« 舞踊:Noism1&Noism2合同公演 劇的舞踊『カルメン』 | トップページ | 美術:金沢21世紀美術館開館10周年記念 「レアンドロ・エルリッヒ ― ありきたりの?」 »

2014年7月20日 (日)

遊歩演劇:BricokaQ「演劇クエスト・京急文月編」

  作・演出・編集:藤原ちから(BricolaQ/演劇センターF)
  ドラマトゥルク:落 雅季子(BricolaQ)
  制作     :横井貴子(演劇センターF)
  プロデューサー:宮永琢生(ままごと¥|ZyQnZ)

  会場      :概ね京急金沢八景駅以南の三浦半島
  公演      :2014年7月12日(土)
           (予定)開演:13:30 終演:19:00 アフタートーク:20:00~

 

 遊歩演劇とは何か、主催者の案内に『京急沿線の南半分を舞台にしたロールプレイング演劇』とある。
 私は、「道筋が何本もある道中双六、道筋は適宜移り換え可能だし、戻ることも、何回通ることも。気に入った場所があれば途中でリタイアも可能。双六と違うのは、行き先をサイコロで決まるのではなく気分で選ぶこと。偶然性の音楽に倣えば、これは偶然性の演劇、と言って良いのかも知れない」と解釈した。

 

 開演。窓を閉め切った部屋に、横須賀をテーマにしたポップな曲が次々に流れる。檄が投影される。「冒険の書」が配布され、各人に「プレイヤーカード」が託宣される。
 神は私を「皇帝」と告げた。しかも「今日が誕生日」。課題は「自分へのプレゼント、何か見つかりましたか?」。いざ旅立ち。
Fig1 Fig2 Fig3

 

 最寄りの京急井土ヶ谷駅に行けば既に周遊券購入の長い列、並べば20分ほど費やすと思い、SUICAで入場。
 後で判ったことだが、ここで早くも仕込みがあったそうだ。動線から、視線から外れていて気付かず。「冒険の書」の冒頭、『運が良ければ(あるいは勘がするどければ)、あなたは何度か、「演劇の天使」と呼ばれる存在を目にすることになる』と。幸先が良くなかったことになる。

 車中で「冒険の書・項目32」を読む。項目は必ずしも順番に進むわけでなく、末尾で次の行き先が案内される。推奨もあり、無視するのも自由。実質最初の項目に重要な記述、『この冒険は集団には適していない。集団になった途端、あなたは魔法の力を失い、その目は曇ってしまう。他の冒険者とは適度な距離をとり、最初ユニット(1~2人)でお忍びのように行動することを心がけること』と。
 末尾に、金沢八景駅と京急杉田駅への案内。金沢八景駅に進むと、末尾には途中下車して喫茶店あるいはゲームセンター・横須賀方面・逗子方面への案内。以下、繰り返す。(写真は「冒険の書」の一部)
Img_20140720_0003_2

 

 さて私は「皇帝」、王道を行くべきだ。と言う訳で、京急本線「汐入駅」まで直行、横須賀の中心へ。
 いゆもの私は、汐入駅で交差する古道浦賀道を歩くところだが、今日はドブ板通りを横須賀中央駅まで散歩。15時過ぎではさすがに静かなもの。横須賀芸術劇場が目の前にある関係だろう、指揮者とヴァイオリニストの手形を歩道に見つけた。

 横須賀中央駅から三崎口駅へ、バスで三崎港へ。路地裏の魚屋経営の食堂で夕食と思ったが、入口に「先日の台風の影響で食べて頂ける魚がない」。多少の散策をして三崎口駅へ戻る。

 そろそろ帰る時間。着替え一式は持参したので、どこかで汗を流そうと金沢文庫駅へ。「冒険の書」にも記載されていた「能見堂・赤井の湯」へ向かう。鎌倉時代から続く古地・釜利谷の外れ。今年前半はこの辺りを良く歩いたなどと思い返しながら、黒い湯に浸かる。出てから外のベンチで缶ビール、人家は増えても高層ビルはなく、風は涼しい。至福。
 この後、会場に戻り、少し遅れてアフタートークに参加。

 

 私の思いだけを整理しておく。およそ1/40の意見だ。

 誰一人同じ経過を辿った観客はいない筈で、作品の出来・不出来は全参加者の感想を総合せねば定かにならない。ゆえに、アフタートークの持って行き方は重要だ。しかし、細部の議論に終始した感がある。特に記憶に残るのは、最少ユニットを越えた集団に関しての尽きない議論。実際は、一人・二人の行動と多人数の行動のどこに差が生じたかを追及することこそ、今後に繋がるだろう。

 まず、私は「演劇の天使」に出会うことはなかった。運が悪いか、勘が鈍いこと。しかし私は「皇帝」、王道を進むのみ。この役割が微妙だ。
 『どこでもいい、なにもない空間――それを指して、私は裸の舞台と呼ぼう。ひとりの人間がこのなにもない空間を歩いて横切る、もう一人の人間がそれを見つめる――演劇行為が成りたつためには、これだけで足りるはずだ。  P.ブルック「なにもない空間」より』を当てはめると、裸の舞台は三浦半島、横切るのは自分、見つめるのは誰。ここが最後まで腑に落ちなかった。
 見つめるのは、市井の人たちか。だが「皇帝」はやりにくい。ものを尋ねるとか、物乞いをするとか、下手に出るロールならひょとして成立しそうだ。皇帝面した途端に頭を疑われそうだ。複数人のグループ行動ならば相互に役割交代も可能だったように思う。神は見る目があると思ったが意外にやりにくい。

 狭いといっても三浦半島、およそ5時間は時間的に短かい。私はおよその土地勘があるので、支線で逗子方面に進めば後が窮屈になると思って、本線を進んだ。ただ、ゆっくりお茶を飲む時間があった。何より快速特急に乗り、汐入駅で降そこない後戻りもした。あるいは、そこそこの時間設定だったかも知れない。その工夫が面白いかも。

 最後の「赤井温泉」は至福。夏場のウォーキングは着替え一式の用意を推奨しておこう。最近は日帰り湯も多いし、知らない街の銭湯に浸かるのも魅力的だ。その後の缶ビールは高級酒に勝るとも劣らない。

 面白さの可能性を感じながらも、今回は劇的に盛り上がらなかった。いささかの土地勘が邪魔した面がありそうだ。私の場合、誰かに帯同してその選択にハラハラした方が面白かったかも知れない。少人数グループの行動も面白そうだ。

 「冒険の書」は手元に残っている。今度は家内を冒険者に仕立て、私が観察してみるか。途中で喧嘩にならないようにしながら。

 そうそう、お土産は夕食を食べそこなった魚屋で買った「マグロのカマの味醂漬け」、300円なり。後日食して美味。安い「皇帝」。

   (2014年7月20日記録)

|

« 舞踊:Noism1&Noism2合同公演 劇的舞踊『カルメン』 | トップページ | 美術:金沢21世紀美術館開館10周年記念 「レアンドロ・エルリッヒ ― ありきたりの?」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180824/60016728

この記事へのトラックバック一覧です: 遊歩演劇:BricokaQ「演劇クエスト・京急文月編」:

« 舞踊:Noism1&Noism2合同公演 劇的舞踊『カルメン』 | トップページ | 美術:金沢21世紀美術館開館10周年記念 「レアンドロ・エルリッヒ ― ありきたりの?」 »