« 路上観察:『第6回ゆいゆいウォーク』第1・2日(2014年3月8・9日) | トップページ | 音楽:神奈川フィル第297回定期演奏会 »

2014年3月24日 (月)

路上観察:『第6回ゆいゆいウォーク』後日(2014年3月10日)

 北谷町砂辺馬場公園内にある米軍上陸記念碑へ。昨日、見つからなかった公園は、その後の調べで判りました。米軍上陸記念碑は読谷村にもあって、それは昨年訪れていました。どちらも読谷村にあると混同していました。

 公園は、遊具が随分豪華と感じたほかは何の変哲もない児童公園。記念碑は直ぐに見つかり、碑文は次のとおりです。
01 02

『第二次世界大戦米軍上陸地モニュメント
 1945年4月1日に米軍は、海面を黒く覆い尽くす戦艦・巡洋艦・駆逐艦・砲艦計219隻から山の原形を破壊する程に熾烈な艦砲射撃後、北谷西海岸から上陸した。日本で唯一の悲惨な地上戦は、一般住民をも巻き込み沖縄県全土で20万余の尊い人命を奪い去った。
 私たちは、沖縄戦の体験と実相から、戦争の不条理と残酷さを正しく次代に伝え、平和の理念として戦争につながる一切の行為を否定する。そして、平和憲法の人間尊重の精神に立脚した未来永劫の平和な北谷町の建設を図るため、沖縄戦の風化を許さない歴史的礎として、米軍上陸地碑をここに建造する。
     1991年4月1日
     北谷町長 島袋雅夫』

 目の前の美しい海に、米軍軍艦が忽然と現れた時の人々の驚きはいかばかりだったでしょう。負け戦とは知らされていなかったでしょう。10数Kmに広がって上陸作戦が始まったそうです。
03

 防波堤の先端で振り返れば美しい砂浜(人工とも)が見えます。左手から右手へジョット機が飛行し、大きく旋回して高度を下げてきます。嘉手納飛行場への進入路が目の前です。飛行機によっては少し余計に旋回し、真上を通過します。短時間でどの程度判ったかは心許ないのですが、基地の一端を垣間見た思いがしました。
04 05_2 05a

 識名園へ。琉球王家の別荘として1979年に建造、第二次世界大戦でほとんどの建造物が破壊されたそうです。現在見られる姿は復元で、1995年に完成、世界遺産にも指定されています

 池の周囲を巡る池泉回遊式庭園の中に主な建造物があります。橋や池の中にある六角堂は中国風と感じますが、そうかと言って中国だとも言い切れないような、折衷の感じがしました。
06 07 08

 敷地が広大とは言えませんが、木々の間を通る道はうねっていて奥深さを感じさせます。全体の造りは簡素に見えますが、飾り立てない美しさを感じました。
10

 首里金城町石畳道へ。元は首里城から延びる4km、総延長10kmの官道であったそうです。第二次世界大戦で大半は破壊されたそうですが、この付近の数100mが往時の姿を金城町に現存する238mの区間が首里金城町石畳道としてその姿を現在に伝えているとのこと。
12 13 14

 途中で見かけた「石敢當」は板状に加工した自然石でした。旅行中に随所で見かけましたが、殆どはタイル状の物が塀に埋め込んでありました。「石敢當」を「いしかんどう」と読みましたが、沖縄では「いしがんとう」と読んでいるようです。中国起源の魔除けだそうです。
11

 この後、首里城の門前まで行きましたが、昨年見学したし時間も少なくなってきたので帰路に着きました。
 来年、可能なら普天間基地周辺を大きく周回する「てだこウォーク」に参加したいと思っています。沖縄について知るべきことは多いですが、部分的にでも歩いて回れば視点も変ると思います。

   (2014年3月23日記録)

|

« 路上観察:『第6回ゆいゆいウォーク』第1・2日(2014年3月8・9日) | トップページ | 音楽:神奈川フィル第297回定期演奏会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180824/59346832

この記事へのトラックバック一覧です: 路上観察:『第6回ゆいゆいウォーク』後日(2014年3月10日):

» Air Jordan Australia2233 [byv I'd pay out our debts 333]
This guide teaches Air Jordan Australia2233 you how to infuse love and fervour in to your q... [続きを読む]

受信: 2014年3月26日 (水) 10時55分

« 路上観察:『第6回ゆいゆいウォーク』第1・2日(2014年3月8・9日) | トップページ | 音楽:神奈川フィル第297回定期演奏会 »