« 三月の観劇メモ | トップページ | 路上観察:花の吉野山(2014年4月15日) »

2014年4月 7日 (月)

路上観察:沖縄久高島・イザイホーの記録映画について

 イザイホーは、沖縄久高島の女が神になる12年に1度行われる島最大の神事。沖縄の霊地の中で最高の霊地と言われるフボー(クボー)ウタキ周辺で執り行われます。以前から興味があって、先日の沖縄旅行でも久高島に渡って、その風土を垣間見ました。原始共同体を貫く原始宗教の必然性、その背景を少し感じらとれたと思っています。

 イザイホーの何かは他サイトに譲って(詳しく知らないので)、ここでは次の記録映画を紹介しておきます。
  1966年版  モノクロ、49分 海燕社
  1978年版  カラー、第1部54分・第2部48分 東京シネマ新社

 神事は秘事の部分も多く、時間的にも一部の記録と知れますが、それでも圧倒されました。1978年以降の記録映画がないのはイザイホーが開催されないためでしょう。時代が開催を不可能にしてしまったと感じます。

 

 1966年版はDVDで入手可能です。有償ですが、興味あれば海燕社で調べて下さい。
 過日DVDを入手、繰り返し鑑賞しました。半世紀前の映像は今に比べて画質は劣りますが、限られた機材で少しでも良いものを残そうとする映画人の良心みたいなものが感じられます。

 1978年版は、NPO法人・科学映像館から第1部第2部、共に無料でネット配信されています。
 1966年版に比して、学術記録を前面に出して制作されていると感じます。ネット配信で視聴しましたが、実写で視聴すれば画質も鮮明になっていると思われます。その内容に興味を抱いたならば、今すぐ視聴可能であることを大変あり難く思います。

 沖縄へ、特に久高島へ旅行するならば、記録映像の旅行前の視聴をお勧めします。より深い理解に繋がる筈です。私は前後したので残念に思っていますが、久高島再訪を暫く後に計画するつもりです。例え、旅行の予定がなかったとしても、各地に残された祭り・神事の一つとして興味深く思われるでしょう。

 なお科学映像館は、日本各地の祭り・神事のネット配信をしていますので興味を抱いているものがあれば探してみては如何でしょうか。

 写真は久高島最古の家・大里家。イザイホー、大里家などについては、まずこちらの参照をお勧めします。
Dsc_3243 Dsc_3249

   (2014年4月6日記録)

|

« 三月の観劇メモ | トップページ | 路上観察:花の吉野山(2014年4月15日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180824/59427333

この記事へのトラックバック一覧です: 路上観察:沖縄久高島・イザイホーの記録映画について:

« 三月の観劇メモ | トップページ | 路上観察:花の吉野山(2014年4月15日) »