« さわやか横浜:ワイドだよ(2013年5月31日) | トップページ | 路上観察:オホーツクあばしりツーデーマーチ・前々日(2013年6月5日) »

2013年6月 4日 (火)

舞踊:神奈川芸術劇場「Noism1 ZAZA~祈りと欲望の間に」

  ZAZA ~ 祈りと欲望の間に
    第1部 〈A・N・D・A・N・T・E〉 (20分)
       音楽  J.S.Bach《ヴァイオリン協奏曲第1番第2楽章 Andante》
    第2部〈囚われの女王〉 (15分)
       音楽  J.シベリウスによるバラッド〈囚われの女王〉(15分)
    第3部〈ZAZA〉 (40分)
       音楽  soundtrack by The The《Moonbug》&《Tony》より抜粋

 

  演出振付 金森穣
  衣裳   堂本教子
  椅子&机 須長檀

  出演   Noism1=井関佐和子、宮河愛一郎、藤井泉、中川賢、真下恵、
           青木枝美、藤澤拓也、宮原由紀夫、亀井彩加、
           角田レオナルド仁、石原悠子(準メンバー)

  会場   神奈川芸術劇場ホール
  公演   2013年5月31、6月1日・2日、詳細要確認
  鑑賞   2012年5月31日 19:00~21:00(休憩15分×2回)
  参考   Noism 公式HP 

 

 第1部。白く、柔らかく、軽そうな素材が置かれたサークル。周辺が盛り上がり、相撲の土俵のよう。白いボディタイツのダンサーが勢いよく出てきて、足を踏ん張って止まり、激しく踊る。一方、サークルの周囲を、アラベスクを繰り返しながら緩やかに進むダンサー。ダンサーは次第に増えて、サークルは次第に形を亡くす。

 速度が緩められて、かろうじてJ.S.Bachの音楽と認識できる。要所に尾を引く衝撃音。会場に〈A・N・D・A・N・T・E〉が響き、頭の中にAndanteも響く。

 サークルの内・外、加速する時間軸と不変の時間軸。終了間際、舞台奥の幕が上がると白いものが上から降ってくる。リセットか。

 

 第2部。青いボディタイツの井関佐和子。緑の照明が床に四角を描き、赤いホリゾントも四角、黄色い立方体の椅子が隅に。最後にホリゾントが後方に倒れた。解放の暗示。

 音楽は力強い合唱曲。バラードで、囚われの女王が最後に解放される、祖国解放、民族解放のストーリーのようだが、それ以上の手がかりはない。

 振付から歌舞伎の仕草を想起。4人の登場人物を描き分けているそうだが、明確に認識できなかった。ただ、それは私の責に帰する。井関の身体表現は、もう終わってしまったと思ったほど緊張感に満ちていて、見とれた。

 

 第3部。幕が上がる前、ビジネス風パンツルックの男女、女性は井関佐和子、が登場。女性のパンツを引き下げてインナーが丸出し。意外な場面で始まった。

 猥雑、暴力、混乱、世の中の不条理がぶちまけられた。いろいろなことが同時並行的に表現された。秩序感のない展開。捉えどころが掴めなかったけど、ネガティブな意味合いを込めていない。一つ一つの行為を分析したところで、全体感に到達するわけでない。秩序感のなさこそ現実世界ということか。NOISMの群舞は、緊張感と迫力がある。

 「THETHE」はイギリスのロックバンドの名称でもある。

 

 NOISMは今回が2回目。いずれも、とても緊張感を強いられた。それが楽しくもあるが。遊び的要素が少しあっても良い。機械だって遊びが無ければ動かない。ふっと息の抜ける部分、言い換えればゆとり。

 「祈りと欲望の間に」のテーマに、抽出したキーワードは、第1部が「時間」、第2部が「権力」、第3部が「世間」。身体表現から、これらを整然と受け止めるのは難しい。言語表現なら整然と理解できるかと問えば、それも否。難解でも、身体表現のような感覚的な情報伝達は重要だと思う。

 と言いながら、咀嚼できないままだった。静岡芸術劇場での公演が残るので、予定を調整しようか。

 観客が客席の半分ほどだった。舞台の広さ・機能でホールを選んだと思うが、ダンサーには気の毒な気がした。

   (2013年6月3日記録)

|

« さわやか横浜:ワイドだよ(2013年5月31日) | トップページ | 路上観察:オホーツクあばしりツーデーマーチ・前々日(2013年6月5日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180824/57522264

この記事へのトラックバック一覧です: 舞踊:神奈川芸術劇場「Noism1 ZAZA~祈りと欲望の間に」:

« さわやか横浜:ワイドだよ(2013年5月31日) | トップページ | 路上観察:オホーツクあばしりツーデーマーチ・前々日(2013年6月5日) »