« さわやか横浜:きょうの桜(2013年3月26日現在) | トップページ | さわやか横浜:きょうの桜(2013年3月28日現在) »

2013年3月28日 (木)

歌劇:ヴェルディ「椿姫」 (やや長文)

  作曲  ジュゼッペ・ヴェルディ

  指揮  沼尻 竜典

  演出  アルフォンソ・アントニオッツィ

  配役  ヴィオレッタ:砂川涼子
      アルフレード:福井敬
      ジェルモン :黒田博
      フローラ  :小野和歌子 ほか

  合唱  びわ湖ホール声楽アンサンブル、二期会合唱団

  菅弦楽 神奈川フィルハーモニー管弦楽団

  会場  神奈川県民ホール(3階6列20番)
  公演  2013年3月23日 14:00~17:00(休憩25分、20分)

 

 「乾杯の歌」などを心待ちする気持ちは抱いていたとして、歌だけで2時間余は満たされない。劇としての興味もまた重要、演出が重みを持つ所以である。

 椿姫の本来の時代設定は19世紀半ばだが、初演が1853年だから、その時点では同時代性を前提に成立していただろう。

 演出のアントニオッツィは、時代を近代に設定した。それは19世紀半ばという時代より、同時代性を重視したからだろう。私達が生きる現在に近づけた。その場合、高級娼婦の存在が不安定になる、としておこう。

 近代の象徴は、例えば、第一幕、直線的に構成される近代建築の趣を漂わすヴィオレッタの館。第二幕、ヴィオレッタの着るツーピースのスカートのルーズ感は、昭和中期の印象。

 第一幕の夜会の場面。フローラがドレスを脱いでスリップ姿、そして馬になり男性がまたがって歩む。続いて、誰だったかが、ソファークッションの皮を破いて中身を撒き散らす。歌劇では見慣れない演技のようで印象に残ったが、この流れはフェリーニの映画「甘い生活」の終了近くの場面に基づいている。映画ほど退廃的に描いてはいないけれど。

 無料配布されるプログラムの演出家ノートに、時代を1960年に設定した等の記述があった。しかし、舞台から得られる情報と、自からが持つ知識を照らし合わせてそれが確認できるか、近代とまでは判る。

 近代としたことのメリットは、衣装・舞台美術がシンプルになったこと。第二幕一場から二場への舞台転換など、極めて短時間のうちに行われて驚いた。

 他に気付いたこと。
 序曲の途中で幕が上がると、舞台上の集団(合唱)はストップモーション、その中を抜けて二階に上がるヴィオレッタとアルフレード。二人対世間の明示か。
 第一幕の集団の扱いが動的だったのに対して、第二幕二場後半では、落とした照明の中でほぼ直立。ソロを際立たせるためだろうか。
 第二幕二場、上手側の空間にスクリーンが下りて、映画を写す雰囲気だったけれど、何も起きなかった。故障か、それとも演出意図どおりなのか。写されたとすれば、内容で印象も変わりそうだが。
 第三幕、ヴィオレッタが二人、床に寝そべっていた。心身の各々を表す。立ち上がって歌うヴィオレッタが心を。こと切れたヴィオレッタ、すなわち身に皆は駆け寄る。

 総じて演出に違和感は感じなかった。しかし、フェリーニを本歌取りするためだろうが、近代、演出意図では1960年、の時代設定が少しあいまいに感じた。いっそ現代として、差別がいまも続くこと、ひょっとしたら拡大していることを鮮明に描くほうが、より共感を与えたようにも思える。

 

 砂川涼子(ヴィオレッタ)は、3階席から見た限り華奢とも言える体格。薄幸の女性のイメージを裏切らないが、声量は充分、クリアーでドラマティック。カーテンコールの控えめな仕草に、もっと胸を張って良いんだ、と言いたかった。他のタイトルロールも聴きたくなった。
 福井敬(アルフレード)も朗々として期待を裏切らないけれど、若手の登場も待たれるところ。
 合唱は第二幕後にカーテンコールだったが、最後の登場場面がないのが残念。オペラの醍醐味は合唱にあると思っているが、いつも期待を裏切らない。
 神奈川フィルの繊細さは、サポートに回っても生きる。良い演奏だった。オーケストラピットに納まるメンバーも格好良い。

 

 書くのが遅れ、皆さんのブログが出揃っているので、私は少し演出を主にまとめた。
 年を重ねていてもまだ初心者、良い観客になるのもなかなか大変だ。9月の「ワルキューレ」は、しっかり予習して臨みたい。

   (2013年3月28日記録)

| |

« さわやか横浜:きょうの桜(2013年3月26日現在) | トップページ | さわやか横浜:きょうの桜(2013年3月28日現在) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歌劇:ヴェルディ「椿姫」 (やや長文):

« さわやか横浜:きょうの桜(2013年3月26日現在) | トップページ | さわやか横浜:きょうの桜(2013年3月28日現在) »