« 演劇:N.K.Project「この道はいつか来た道」 | トップページ | 演劇:劇団サンプル「蒲団と達磨」 »

2015年3月19日 (木)

音楽:音楽堂バロック・オペラ「メッセニアの神託」(日本初演)

  曲目   アントニオ・ヴィヴァルディ「メッセニアの神託」(日本初演)
         台本:ファビオ・ビオンディによるウィーン版(1942年)の再構成版

  音楽監督・ヴァイオリン
       ファビオ・ビオンディ

  演出   弥勒忠史

  出演   ポリフォンテ :マグヌス・スタヴラン     (テノール)   男
       メロペ    :マリアンヌ・キーランド    (メゾゾプラノ) 女
       エピーティデ :ヴィヴィカ・ジュノー     (メゾゾプラノ) 男役
       エルミーラ  :マリーナ・デ・リソ      (メゾゾプラノ) 女
       トラシメーデ :ユリア・レージネヴァ     (メゾゾプラノ) 男役
       リチスコ   :フランツィスカ・ゴッドヴァルト(メゾゾプラノ) 男役
       アナッサンドロ:マルティナ・ベッリ      (メゾゾプラノ) 男役

  演奏   エウローバ・ガランテ

  会場   神奈川県立音楽堂
  公演   2015年2月28日(土) 15:00~18:20(休憩20分×2回)

 

20150228__2  昨年11月、神奈川県立音楽堂開館60周年記念週間として色々なコンサートが開催された。今回のオペラは、少し遅いが掉尾を飾る特別企画。

 舞台上に四角い小舞台、ステージ脇に続く左右の花道。残る舞台のスペースは海岸・砂浜の見立て。背の高い移動式衝立4枚が緞帳がわり、意外に機能的と感じた。

 指揮はビオンディの弾き振り。演奏者はステージと客席の間のスペースに配置されたが、少し窮屈そう。楽器は良く見えなかったが、ホルンはバルブなしのナチュラルホルン。他もピリオッド楽器が使用されていただろう。指揮者脇の蓋を外したチェンバロは、演奏者が舞台に正対する配置だが、レチタティーヴォの伴奏を考慮してのことだろう。

 歌手はテノール一人にメゾゾプラノ六人。これは出演者の末尾に記載したが、本来は男性歌手、ただしカストラート、に割り当てるパートに女性を起用したから。見た目の判りにくさはあったが、採り得る最善が選ばれたのだろう。

 オペラの筋は、ポリフォンテによる王国乗っ取りの謀略と、エピーティデによる王国の奪還とエルミーラへの愛のドラマ。ギリシャ悲劇が底流にある。エピーティデはクレオンの偽名を名乗ってメッセニアに帰還するが、「アンティゴネ」でテーバイを乗っ取ったクレオンに通じるのだろう。ギリシャ悲劇に通じていると、もっと深い意味が隠されていることに気付くかも知れない。

 

 最初に讃えよう、出演・演奏・演出・スタッフを。学究的な香りもそこはかとなく漂いそうな本公演、それも休憩込とは言え3時間20分の長丁場を飽きさせることなく、というよりこれがバロック・オペラだと言わんばかりのパフーマンスを繰り広げた。恥ずかしながら、予習もせずに臨んだにも関わらず、心より楽しめた。多少でも予習しておけばもっと楽しめた筈と、臍を噛む思いをした。

 演奏は明るい響きでメリハリがあって堪能した。当然ながらイタリア的と感じたが、とても端正な演奏でもあった。管は魅力的だったが、特に二人のホルンが美しい音色、演奏も見事で心惹かれた。

 歌唱は、一人の歌手がレチィタティーヴォとアリアを歌って退場、次の歌手が登場して同じように繋ぐ。それが最後まで延々と繰り返された。正確にそうであったと言うのは、ちょっと心許ないが。そして、最後を除いて重唱がない。アリアは、A・B・Aと旋律が回帰され、後のAの部分で華麗な装飾が加えられた。ある意味単調だが、それを単調たらしめない歌唱が要求されるということだ。そして、飽きさせることはなかった。
 全員が見事だった。その中で最も魅力的だったのは、トラシメーデ役のユリア・レージネヴァ。ちょっと小柄ながら、声もクリアで技巧も見事、それを確かな表現で伝えられないのがもどかしいけれど、一つ抜き出ていることは判った。カーテンコールでの拍手も一番大きかった。

 演出も変にぎこちない仕草を要求せずシンプルに徹したことが、良いパフォーマンスに結びついたと言える。弥勒自身がもともと歌手だから、コンサート・ホールでのオペラという制約を加味して考え抜いたことだろう。
 衣装も和風あるいはアラビア風とも感じさせる、薄衣を重ねたようなゆったりしたデザイン。舞台に柔らかな雰囲気をもたらして見事。写真でも添えたいところだが残念。

 ほぼ満席の客も讃えて良いかと。実にタイミングの良い拍手で歌手を盛り上げた。歌手も、客席の反応が心強かったのではないだろうか。とかく問題視される演奏会における拍手だが、今回は実に見事で気持ち良かった。

 音楽堂のバロック・オペラは何回か聴いたが、今回は傑出していたと思う。これからも継続して欲しい企画だ。

   (2015年3月18日記録)

|

« 演劇:N.K.Project「この道はいつか来た道」 | トップページ | 演劇:劇団サンプル「蒲団と達磨」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180824/61304514

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽:音楽堂バロック・オペラ「メッセニアの神託」(日本初演):

« 演劇:N.K.Project「この道はいつか来た道」 | トップページ | 演劇:劇団サンプル「蒲団と達磨」 »