« 美術:平塚市立美術館 「新収蔵品展」「画家の詩、詩人の絵」 | トップページ | 随想:歴史にもおさらば記憶にもおさらば、だがそれも良くない »

2015年10月31日 (土)

相州藤沢・白旗神社の湯立神楽(2015年10月28日)

 昨年に続けて白旗神社の湯立神楽を見てきました。毎年10月28日14時から始まり、祭礼と湯立神楽で2時間弱ほどかかります。前日の天気予報では怪しげな空模様とのことでしたが、夏を思わせる絶好の祭り日和でした。なお雨天決行だそうです。

 湯立神楽の流れは昨年の記事にまとめてあるので、興味あれば参考リンクを参照ねがいます。今年は補足的にまとめます。

 湯立神楽には周辺神社の宮司が参加しますが、当然祭主は白旗神社の宮司です。祭主は2番目の初能(はのう)と11番目の剣舞を踊ります。
011 012

 初能は扇子に載せた米を巻きながら踊ります。去年も思いましたが、源流は能の三番叟などと同じなのでしょう。芸能の根源を感じます。

 1番目の打囃子(うちはやし)は笛・太鼓の調子をあわせるために演奏するもので、2番目が最初の踊りです。11番目の剣舞は、12番目の毛止幾(もどき)と同時に踊られるので最後の踊りになります。すなわち祭主は最初と最後の踊りを受け持ちます。途中はちょっとした話題を混ぜながら踊りの解説をしてくれます。昨年も感じたのですが祭主は話がうまい。

 ちょっとした話題の中に気になることがありました。
 本来、神楽は36座(?)あったが今は12座が伝わるのみで、これを絶やさないようにする。祭壇を山と言い、山を飾る紙飾りは紙垂(しで)と呼ぶが、形は伝わるもののその意味合いは判らなくなっている。踊りも形は伝わるものの所作の意味合いは判らなくなっている。本来、一つ一つに意味があったはずだが、ちょっとした中断で判らなくなってしまう。
 要約すればこのようなことだった思いますが、ちょっとした中断とは何だか気になりました。何とは言いませんでしたが、想像するに戦争でしょう。
0013

 湯立神楽というくらいですからお湯は神聖なものです。
 5番目の湯上(ゆあげ)は湯を汲んで神様に差し上げます。
 7番目の掻湯(かきゆ)は竹の棒で湯釜のなかを激しくかき混ぜて、上がる湯玉を見て占う(?)のでしょう。去年もそうでしたが、今年もほとんど湯玉が上がりませんでした。これは何を意味するのでしょうか。
 9番目の湯座(ゆぐら・または笹の舞) は湯に笹を浸してから大きく振り回します。祭壇に向かって左に2回、右に1回。湯が落ちてくる時は熱くありません。一粒でも当たればご利益があるそうです。私は大分浴びましたから。
  014 015 016

 12番目、最後の毛止幾(もどき)はサーカスで言えばピエロ役。祭壇のお餅を盗んで参詣者に放り投げたり手渡ししたり。鼻をかむ仕草をしてその紙を投げつけたりして笑わせます。
017

 なお6番目の中入れでお神酒と赤飯が参詣者に供されると同時に、宮司たちは正装から普段着に変わります。それ以降は神人共楽だそうで、うまく成り立っていると感じました。
018

 湯立神楽は鎌倉市上町屋・天満宮(8座)、葉山町真名瀬・熊野神社(8座)、葉山町・森戸大明神(8座)、藤沢市・皇大神宮(12座)、鎌倉市極楽寺・熊野新宮(8座)、鎌倉市坂ノ下・御霊神社(12座)、鎌倉市山崎・北野神社(8座)でも行われているようです。興味があれば調べて下さい。私も他社の様子を見てみたい。

 参考:相州藤沢・白旗神社の湯立神楽(2014年10月28日)
  

  (2015年11月26日記録)

|

« 美術:平塚市立美術館 「新収蔵品展」「画家の詩、詩人の絵」 | トップページ | 随想:歴史にもおさらば記憶にもおさらば、だがそれも良くない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180824/62583210

この記事へのトラックバック一覧です: 相州藤沢・白旗神社の湯立神楽(2015年10月28日):

« 美術:平塚市立美術館 「新収蔵品展」「画家の詩、詩人の絵」 | トップページ | 随想:歴史にもおさらば記憶にもおさらば、だがそれも良くない »