« さわやか横浜:大規模商業施設「Mark Is」開店 | トップページ | さわやか横浜:サンプリンセス号出港(2013年6月23日) »

2013年6月26日 (水)

音楽:みなとみらいクラシック・クルーズ Vol.50

 「石田泰尚ヴァイオリンリサイタル」。ピアノは中島剛。ランチタイム(12時10分~)とティータイム(14時30分~)。各回50分のミニコンサート。

 

 ランチタイムは「色彩豊かな名曲の数々」。黒のスーツ姿の二人から、フランス生まれの小品が演奏されました。フランクは小品ではありませんが。

 「ドビュッシー:ゴリウッォグのケークウォーク」は、ヴァイオリン休憩でピアノ演奏と思いましたが、全曲デュオ。カジュアルなクラシックの趣、繊細なヴィオリンと寄り添うピアノが紡ぎだす上質な音楽。

 未発売のステージ左右・後方席を除いて三階まで満席。クラシック・クルーズは何度となく聞いていますが通常は六・七割の入り。いつもより多い三・四割は、石田人気の増員でしょう。

 いつもは当日券入場の私が数日前に前売りを購入。三階席の後方などしか空いていませんでした。そこは、強奏時にヴァイオリンとピアノが巨大な楽器のように響きました。反射音が多いのでしょう。一つ勉強しました。

 

 ティータイムは「魅惑のピアソラ~映画音楽と共に」。二人はシャツ・スタイルで登場、さらにカジュアルな雰囲気に。

 閑話休題。私が聞いた、聞こえた最初の洋楽は、若くして亡くなった叔父が愛好したタンゴ、まだSP盤でした。そんなこともあってタンゴは好きですし、ピアソラも好き。

 1階後方席でしたのではっきりしませんが、見える範囲の3階席は空いていましたが、それでもいつもより多いお客さんが。

 演奏を堪能しました。タンゴの場合、ピアノはもう少し硬質の方が好きですが、急には変われないでしょう。ピアソラに闘争的な趣を感じることもありますが、選ばれた曲は繊細なもの。

 アンコール2曲の演奏が終わり、間が空いて出てきたときには異なるシャツに変っていました。それから2曲。一見強面ですが、細かい気配りをする方です。

 

 クラシッククルーズでは、曲間に解説などの短い話を挟みます。今回は短い挨拶が一回だけ。
 アンコールでも短い話をしたのですが、ティータイムでは「こう見えてもオーケストラもやっているんです」って、29日の定期演奏会を宣伝していました。皆さん笑っていました。

 蹴り、手を払う、軽いジャンプ、の仕草を交えてサービス精神旺盛。自然にでしょうか。客の入らないステージ後方席にも挨拶、右手の肘を揉むようにして舞台袖に消えました。

 

  出演 石田泰尚(Vn)、中島剛(Pf)

  曲目 ランチタイム・クルーズ(12:10~13:00)
      ラヴェル   :亡き王女のためのパヴァーヌ
      ラヴェル   :ヴァイオリン・ソナタ ト長調より第2楽章
      ドビュッシー :小組曲 第1楽章「小舟にて」
      ドビュッシー :組曲「子供の領分より」 第6楽章
                「ゴリウォッグのケークウォーク」
      フランク   :ヴァイオリン・ソナタ イ長調より
                第1楽章、第2楽章、第4楽章
      マスネ    :タイスの瞑想曲  (アンコール)
      ファリャ   :スペイン舞曲   (アンコール)

     ティータイム・クルーズ(14:30~15:30)
      ピアソラ   :アディオス・ノニーノ
      ピアソラ   :レビラード
      ピアソラ   :タンゴの歴史より「ナイトクラブ1960」
      ピアソラ   :タンゴの歴史より「現代のコンサート」 (追加)
      J.コズマ   :映画「夜の門」より「枯葉」
      ヤコブ・ガーデ(大橋晃一編曲):ジェラシー
      M.ハムリッシュ:映画「追悼」より テーマ曲
      A.ビジョルド :エル・チョクロ
      J.ウィリアムズ:「シンドラーのリスト」より (アンコール)
      A.ピアソラ  :鮫             (アンコール)
      ミキス・デオドラキス:ゾルバの踊り     (アンコール)
      プッチーニ  :「トゥーランドット」より
                誰も寝てはならぬ    (アンコール)

  会場  横浜みなとみらいホール・大ホール
  公演  2013年6月25日

   (2013年6月26日記録)

| |

« さわやか横浜:大規模商業施設「Mark Is」開店 | トップページ | さわやか横浜:サンプリンセス号出港(2013年6月23日) »

コメント

? のところですが、
タンゴの歴史より「現代のコンサート」
だと思います。

投稿: reiko | 2013年6月26日 (水) 11時15分

reikoさん、ありがとうございます。
指摘されれば、そうだったと思います。メモしておかないと、すぐ忘れてしまいます。

投稿: F3 | 2013年6月26日 (水) 11時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音楽:みなとみらいクラシック・クルーズ Vol.50:

« さわやか横浜:大規模商業施設「Mark Is」開店 | トップページ | さわやか横浜:サンプリンセス号出港(2013年6月23日) »