« 音楽:ブリュッヘン・プロジェクト 第1回 | トップページ | 路上観察:吉野の桜(2013年4月15日) »

2013年4月14日 (日)

音楽:音楽堂シリーズ 武満徹と古典派の名曲 第1回

  指揮 川瀬賢太郎

  独奏 石田泰尚(Vn)
     柳瀬省太(Va)

  演奏 神奈川フィルハーモニー管弦楽団

  曲目 武満徹     :波の盆
     W.A.モーツァルト:ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲変ホ長調
     W.A.モーツァルト:ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲 K.423
                       より第三楽章(ソロ・アンコール)
     F.J.ハイドン  :交響曲第90番ハ長調

  会場 神奈川県立音楽堂(29列24番)
  公演 2013年4月13日15:00~17:05(休憩20分)

 

 隣接の掃部山公園の八重桜が満開、遅い花見をする人たちもいて春は盛り。

 

 武満の「波の盆」はテレビドラマの挿入曲。先日、横浜の放送ライブラリーでテレビドラマを視聴しました。美しい旋律の曲ですが憂いを含むのは、戦争のために対立せざるを得なくなる移民家族の1世と2世の対立がテーマだからでしょう。

 あまり特殊な奏法はありませんでしたが、グロッケンシュピールを弓で弾いたのが確か一回。はっきり判りませんがシンセサイザー風の楽器がありました。

 美しい旋律に魅了されました。目立たないのですがチョロとコントラバスのうねるような響きが、旋律をより鮮やかに引き立てました。憂いが少し希薄と感じました。明るい響き、コンサートはコンサートかも知れませんが。

 

 モーツァルトは、神奈川フィルの顔とも言える二人がソロ。ヴァイオリンとビオラの演奏から生じるぎらつくようなビートが好きです。コンマスはともかく、日頃目立たないビオラが脚光を浴びたのが良いです。明るい作りがこの曲にはマッチします。

 大昔、アメリカン・バレー・シアターだったと記憶しますが、ソロ・ヴィオリンとソロ・ビオラのパートをデュエットで踊るのみて、その後、ダンスを見るきっかけになりました。細部の記憶などもうないのですが、これをダンスにしてしまうのも凄い、などと思い返しながら聴きました。

 

 ハイドンは、録音を含めて初めて聴きます。予習が間に合いませんでした。後期の曲を多少は所有しているのですが、90番が跳んでいます。まあ、そういう位置づけなのでしょう。

 サプライズがあると言うのに何事もなく終わりました。というのがサプライズ。指揮の川瀬が、客席に体を向けて大業な仕草で終わりだとアピール。拍手が起こるのですが、まだ演奏が続きます。それがもう一回。今度はコンマスが、指揮者に終わっているだろうと、大業な抗議。役者ですね。

 この曲は、管楽器のための協奏交響曲の趣があります。主だった管が長々と重要な旋律を演奏します。特にフルートが存在感を際立たせました。神奈川フィルは、多くの優秀なプレヤーで成り立っていることを改めて感じました。

 

 川瀬の色彩感でしょうが、武満が明るいほうに流れたように思います。でも、全体的に楽しいプログラムでした。武満と古典の組み合わせも興味深く、第2回、第3回と、さらに鮮やかな対比が聴けることでしょう。

   (2013年4月14日記録)

| |

« 音楽:ブリュッヘン・プロジェクト 第1回 | トップページ | 路上観察:吉野の桜(2013年4月15日) »

コメント

楽しい仕掛けがあったり、知的な楽しみもあったり、そして若々しいコンサートだと思いました。
川瀬君、若さがウリみたいですが、若いっていいことですね。
そして石田=柳瀬もさすがでしたし、山本さんのソロも絶品。
オケも充実でしたね。
次回からが楽しみです。

投稿: yurikamome122 | 2013年4月14日 (日) 18時18分

定期とはまた違った神奈川フィルが見聞きできました。チケットはまだ手配していませんが、次も出かけるつもりです。

投稿: F3 | 2013年4月16日 (火) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音楽:音楽堂シリーズ 武満徹と古典派の名曲 第1回:

» 神奈川フィルハーモニー管弦楽団特別演奏会:音楽堂シリーズ 武満徹と古典派の名曲 第1回 [yurikamomeの妄想的音楽鑑賞とお天気写真]
 八重桜が満開で、新緑の掃部山公園を抜けて春の日差しが眩しい神奈川県立音楽堂での神奈川フィルは、この新緑に相応しいピチピチした演奏会でありました。 神奈川フィルハーモニー管弦楽団特別演奏会 音楽堂シリーズ「武満徹と古典派の名曲」第1回 公演日:2013年4月13日(土) 開場:14:20 開演:15:00 会場:神奈川県立音楽堂 指揮:川瀬賢太郎 ヴァイオリン:石田泰尚 ヴィオラ:柳瀬省太 ゲスト・コンサートマスター:   双紙正哉(東京都交響楽団)前半のみ 武満... [続きを読む]

受信: 2013年4月14日 (日) 18時19分

« 音楽:ブリュッヘン・プロジェクト 第1回 | トップページ | 路上観察:吉野の桜(2013年4月15日) »