« 演劇:チェルフィッチュ「スーパープレミアムソフトWバニラリッチ」 | トップページ | 音楽:神奈川フィル第305回定期演奏会 »

2015年1月14日 (水)

随想:芸術新潮2015年1月号記事中「2014年夏の、そして冬の性器をめぐる2、3の出来事 股間著聞集」メモ

 美術作家や美術館が社会的論争の矢面に立たされることがある。例えば、先に観た千葉市立美術館の「赤瀬川原平の芸術原論 1960年代から現在まで」展では、千円札裁判関係作品・資料が展示されていて理解を増した。

 社会的論争とするのは曖昧で、行政、特定集団、検察・警察と特定しておくのが正確だろう。ここに一般鑑賞者が加わるかは判らない。

 私自身は鑑賞者に過ぎない。しかし、自ら思う作品の良し悪し以前に、美術家の表現の自由は確保されるべきと考える。楽しいだけの現代美術なら不要だ。

 前置きはこれくらいにして主題に進む。記事の著者は、「股間若衆―男の裸は芸術か」などの著作がある木下直之。芸術新潮への賛意の表明の意味で紹介する。

 初めに断わっておく。当該号の特集は「月岡雪鼎の絢爛のエロス」で、見開きの春画が続出する。当該記事に進む以前に不快感を催しそうに思うならば手に取ることは控られたい。拙文と参考リンクまでならそれほどでもないだろう。

 

 私の知る限りで、社会的論争に巻き込まれたのは、古くは富山県立近代美術館事件における(参考1:アートワード)、これは後の沖縄県立美術館では展示回避措置が取られた。

 新しくは昨夏の愛知県立美術館(参考2:The PAGE)である。愛知の場合は、問題になる以前に回避措置が取られた。しかし、回避措置を取らざるを得なかったこと自体が問題とも言える。

 記事は愛知県立美術館問題・他を取り上げている。全8ページで、写真が半分ほどを占める。見出し引用と簡単なメモで概要を。

 「わいせつな電磁的記録の頒布」は、ろくでなし子さんを巡る最近の話題をまとめている。SNSをウオッチしていれば大概はわかっていること。

 「パリの大股開き」は、パリのオルセー美術館で女性芸術家が下半身を顕わにしたパフォーマンスの話題。係員の説得に梃でも動こうとしない様子が記録され、インターネットで世界を駆け巡った。美術館は警察へ通報をしなかった。彼我の隔たりは大きいか。

 「一市民の通報から」は、愛知県立美術館の件は匿名の市民からの警察への通報で、警察が動き出したことを伝える。作品撤去を命じられた関係者は、撤去に応じない腹を固めた。113年前の白馬会展覧会場でおきた黒田清輝の裸体婦人像をめぐる、紫色の巾にて局部に覆いを施したりに倣ったか、作品の一部をシーツで覆い隠した。

 「わいせつ物の陳列」は、美術館が命令を無視したらどうなっただろうかと疑義を呈する。警察は検挙をちらつかせたというが、その場合誰が逮捕されるのか。陳列した作業員、指示した担当学芸員、一番上ならば県知事か。

 「性器とはどこか」は、刑法に「わいせつ」はあっても「性器」なる言葉は存在しないと。日本の法律に「性器」が登場するのは「児童買春、児童ポルノにかかる行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律」などわずか5件である。性転換手術によって新たに生じたものは性器なのか。

 ろくでなし子さんの逮捕は事件だが、愛知県美術館の鷹野隆大さんの作品をめぐるあれこれはすべて口頭で行われ、結果として不問に付された。展覧会終了と共に忘れられてゆくだろう。そこで、百年後に伝えるためにこれを記した。

参考1:http://artscape.jp/artword/index.php/%E5%AF%8C%E5%B1%B1%E7%9C%8C%E7%AB%8B%E8%BF%91%E4%BB%A3%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8%E4%BA%8B%E4%BB%B6
参考2:http://thepage.jp/detail/20140822-00000011-wordleaf

   (2015年1月14日記録)

|

« 演劇:チェルフィッチュ「スーパープレミアムソフトWバニラリッチ」 | トップページ | 音楽:神奈川フィル第305回定期演奏会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180824/60974269

この記事へのトラックバック一覧です: 随想:芸術新潮2015年1月号記事中「2014年夏の、そして冬の性器をめぐる2、3の出来事 股間著聞集」メモ:

« 演劇:チェルフィッチュ「スーパープレミアムソフトWバニラリッチ」 | トップページ | 音楽:神奈川フィル第305回定期演奏会 »