« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月18日 (木)

音楽:コムラードマンドリンアンサンブル 第41回定期演奏会

  曲目 【第1部】  指揮:日高哲英
       狂詩曲『スペイン』  E.シャブリエ/鈴木静一編曲
       Il voto (誓い)   U.ボッタキアリ
       アルルの女第二組曲  G.ビゼー/佐藤洋志編曲
        ・パストラール
        ・間奏曲(日高哲英編曲)
        ・メヌエット
        ・ファランドール
     【第2部】
       初夏の夜/濡れた木立/疾走する Passacaglia 加藤千晶
       音楽物語「雪の女王」           鈴木静一
       組曲「ホルベアの時代より」第1楽章
                E.グリーグ/飯塚幹夫編曲(アンコール)

  会場 第一生命ホール
  公演 2013年7月14日14:00~16:00(休憩15分)

 

 縁あってこのアンサンブルを聴くようになってから今回で確か5回目。
 編成は、マンドリン・ギターの5部にコントラバス2丁。曲によって、管・パーカッション・ピアノ・ナレーションが加わりました。

 会場の第一生命ホールは、1・2階席合計767席の楕円形。開演直後は空席が残りましたが、途中からは満席に近い状態でした。

 

 狂詩曲『スペイン』、管などが加わった大編成。印象的な原曲が、マンドリンアンサンブルでどのように響くか、興味がありました。
 やや歯切れの良さが欠けていたようで、音が固まって聞こえました。8分の3拍子、音符と休符が交互に出てくるリズム、テンポも速く、難しかったと思いました。1曲目で多少の緊張もあったでしょう。
 舞台一杯に配置されたメンバー、私は前後中央の下手寄りの座席で、音響的にちょっと条件が悪かったかも知れません。

 Il voto(誓い)。やや『スペイン』の尾を引いていたようなに感じました。重厚な曲。コントラバスが鮮明に識別できました。音色だけではなく、音量、奏法の差もあるでしょう。マンドリン族の繊細さが印象付けられました。

 アルルの女。ようやく調子が出てきたようで、とても素晴らしい演奏でした。マンドリンアンサンブルの繊細さが充分に伝わりました。通俗名曲とも言われるこの曲、長いことご無沙汰でしたが、改めて通俗名曲の偉大さを感じました。
 メヌエットは、第1マンドリンとギターのトップのデュエットで始まり、原曲とは異なるさわやかさが会場に響きました。第1マンドリンのトップ、すなわちコンサートマスターは、私が聴くようになってから同じ方が務めています。コンチェルトのソロを弾いたこともありました。長年の研鑽の賜物でしょうけど、アマチュアながら上手な方がおられるものです。

 Passacaglia。世界初演。他の曲の多くも初めて聴くようなものばかりですが、この曲は捉えどころの無いままに終わってしまいました。悪い意味ではないのですが、言葉がうまく見つかりません。

 雪の女王。管などが加わった大編成。濃淡のあるブルーの衣装に白いブーツを履いたナレータも加わりました。劇的なナレーションが、ぐいぐいと全体を引っ張ていく印象が強烈でした。管なども美しく響いて壮大な演奏になりました。しかし、壮大に仕上がれば仕上がるほど、マンドリンアンサンブルへの注目が希釈されることはいなめません。難しいところだと思いました。

 

 5回も聴けば、否、そこまで回数を重ねなくとも、このアンサンブルが高いレベルを保持していることは判ります。プログラム編成や、コンディションで多少のばらつきはあったと思いますが、それは些細なこと。何より一生懸命に演奏していること、鈴木静一作品の全曲演奏と言う高い目標を掲げて継続していることが、何よりも素晴らしい。

   (2013年7月18日記録)

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月 4日 (木)

随筆:雪は天から送られた手紙

 Google に雪のかわいいイラスト(引用:https://www.google.co.jp/)が掲載されています。本日(2013年7月4日)は中谷宇吉朗生誕113周年とのこと。
Ukichiro_nakayas_113th_birthday1927

 中谷は物理学者で雪の研究者。雪の結晶の研究を始め、人工雪の製作に世界で初めて成功した人。『雪は天から送られた手紙』と言い、その内容は「雪 中谷宇吉郎著 岩波文庫」に詳しい。

 石川県加賀市片山津温泉街の近くに「中谷宇吉朗 雪の科学館」。六角形をした建屋は磯崎新の設計。2009年に訪問した時は、過冷却した水に振動を加えると瞬間的に氷になる実験など、子供さんにも楽しめる実験がいくつも準備されていました。
Dsc_0054

 

 雪つながりで鈴木牧之。牧之は越後国魚沼郡の塩沢の人、1770年生まれ。家業は地元名産の縮の仲買と質屋経営で、地元で有数の豪商。

 商売で初めて江戸に行って、越後の豪雪を知らない人の多きに驚いたのが19歳の時。雪をテーマにした随筆で地元を紹介しようと決意したそうです。

 曲折の後に「北越雪譜」刊行。雪の結晶、習俗・行事・遊び・伝承、大雪災害の記事、雪国ならではの苦悩など、地方発信の科学・民俗学上の貴重な資料となりました。詳しくは「北越雪譜 鈴木牧之著 岩波文庫」を一読されたい。

 「鈴木牧之記念館」は新潟県南魚沼市塩沢、JR塩沢駅近くにあって、多くに資料展示でかっての雪国の様子が紹介されています。
Dsc_7894

 

 夏休みに帰省、旅行される方も少なくないでしょう。近くを通り過ぎる際にでも、立ち寄っては如何でしょうか。子供さんでも、小学校高学年になっていれば楽しめると思います。

   (2013年7月4日)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 3日 (水)

音楽:神奈川フィル第291回定期演奏会

  指揮   金聖響

  独奏   ミハル・カニュカ(Vc)

  演奏   神奈川フィルハーモニー管弦楽団

  曲目   リゲティ   :アトモスフェール
       ドヴォルザーク:チェロ協奏曲
       バルトーク  :オーケストラのための協奏曲

  会場   横浜みなとみらいホール(1階13列22番)
  公演   2013年5月29日14:00~16:00(休憩20分)

 

 リゲティ。現代音楽に対する私のイメージに合致。紙を破いたりマットを叩いたりする非楽音、特殊奏法、音の塊などが多用される音楽と言う意味。

 この曲は音の塊を主体にして構成。音がコントロールされているので雑音にはならないけれど、知らない人ばTV放送終了後の「シャー」と言うホワイトノイズのように感じるかも知れない。その境界は人夫々だろうけど、試されているようにも感じる。

 終了間際の波が寄せるような音。打楽器奏者が何かの両側を持って揺するように見えた。柳行李に豆を入れて波の擬音、まさか。実はピアノの弦を擦っていたようだ。唯一の特殊奏法か。

 録音で聴くのはちょっとつらいが、神フィルはそう思わせない。つまらなくはないが、面白く感じるまでの余裕は無い。

 

 ドヴォルザーク。配布されるリーフレットに首席チェロ奏者・山本裕康のコラムがある。今回は、ドボコンの初めてのレッスンの思い出に触れる。『最初の「シ」の音が響いていない、倍音が聴こえない、と2時間「シ」の音だけで終わった。それが毎週毎週何度も繰り返されたけど・・・』。

 クリアな序奏、ホルンが私の心象風景のボヘミヤに誘なう。87小節目、満を持して独奏チェロ。毅然として力強い響き。この瞬間におおよその見通しが立つ。独奏チェロは存在感を示しながらも端正な演奏。演奏を休んでいる時に、振り返ってオケの演奏を見たりするのは、いささかお行儀が悪いと思うが如何。

 神フィルの端正な演奏はいつものとおり。8番が頭を過り、ドヴォルザークの愛郷心をほのかに感じた。独奏チェロと相俟って、しみじみとした趣が感じられた。

 

 バルトーク。第4楽章「中断された間奏曲」中間部に、ショスタコーヴィチ第7番第1楽章展開部を本歌取りした美しい中断。ショスタコーヴィチへの皮肉が込められているとする文書もある。しかし、小太鼓が刻むリズムに載った各楽器が印象的な旋律がクレッショエンドしていく様に、オケコンと同質のものを感じる。皮肉でそうならないと思う。

 第1楽章、低弦の重々しい響きで始まり、金管斉奏で唐突に終わる。途中、管が短いけれど印象的な旋律を奏でる。第2楽章は、バスーン、オーボエ、クラリネット、フルート、トランペットと主役が移っていく。第3楽章は、第1楽章の主題を振り返りながら重厚な弦と管が対峙する。
 第5楽章は、ホルンのユニゾンの後に堰を切ったように奔流する弦。全体が高揚して、鋭く終わる。

 演奏後に限りなく気持ちが高揚する元気印の音楽。40分ほど先の終結に向かってクレッショエンドする、オーケストラの技量と指揮者のプランニング。演奏後の客席は、演奏に比例するように熱狂。いつもは控えて欲しい間髪を入れぬ「ブラヴォー」も、この曲では許される気がした。私は大事にしまっておいたけど。

 アフター・コンサートで皆さんと飲んだ、いや飲みすぎたビールが最後まで旨かった。

   (2013年7月3日記録)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »