのテンポだった。もちろん刑事訴追の恐れのある個所で発言回避に物足りなさは感じたが、致し方ないだろう。全体的として誠実に対応したと判断できた。

 非難されるべきは与党議員、真実を追求するベクトルはほとんど感じられなかった。この件に関して、早く沈静化させようとの意図が滲み出ていた。最初の質問者・西田参院議員は、「資金繰りが見通せないない中で学校経営に乗り出したのが悪い」と畳みかけたが、「議員の言っていることは的外れ」と一蹴された。仮に資金繰りが問題であっても、土地がを購入できて、学校建屋が形を表している現実こそが問題であろう。下地衆院議員に至っては、発言の端々で威圧、恫喝しているようにも感じた。そして「梯子をかけたのは大阪府知事で、証人が滑り落ちた」と。これは、とりようによっては大阪府知事が便宜を図ったと言ったととれるが、どうも自滅の感が強い。
 近々の選挙もうわさされているようだが、与党議員は選挙の際に刺客を立てられないように点数稼ぎをしているのではないかと感じた。真実の究明などどうでも良いと言うように。

 野党議員は、政権へ打撃を与える意図もあったと思えるが、総じて証人に寄り添うような態度を見せながら、真実に迫ろうとの意思が感じられた。例えば、枝野衆院議員が証人の発言に対して「経緯からしてにわかに信じがたい(阿部夫人への問い合わせに対して、谷さんからのFAX回答があった)のだが、偽証罪に問われることがあります。」と再確認をするようなところ。

 証人喚問が終了して退出しようとしている証人のもとに歩み寄って挨拶していたのは恐らく宮本衆院議員、音声は無いけれど様子からして労っていたと思われる。議員も様々と感じた。

 証人喚問は真実を追求する場だから、証人の口から出た数々の関係者は、いかがわしい思いがなくても証言をするべきだろう。証人の重みを持った発言に対抗できるのはそれしかない。
 いかがわしいことがないのになぜ証人喚問をされなければならないのか、などの発言は印象操作であり、レッテル貼だろう。   (2017年3月24日記録)

|

« 横浜美術館・2016年度第2期コレクション展(収蔵品展) | トップページ | 「共謀罪」法案についての多少の思い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180824/65060276

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年3月23日の国会証人喚問について:

« 横浜美術館・2016年度第2期コレクション展(収蔵品展) | トップページ | 「共謀罪」法案についての多少の思い »