« 演劇:劇団サンプル「蒲団と達磨」 | トップページ | 演劇:東京芸術劇場プレイハウス「ローザス ドラミング」 »

2015年3月30日 (月)

演劇:KAAT×地点「三人姉妹」

  原作   アントン・チェホフ33379_1
  演出   三浦基

  出演   アンドレイ   石田大
       ナターシャ   伊藤沙保
       オーリガ    安部聡子
       マーシャ    窪田史恵
       イリーナ    河野早紀
       クルイギン   小河原康二
       ヴェルシーニン 小林洋平
       トゥーゼンパフ 岸本昌也
       ソリョーヌイ  田中祐気

  会場   神奈川芸術劇場・中スタジオ

  公演   2015年3月9日(月)~22日(日)
  鑑賞   2015年3月17日(火) 19:30~20:50
  参考   公式HP

 

 最後に三人姉妹が言う「生きていかなければね」「生きていかなければ」「生きていきましょうよ!」。リアリティーを持ってこの台詞を響かせるために、全てがクレッシェンドしていくことが「三人姉妹」の演出の要だろう。

 スタジオは何もない直方体、長手方向の3分の1ほどが仮設の客席。残るフロアーが演技スペース。

 客席に近い所、客席と平行にスタジオ巾より少し狭い衝立が据えられている。鉄枠に透明アクリル板(後に音で分かった)が貼られている。人の背丈より高く、頑丈そうだ。二カ所にドアーがある。アクリル樹脂には白い粉が塗されている。

 衝立は部屋の壁とも思える。テキストに「4幕の戯曲である。第1幕はブローゾロフの家、第2幕もブローゾロフの家、第3幕はオーリガとイリーナの部屋、第4幕はブローゾロフ家の古い庭である」と書かれている。照明の加減で部屋を明示するかと思ったが、それほど単純ではなかった。

 天井から床に向かって木が下がっている。上手・下手の壁に沿って白い文字が書かれているが、ローマ数字のように見えた。

 見えている物は具象的だが、これから「三人姉妹」が演じられると思えば何とも抽象的だ。

 

 ショスタコーヴィチ「セカンド・ワルツ」が流れる。黄昏時を思わす、それは必ずしも一日の黄昏だけを指すわけではないが、哀調を帯びた旋律・響きが、一気にチェーホフの世界に引きずり込む。見事な選曲。

 役者が床を這いずるように、昔風に言えば兵隊が野山を這いずり廻る匍匐前進、で登場してくる。衝立の外側を回って、すなわちローマ数字を掃くように。白い粉は、運動の時にラインを引く消石灰ではないか。手足や衣服にそれが付く。

 男女かまわず二人づつが絡み合う。絡み合うと言えば色っぽい響きだが、レスリングの寝技、相手をねじ伏せるがごとく。何より役者は、パット付サポータあるいは類似の物で膝を防護していることで、激しさが想像できる。

 基調は格闘技。立って絡み合い、衝立に体当たりする。アクリルに塗された白い粉は、手足や衣服から着いたものだろう。少しづつ様子が判ってくる。

 ところで衝立だが、進行に従って斜めになったり、客席に直角になったり、ずっと後方まで押し下げたりされる。かなり重いのだろう、渾身の力で押したり引いたりしているようだ。これらは舞台の変形、つまり場面場面の転換を意味すると同時に、登場人物たちの抑圧された世界を表しているのだろう。

 台詞は細切れに発せられる。文書を構成する最小限の単位、すなわち形態素に分けて発している感じだ。例えば、「私たち」が分割されて「わたし」「たっちー」。しかも「たっちー」にアクセントがくる。戸惑うかも知れないが、すぐに慣れる。
 役者が発する台詞は多くない。しかし、発せられた台詞は「三人姉妹」のエッセンスが抽出されている。

 

 この舞台を観て、チェーホフ「三人姉妹」のあらすじを思い浮かべることは難しい。あらすじを把握していれば、目の前で繰り広げられる表現は「三人姉妹」そのものだ。

 あらすじは知っておくことが好ましい。しかし、知らなければならないということでもない。まず観て刺激をうけるのもありだろう。

 三浦基演出は台詞控えめ、身体表現に重きを置いている。格闘技になったのは、言葉に秘められた暴力性を身体表現に置き換えたから。台詞より身体の方が安定した表現ができると捉えるためだろう。役者は大変だが。

 私はそれを受容できるし、興味深く感じた。そして、三人姉妹が強く生きるだろうことにリアリティーを感じた。

   (2015年3月29日記録)

|

« 演劇:劇団サンプル「蒲団と達磨」 | トップページ | 演劇:東京芸術劇場プレイハウス「ローザス ドラミング」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180824/61359189

この記事へのトラックバック一覧です: 演劇:KAAT×地点「三人姉妹」:

« 演劇:劇団サンプル「蒲団と達磨」 | トップページ | 演劇:東京芸術劇場プレイハウス「ローザス ドラミング」 »