« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月26日 (日)

音楽:神奈川フィル第295回定期演奏会

  指揮  サッシャ・ゲッツェル(首席客演指揮者)

  独奏  石田泰尚(ヴァイオリン)
      山本裕康(チェロ)

  演奏  神奈川フィルハーモニー管弦楽団

  曲目  ブラームス   :ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲
      ハルボルセン  :パッサカリア(ソロ・アンコール)
      ワーグナー   :歌劇「タンホイザー」序曲
      R.シュトラウス :歌劇「バラの騎士」組曲
      J.シュトラウスⅡ:狂乱のポルカ(アンコール)

  会場  横浜みなとみらいホール(1階13列22番)
  公演  2014年1月25日14:00~16:05(休憩15分)

 

 前回定期の演奏にはいささか首を傾げた。今回も首を傾げたのだが、ただ、その向きは逆。
 前回は音に違和感を感じたが、今回は演奏に大きな好感を抱いた。あまりにも艶やかで張りのある音、こんなにもオーケストラの音は変わるかと思った。定期演奏会に通う意味合いが判ったような気がした。一度や二度でなく、長く親しむうちに判ることもある。

「二重協奏曲」
 オーケストラが力強く4小節の序奏、その間にいつもより上質な何かを感じた。まさに「ビビビ」。ちょっと古すぎるけれど、その何かを私は下手でも言語化できない。そして、独奏チェロがカデンツァを惹き始める。明瞭だけれど温もりを感じさせる。オーケストラの短い間奏を経て独奏ヴィオリン。繊細だけれど力強さも併せ持つ。そして、両者が絡み合い、オーケストラも絡み合って至福の演奏を展開。
 協奏曲の生演奏では、独奏楽器が際立たないこともままある。この日の演奏は、独奏ヴィオリンも、独奏チェロも、オーケストラも、自己の存在を際立たせていた。まるで録音のようにバランスの良い演奏だった。
 楽団員からソリストを選出しての協奏曲を聞くのは好きだ。まして神奈川フィルの顔でもあるソロ・コンサートマスターと首席チェロ奏者だから殊更。仲間内で作り上げる音楽を指揮者がやさしく後押し、そんな印象だった。

「パッサカリア」
 ヴィオリンとチェロのアンコールピースを知らないけれど、でもパッサカリアを演奏してくれるなんて。この曲、演奏に7分少々を要する。でも大好き。こんなに良い気持ちにさせて貰っちゃって良いのかな。

「タンホイザー」
 ドッペルから管に惹き付けられていたのだが。緩やかに巡礼の合唱が始まり、二音目の和音で一気に演奏に惹き込まれた。ワグナーの曲中で最も聴く機会が多い。耳にこびりついているというのは言い過ぎかもしれないけれど、魅力的な旋律に惹かれ、弦が繰り返す下降音形にも惹かれる。ワグナーの重厚さも魅力的だが、対立しながらもバランスよく響く管と弦、打楽器も忘れてはいないけれど、もう全幕演奏して欲しい。

「バラの騎士組曲」
 ウィーンを舞台にした、元帥夫人の火遊びから起こる行き違いをテーマにした喜劇。軽やかさをまとった洒落た雰囲気を醸しだす。オペラの各曲を抜粋したものでなく、組曲として作られたもので、連続した一曲である。
 ウィーン生まれのサッシャ・ゲッツェル、そしてここまで充実の演奏をしてきた神奈川フィル、もう悪くなる要素などないでしょう。

「狂乱のポルカ」
 かくして年の初めの演奏会は、大団円のうちに終わる筈だった。しかし、アンコール曲の用意が。
 これまでの指揮ぶりを割りにシンプルと感じていたが、それでオーケストラから見事な音を引き出した。でもアンコールでは、腰をくねらせ、ジャンプするなど、動きまわった感じ。“これがウィーンだ”と思ったかどうかは定かではないが、楽しい雰囲気を充満させた。大きなブラヴォーを。

 

 もう二つおまけ。

 コンサートマスターは「タンホイザー」までが崎谷直人。大分慣れてきたようで、指揮者出入りなどにも配慮が行き届くようになって好感を抱いた。まだゲストだが、もう立派な新コンサートマスターだ。
 そして、「バラの騎士組曲」では、席が一つづつずれて空いたところに、ドッペルで独奏した石田泰尚が座った。神奈川フィルも偉いサービスだな、と思ったりして。思わぬお年玉か。

 そして、私は早く会場を出たので現認していないが、ご一緒させて戴く「We Love 神奈川フィル」のお仲間が、着替えを済ませたサッシャ・ゲッツェルが見送りに出てきたと。神奈川フィルのメンバーが見送りしているのを聞いて、出てきたのだろうか。サインと一緒に写った写真を見せて頂いた。演奏後の見送りも大変だと思うが、でも嬉しく思う。そしてサッシャ・ゲッツェル、なかなかやるな。

   (2014年1月26日記録)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月21日 (火)

音楽:R.ワーグナー:歌劇「タンホイザー」序曲のお勉強

 以下の文章は「We Love 神奈川フィル」に投稿したものです。

神奈川フィル 第295回定期に向けてのお勉強 2時限目
    『リヒャルト・ワーグナー:歌劇「タンホイザー」序曲』

 歌劇「タンホイザー」は、歌劇「さまよえるオランダ人」に続く作品で1845年初演、上演には3時間弱を要します。正確なタイトルは「タンホイザーおよびワルトブルクの歌合戦」。まず物語りの内容を掻い摘まんで。

 バカな男に惚れたバカな、いや清純な女の悲劇、なんて言ったら多くからお叱りを頂くでしょうか。まあお許し頂いて、ここで男はヴァルトブルク城の騎士歌人のタンホイザー、中世の騎士は皆歌う習慣があったそうです。そして女は、チューリンゲンの領主の姪のエリザベート。

 愛しあう二人なのに、魔がさしたか男は異界に出かけて快楽の女神ヴェーヌスと愛欲の日々。ふと故郷を思い出して脱出する。ワルトブルクの城近くに放り出され、通りかかった親友から女が待っていると聞き、罪を感じながらも城に帰る。何たるご都合主義、悲劇に至るのは目に見えているようなものだ。

 二人は再会、男の身勝手を女は一笑に付す、いや笑いもせずに許す一途さ。さて当日は歌合戦の日、課題は何と「愛の本質について」。多くの騎士歌人は女性に仕える愛を歌うが、男は自由な愛を主張、ヴェーヌスを讃えて非難を浴びる。我に戻って悔やむも時遅く、追放され、教皇の赦しを得る巡礼に加わる。赦されるまで帰れない。

 巡礼が通るたびに男の姿を探す女。思い届かず、自らの死を以って男の赦しを請う。

 赦しを得られず、やつれた男は自暴自棄、異界に戻ろうとさまよう途中で友に会う。現れたヴェーヌスは男を引き寄せようとするが、友が引きとめる。そこへ女の葬列、我に帰る男。女が命と引き換えに、男の赦しを神に願ったと聴かされ、男は女の亡骸に寄り添って息を引き取る。そこへローマからの行列が特赦を知らせる。その時に起こる奇跡はひ・み・つ。

 やはり、バカな男に惚れたバカな、いや清純な女の悲劇。演歌の世界みたいでしょう。

 序曲の演奏時間は約15分間、要約した悲劇を歌唱なしのオーケストラだけで表現。管弦楽曲として聞いても、ワグナーの重厚な音楽を楽しめるでしょう。でも、悲劇の進行を想像しながら聞けば、楽しさ倍増・三倍増。

 三つの部分、巡礼の合唱・異界の官能の世界・再び巡礼の合唱で構成されています。
 冒頭、巡礼の合唱が管楽器で演奏され、弦が加わり、各楽器で繰り返されながら高揚、やがて遠ざかる。代わって異界の妖艶な世界がヴィオラで、木管で、そして弦が讃歌を奏で、ヴィオリン・ソロなどを経て高揚。異界が遠ざかっていくと、再び巡礼の合唱が聞こえてきます。

 華麗で魅力的な旋律、それを支える伴奏も魅力的。短い間にオーケストラの総合力が試されると思います。若い頃は、ワグナーの重厚さに大きな魅力を感じませんでした。でも、徐々にその魅力に惹かれていったのも、その重厚さだったように思います。

 2012年3月、水口聡(Ten)のタンホイザー、演出・ミヒャエル・ハンペ、 指揮・沼尻竜典、そしてオーケストラピットに神奈川フィルが入って「タンホイザー」が上演され、印象深いものがありました。またの機会を切望しておきます。

 さて今回は、サッシャ・ゲッツェルの首席客演指揮者就任を祝う演奏会。神奈川フィルと共に繰り広げられるウィーンの響きを存分に楽しみましょう。

   (2014年1月21日記録)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月18日 (土)

舞踊:Co.山田うん「結婚・春の祭典」

 「結婚」
   出演  川合ロン、山田うん

 「春の祭典」
   出演  荒悠平、飯森沙百合、伊藤知奈美、木原浩太、
       小山まさし、酒井直之、城俊彦、西山友貴、長谷川暢、
       広末知沙、三田瑶子、山下彩子、山田うん

  振付・演出 Co.山田うん
  音楽    I.ストラヴィンスキー

  会場   スパイラル・ホール
  公演   2013年1月11日(土)~1月13日(月・祝)
  鑑賞   2013年1月12日(日) 16:00~17:20(休憩10分)

 

 世の動きは、1912年にタイタニック号沈没、1914年に第一次世界大戦勃発。音楽界は、1911年にマーラー没、ロマン派の大作曲家としてR.シュトラウスが残る。

 長い19世紀の終りとも言える1913年、バレエ・リュスのニジンスキー振付で「春の祭典」初演。迸るリズムを繰り出す音楽、伝統を逸脱する振付は、1回目の舞台を賛成・反対に分けての大騒動に陥れたそうだ。

 しかし、音楽は魅力に富む。振付家だって興味津々だろう、その後も様々な振付で上演されている。ダンス界の周縁にさえ位置しない私でも4回目の鑑賞になる。過去3回、それぞれの魅力を短かく評すれば、モーリス・ベジャールの「華麗」、ピナ・バウシュの「鋭敏」、大島早紀子の「奔放」。しからば、Co.山田うんは何か。

 先に結論を言うことになるが「素朴」。

 他の振付家の表現中には、見ていても手足の動きが判らないような部分がある。早すぎて、複雑すぎて判らないということだが。そして、動と静が交錯する。表現上のことであると同時に、30分以上も動き続けられないとの事情もあるだろう。

 Co.山田うんの表現中には、見ていて手足の動きが判らないような部分はなかった。それは、出来ないのではなく、シンプル、素朴な表現に徹したのだろう。代わりと言っては何だけれど、静の部分が記憶に残らないほど激しく動き回った。動から動だ。踊り終わった時、中心となるダンサーからと思われる荒い息遣いが、客席にまで響き渡った。

 衣装は、無地と地味な柄を半分づつ繋ぎ合わせたホットパンツと飾りのついたノースリーブ。第一部では、体の後ろ半分に尻尾状のもの、それも7・8本を吊り下げていた。

 第二部の序奏で山田うんのソロ。衣装は皆と同様と思ったが、頭に被り物。生贄を捧げられる太陽神の描写。這い蹲ったような表現で不気味さを漂わせた。

 美しさは前面に出ないが、土俗的なイメージは浮かび上がった。少し鮮明さを欠いたと思えるのは、生贄がはっきり把握できなかったからだと思う。

 音楽が録音であるのは仕方ないが、上質な音とは思えなかった。音が中央に定位、ソロ楽器が巨大に感じられた。音楽も楽しみたいのだが。

 

 「結婚」はうまく把握できなかったが、楽しめた。音楽を聞いたことがなく、特殊な編成に気を取られたこともある。音楽だけでも、予習しておくべきと思った。

   (2014年1月18日記録)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月13日 (月)

路上観察:鎌倉えびす(2014年1月10日)

 鎌倉の小町大路を南下すると、途中でS字状にカーブしながら滑川を横切りますが、そこに架かる橋が夷堂橋。その手前にに通称鎌倉えびすの日蓮宗本覚寺。
001

 かって尼崎市周辺で7・8年起居したので、西宮・今宮・尼崎の各えびすさんの雑踏に紛れたこともあります。そんなこともあって関西のえびすさん、関東のお酉さんと思っていましたが、ある時、鎌倉えびすの存在を知りました。それから、正月三が日の初えびすは出かけませんが、10日の本えびすには何回か出かけています。今年も散歩がてら出かけました。

 山門を入ると正面に本堂、直ぐ右手に夷堂、境内は大いに賑わっています。
002_2 003_2

 特に12時からは、上人・福娘たちを交えた餅つきが行われ、ついた餅が振舞われるので一段と賑やかになると感じます。餅を頂くつもりなら、長い列が出来るので、写真など撮っていずに早目に列に加わるのがよろしいかと思います。
  004_2 005

 境内では縁起物を下げた福笹が売られていて、一年の多幸を祈念して買われる方が少なくありません。参考のため、福笹に大・中・小があって各1万円・5千円・3千円とか。写真は大でしょう。
006_2 006a 007

 年年歳歳福娘は変わっても、歳歳年年これらの様子に大きな変化はないようです。変らないもののあることが、自分の感性の変遷に気付くきっかけになるかも知れません。身近にそういう行事・風習のある方は幸せだと思います。

 

 多少時間に余裕があったので、段蔓を通って鶴岡八幡宮に参拝。
008 009 010

 神奈川県立博物館鎌倉館が今後どうなるかを承知しませんが、記念に撮影。
011

  (2014年1月12日記録)

| | | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年1月11日 (土)

路上観察:箱根駅伝2014

 正月の楽しみの一つは箱根駅伝の選手たちの応援。TV中継を見ていて、しかるべきタイミングで沿道に出かけます。私が応援する場所は二・九区の中間より少し東京寄りです(二区で先頭通過の駒澤大学)。
001

 今年の大きな出来事は、往路で目の前を通り過ぎた山梨学院大学の選手が、数十m後に棄権したことです。通過時、素人目にもおかしいと思えたほどでした。棄権は何よりも本人が悔しいでしょうけど、尾を引かないで欲しいものです。(緊迫した雰囲気の山梨学院大学)。
002 003

 結果は報道でご存知でしょうから、少し選手に寄って見ます。選手の基本スタイルは、ランニングシャツ・ランニングパンツ・ランニングシューズです。選手によっては、多少の各種グッズを身に着けています。写真は、往路二区の選手から、身に着けたグッズの判りやすい写真を選んでみました。

 グッズとは言えませんが、東洋大学の選手の腕に「その1秒を削りだす魂?」と書いてありました。そして、手にはグローブ。
004

 駒澤大学のネックチェーン?。
005

 日体大のグローブ・アームウォーマー・レッグウォーマー。
006

 明大のサングラス・グローブ、早稲田のグローブ・ネックチェーン・首筋に磁気系?の健康グッズ。
007

 他校の選手も、防寒グッズ・健康グッズ・幸運グッズなどをつけている選手が多いです。

   (2014年1月10日記録)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

音楽:神奈川フィル ニューイヤー・コンサート 2014

  指揮  金聖響

  独奏  デュオ・グレイス(Pf×2)

  演奏  神奈川フィルハーモニー管弦楽団

  曲目  サン=サーンス :動物の謝肉祭
      モーツァルト  :2台のピアノのためのソナタ ニ短調
                  第1楽章(デュオ アンコール)
      J.シュトラウスⅡ:喜歌劇「こうもり」序曲
               狂乱のポルカ
               ワルツ「加速」
               ポルカ「雷鳴と電光」
               ワルツ「千夜一夜」
               新ピッツィカート・ポルカ
               ワルツ「美しく青きドナウ」
               ラデッツキー行進曲(アンコール)

  会場  神奈川県立音楽堂(23列6番)
  公演  2014年1月5日15:00~17:00(休憩20分)

 

 14時半過ぎに自宅を出る。普通に歩けば10分前には到着するが、それでも多少気はあせる。本人の意識は飛鳥のごとくだが、傍目には亀の歩みだったかも知れない。「動物の謝肉祭」の予告編みたいなものだ。それでも10数分前に到着。

 席に着けば、舞台中央に二台のピアノ、フル編成の席が用意されている。やがて楽団員が拍手に包まれて登場、女性楽団員が黒のフォーマルでなく、カラフルなドレスで身を包んでいて舞台が華やぐ。目からも、ニュイヤー・コンサートと感じる。やがて指揮者を従えて、白と水色の揃い(?)のドレスで装ったデュオ・グレイス登場。

 

 「動物の謝肉祭」、オーケストラ版、ナレーション無し。標題付きの短い14曲で構成されているが、皮肉・冗談・自虐を思わせる曲も含まれていて面白い。ピアノ・デュオとしては何回も演奏している曲だろうし、楽しく響く。華もある。機械機械しているのでピアノはあまり好きな楽器ではないけれど、これでもかと納得させられてしまう。

 神奈川フィルは11月定期以来だけれど、これが本来の音だと思う。会場が音楽堂ということもあるだろう、みなとみらいホールより潤って響くとも感じる。眼鏡を持参しなかったし、後方席だったので、楽団員の顔を識別できなかった。でも姿かたちからコンマスは崎谷直人。クラリネット、フルート、コントラバス、そしてチェロも美しい。

 

 J.シュトラウスⅡの曲が年始に演奏される理由を知らないが、まあ新年だと感じる。2・3の曲は初めて聞くにしても。「美しく青きドナウ」のホルンがのどかな雰囲気を充満させる。一年が、このようであって欲しい。

 指揮者が「明けまして」、楽団員が「おめでとうございます」と挨拶、さすがによく揃っている。そしてアンコールの「ラデッツキー行進曲」、当然手拍子が沸き起こる。

 かくして予定調和のうちにニューイヤー・コンサートを終えます。一年に一度くらい、こういうコンサートも良いものだと思う。
 帰りはのんびりと、途中みなとみらいを望めば、多くのビルはまだ黒い影のままです。
20140105

   (2014年1月10日記録) 

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 8日 (水)

路上観察:横浜金沢七福神巡り(2014年1月2日)

 京浜急行の京急富岡駅から金沢八景駅まで、間に能見台駅・金沢文庫駅を挟む4駅の沿線に、金沢七福神が鎮座する七社寺が点在します。京急富岡駅を起点にすると前半が金沢の旧海岸線沿い、後半が旧鎌倉街道下ツ道沿いになります。

 歩行距離は約12Km。私は三番目の宝蔵院を通り過ぎて称名寺まで行ってから戻ったので、約16Kmになりました。

 少し距離が長いと感じられる方は、二番目の富岡八幡宮から三番目の寶蔵院まではシーサイドラインを、六番目の瀬戸神社から正法院までは京浜急行の利用も可能です。
 なお、八景島シーパラダイス海の公園野島はコースから近いので、組み合わせて楽しむのも良いでしょう。

 当日の歩行コースを掲載しておきます。間違った箇所は削除してあります。
Map

 

 京急富岡駅から国道16号に出て左手へ。富岡八幡宮の案内がありますが、国道沿いに少し先まで進んで右手に折れます。私は富岡八幡宮の案内で右手に折れて、コースが少しぐしゃぐしゃしました。
 途中、駅近くに旧川合玉堂別邸(二松庵)、国道から折れた辺りに直木三十五文学碑がある筈ですが、見落としました。

 一番目は長昌寺の布袋尊。境内に直木三十五墓がありました。
001 002

 二番目は富岡八幡宮の蛭子尊。境内でお神楽が奉納されていましたが、面を取ったら女の子でした。
003 004

 先に進むと埋立地に入りますが、振り返るとこんもりした富岡八幡宮鎮座の丘が確認できました。かっては、漁師達の目印になっていたと想像できます。
004a

 野口英世ゆかりの「細菌検査室」が長浜野口記念公園内にある筈ですが、少し奥まっているようなので今回は寄りませんでした。

 暫くすると「蒼穹・魚鱗碑」がありました。傍らに、豊饒の海の埋立て決断の由来が刻まれています。
005

 三番目は寶蔵院の寿老人。少し奥まった所にあるので、入り口の案内を見落とさないで下さい。
006 006a

 称名寺は七福神の番外ですが、周辺で一番の大寺で良く来るところなので参拝しました。いつもは通れない山門が通れました。
007 008

 四番目は伝心寺の毘沙門天。少し脇道に入ります。暫くは、旧鎌倉街道下ツ道を歩きます。
009

 五番目は龍華寺の大黒天。大きな甍が目立ちます。
010

 州崎町交差点角に「明治憲法草創處碑」がありました。
011

 六番目は瀬戸神社の弁財天。平潟湾の最奥部に位置します。
012

 七番目は正法院の福禄寿。途中で小一時間の無駄足を踏んだので薄暗くなっていました。金沢文庫駅を通り過ぎて来たので、駅まで戻ります。
013

   (2014年1月8日記録)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

路上観察:新年ご挨拶

 明けましておめでとうございます。

 横浜みなとみらい、コスモクロックの新年カウントダウン風景です。時刻は2014年1月1日0時0分4秒。久しぶりに出かけましたけど、大いに賑わっていました。
Dsc_2750

 昨年後半は更新ペースが鈍りましたが、今年は一年を通して元気に進みたいと思っています。今年も、ブログ「変様する港街から」をよろしくお願いいたします。

   (2014年1月1日記録)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »