« 演劇:「日輪の翼」 | トップページ | 神奈川芸術劇場:塩田千春『鍵のかかった部屋』 »

2016年7月17日 (日)

舞踊:Noism「ラ・バヤデール 幻の国」

1_2   演出  金森穣
  脚本  平田オリザ
  空間  田根剛
  衣裳  宮前義之
  振付  Noism1
  音楽  L.ミンクス《ラ・バヤデール》、笠松泰洋

  舞踊家 Noism1 & Noism2
  俳優  奥野晃士、貴島豪、たきいみき(SPAC)

  会場  KAAT神奈川芸術劇場〈ホール〉
  公演  2016年7月1日(金)~3日(日)
  鑑賞  2016年7月2日(土) 17:00~19:00(休憩15分)

 「ラ・バヤデール」は、「箱入り娘」「カルメン」に続く劇的舞踊第3作。Noismはちょっと演劇づいているようだ。
 その理由を考えた所で大した思いが浮かぶ訳でもない。それでも、Noism自体の方向性か、客が求めるのか、それともレジデンシャル・カンパニーの宿命として大きなものの意向が忖度されているのか、恐らく入り混じっているだろうと想像する。もちろん客に愛されてのカンパニーだから、存続を前提に方向性を調整せざるを得ない面は多々あるだろう。しかし「J.S.バッハ《無伴奏バイオリンのためのパルティータ》」における絶対的な身体表現などを見たら、そこから遠ざかっているようで年老いた一ファンとして一抹の寂しさもある。それは置いて。

 「ラ・バヤデール」ではSPACの俳優三人が客演。「箱入り娘」では客演なし、「カルメン」ではSPAC(静岡芸術劇場)の俳優一人が客演。客演の数に比例する訳でもないだろうけれど、劇的な要素は「ラ・バヤデール」が一番強く感じた。もちろん脚本も演出も空間構成なども相まってのことだが。そして・・・。

 『物語は一人の老人“ムラカミ”の回想から始まる。曖昧な記憶を辿るように、かつてここにあった幻の国マランシュが蘇る』。これでおよそは判るだろう。ミンクスの音楽に近代の史実が重ねられていることが。そして車椅子、舞台面に描かれた大きな四角の領域とそこから延びる花道を思わせる帯状のパターンは、利賀の野外劇場を思わせる。名前は載っていないが、鈴木忠志の存在を思わずにはいられない。SPACも鈴木忠志の創立だ。

 劇的舞踊としては「カルメン・再演」も興奮したけれど、今回の「ラ・バヤデール」が一番興味深かい。劇的な要素が全体を支配しているとはいえ、美しい場面も多かった。
 特に後半、舞台奥のホリゾントに設けられた小さな出入り口から連なって出てくるダンサー、少しづつ変化しながら繰り返される長めのコール・ド・バレー。この場面はとても美しく、そして言葉なしの身体表現の饒舌さに心打たれた。恐らく10数回は見ているだろうNoism公演の中で、そして全てが記憶に残る訳でもないけれど、恐らく最も美しい場面だと思っている。メンバー一人一人を知る訳ではないけれど、カンパニーとしての実力を強く感じさせられた場面でもあった。演出・金森穣が殊更印象付けられた。

 どちらかと言えば井関佐和子、中川賢、遡れば「カルメン・初演」の真下恵とか、個人の印象が強く残るのは当たり前だ。今回も、コール・ド・バレーの後に続く井関・中川のデュエットが、儚さを漂わして深い印象を残した。

 そして、SPACの俳優が一気に幻の国に転じてしまった。脚本の平田オリザの鮮やかさ、今の世の中への警告でもあろう。

 私はなお、物語性の無いコンテンポラリーダンスを切望するけれど、それはそれこれはこれで、特に後半は見事な出来栄えだと思った。総合力で到達した至福の2時間と総括しておく。

   (2016年7月17日記録)

|

« 演劇:「日輪の翼」 | トップページ | 神奈川芸術劇場:塩田千春『鍵のかかった部屋』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180824/63926404

この記事へのトラックバック一覧です: 舞踊:Noism「ラ・バヤデール 幻の国」:

« 演劇:「日輪の翼」 | トップページ | 神奈川芸術劇場:塩田千春『鍵のかかった部屋』 »