« 演劇:Doosan Art Center+東京デスロック+第12言語演劇スタジオ「カルメギ」 (長文) | トップページ | 随想:2015年元旦 --- 敗戦後70年 »

2014年12月23日 (火)

演劇「2014年演劇の私的回顧」 (長文)

 2014年12月18日の朝日新聞夕刊の「回顧2014・演劇」、取り上げられた演劇のいくつかは私も観た。それに重ねて、私なりに回顧する。

 

 「カルメギ」はソン・ギウン脚本・多田淳之介演出、チェホフ「かもめ」を植民地時代の朝鮮に置換、虐げられた民族の悲劇を暴くとともに、古典の面白さと懐の深さが存分に伝わった。音楽もクラッシック曲あり、トレンディーな曲あり、鈴木忠志のそれが思い浮かぶ。多田演出は初めて、これからは見逃せないだろう。

 「マハーバーラタ~ナラ王の冒険」は宮城聡演出、特設の円形舞台で360度に展開される場面場面が野外にいるかのよう、照明に映える衣装も美しい。華ある美加理の演技にも惹きつけられた。ガムランっぽい生演奏の音楽も素晴らしい。

 岡田利規率いるチェルフィッチュは公演名を上げてないが、各公演を取り上げればきりがないだろう。見終えたばかりの「スーパープレミアソフトWバニラリッチ」、軽味ある身体表現から鋭い社会批評を繰り出す。全編にバッハ・平均律クラヴィーア曲集第一巻全曲が流れるが、ひょっとしてコンテンポラリーダンス、と感じる場面もあって身体表現も変化している。
 こんなの有りえないと途中で飛び出そうと思った「フリータイム」、以来、横浜での公演は見逃していない筈。毛嫌いしないで何でも観ることが大切だと、チェルフィッチュを観るたびに思い返している。

 三浦基率いる地点は「コリオレイナス」を取り上げるが、私の見たのは「悪霊」「光のない。」、難解で理解は進まなかったが、身体表現に圧倒された。演劇に限らないけれど、理解が進まなければ見聞きする価値がないだろうか、そんなことはない。現にその身体表現に圧倒された自分がいる。三浦演出も初めて。

 私はこれらの演目すべてを神奈川芸術劇場で観た。劇場に対する表彰制度があれば、神奈川芸術劇場は最右翼だろう。こうなると、観られなかった作品が気になるのだが。

 文楽の竹本住太夫引退。4月の国立文楽劇場「菅原伝授手習鑑」、声は少し細くなったと感じたが、名演だったのだろう。疑う訳ではないが、至芸を理解できるほど私は場数を踏んでいない。そんなに簡単に判るものでない。それでも観ておくことは大切だ。大阪市長の無理解さえなければ、もう少しその芸に触れる機会はあったのではないだろうか。

 

 ここからは新聞と離れる。

 ここ数年、これで最後と思いつつ夏に出かける利賀フェスティバル。エウリピデス原作・鈴木忠司演出「トロイアの女」を観た。かって記録映画を観て、いつか舞台を観たいと思っていて念願かなった。思いかなえば、観ない方が良かったかと。出来れば野外劇場でと思ったが、出来が悪かったわけではない。夢が一つ減ったということだ。
 26日まで吉祥寺シアターで上演中、興味あればどうぞ。二本立て・トーク付、疲れそうだから私は行かないが。

 青年団+大阪大学によるアンドロイド版「変身」。原作では虫に変身して家族に見放される主人公が、ここでは家族に愛されるようになるロボットに置き換えられる。ロボット自体にも興味があった。ロボットがペットになる日が来るかもしれない。

 演劇ではないけれど、ダンスも何公演か。

 Co.山田うん振付「春の祭典」。いまでも斬新なストラヴィンスキーの音楽に半端な振り付けでは跳ね返されるだろう。初めてみた Co.山田うん、刺激的だ。その後に観た「ゴールドベルク変奏曲」は、ピアノ生演奏によるデュエットだったけれど、これは少し控えめの賞賛に止めよう。

 金森穣率いるNoism「カルメン」。上質な舞台であったことを前提に、少し演劇臭が強すぎたと言いたい。演劇的な身体表現から遠ざかるところにダンスへの興味を感じるのだが、ちょっと逆行したか。来年はリュートピアで観たいものだ。

 9月に開催された「中韓ダンスフェスティバル」のオープニング公演。韓国の男性ダンスユニット「LDP(Laboratory Dance Project)」に強く惹かれた。プログラム中の20分ほどのパフォーマンスだったけれど、圧倒された。単独公演があれば絶対に観にいくだろう。

 

 2014年も様々な舞台を観た。多くの元気を分けて貰った気がする。多くの舞台人に感謝する。
 2015年は、衰えつつある身体をさらにしゃんとさせるために、もっと多くの元気を分けて貰おう。
 それにしても国家間のいがみ合いに関係なく、若き舞台人が史実を直視しながら交流する様子に感動する。舞台人の爪垢を煎じて為政者に飲ませたいものだ。博愛の味がするだろう。

   (2014年12月23日記録)   

|

« 演劇:Doosan Art Center+東京デスロック+第12言語演劇スタジオ「カルメギ」 (長文) | トップページ | 随想:2015年元旦 --- 敗戦後70年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180824/60853617

この記事へのトラックバック一覧です: 演劇「2014年演劇の私的回顧」 (長文):

« 演劇:Doosan Art Center+東京デスロック+第12言語演劇スタジオ「カルメギ」 (長文) | トップページ | 随想:2015年元旦 --- 敗戦後70年 »