« 路上観察:オホーツクあばしりツーデーマーチ・第1日(2013年6月7日) | トップページ | 随想:神奈川フィル・次回(291回)定期コンサートの私的メモ(1) »

2013年6月16日 (日)

路上観察:オホーツクあばしりツーデーマーチ・第2日(2013年6月8日)

 マーチング第2日は、30Km・20Km・15Km・5Kmコースのうち、私は20Kmコースに参加しました。

 全てのコースが、JR網走駅に近いオホーツク・文化交流センター(通称エコセンター2000)をスタート・ゴールにすることは昨日と同じ、コースは網走西南郊にある天都山周辺を大きく周遊するコース。20Kmは、大まかに往路が天都山西側を通る地方道を、復路が天都山東側の網走湖畔から網走川護岸でした。
Map

 主な記録は次のとおりです。
   距離     18.4Km
   経過時間   3時間18分  移動時間   3時間13分
   経過平均速度 5.6Km/h   移動平均速度 5.7Km/h
   最高高度   195m     最低高度   0m

 東京農業大学応援団による大根踊りとブラス演奏で歓送。TV映像で見る大根踊りを、網走で見るのは意外でしたが、天都山南側にキャンパスがあるのです。ちなみに、全員か否かは判りませんが応援団は東京から駆けつけたようで、帰りの飛行機便が同じでした。
001

 5Km過ぎまで上り坂、変化に乏しい道をもくもくと歩きました。上り切った辺りに北方民族博物館、まだ開館していませんが、開館していても素通りですが。
002 003

 木立の間から網走湖が見えるようになると右折、砂利道を網走湖目指して下ります。
004

 10Km過ぎで網走湖畔、旅行中はタンポポを良く見かけましたが、湖畔にも黄色の絨毯が。ヨットをフィッティングしている方や、網走川に続く辺りではボートの練習を見かけました。
005 006

 網走川が大きく蛇行するあたりが大曲、北国らしい美しい風景が続きます。
007 008

 15Km辺りに網走刑務所、昨日見学した博物館網走監獄に比べれば明るい印象ですが、丘の中腹に監視塔が見えたりします。
009

 漁船などが係留されている護岸を下ってゴール。昨日と同じようにホタテ汁などのご接待を頂きました。
010

 

 一段落してから、天都山のオホーツク流氷館見学。マイナス15℃の低温室で流氷とシバレ体験、湿ったタオルを振り回すとすぐに凍って棒のようになりました。流氷を記録した映画を見てから屋上へ。先ほど歩いた網走川から網走刑務所、振り返れば薄っすらと知床連山が見えました。
101 102 103

 宿泊していたホテルの日帰り温泉でさっぱりしてから、例年より遅れて丁度見頃になったひがしもこと芝桜公園へ。大いに賑わっていました。色とりどりの芝桜は美しいですが、様々な自然に触れた4日間の最後ですから、作られた美しさが印象付けられました。
104 105 106

 飛行場近くで見かけた美しい白樺の連なり、影が濃くなった長い畝。
107 108

 

 今回のマーチングは、第26回でっかいどうオホーツクマーチ・第1ステージ・オホーツクあばしりツーデーマーチが正確な呼称だと思います。この後、第2ステージ・ハッカの大地北見ツーデーマーチが開催されています。4日間歩くのも魅力的ですが、多少の都合もあります。第2ステージは来年参加予定です。

 肘の辺りが日焼けで少し皮がむけていますが、天気に恵まれました。久しぶりのマーチングに知床観光を加えて良い旅でした。

  (2013年6月16日記録)

|

« 路上観察:オホーツクあばしりツーデーマーチ・第1日(2013年6月7日) | トップページ | 随想:神奈川フィル・次回(291回)定期コンサートの私的メモ(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180824/57603320

この記事へのトラックバック一覧です: 路上観察:オホーツクあばしりツーデーマーチ・第2日(2013年6月8日):

« 路上観察:オホーツクあばしりツーデーマーチ・第1日(2013年6月7日) | トップページ | 随想:神奈川フィル・次回(291回)定期コンサートの私的メモ(1) »