« 文楽:平成二十四年度十月地方公演『桂川連理柵』 | トップページ | 音楽:韓国音楽「歌い語るソリの世界」 »

2012年10月14日 (日)

美術:三井記念美術館 「近江路の神と仏」

  名称   特別展「琵琶湖をめぐる 近江路の神と仏 名宝展」
  会場   三井記念美術館(東京日本橋)
  会期   2012年 9月 8日(土)~11月25日(日) 、詳細は要確認
  鑑賞日  2012年10月 8日(月・祝)

  参考   公式ホームページ

 

 三井記念美術館を訪れるのは初めて。展示面積はそれほど広くはないが、それでも作品をじっくり観れば軽い疲労感を覚える。祝日のためか客は多かったが、人の頭越しに観るほどでもなかった。

 

 高月の渡岸寺、膳所の義仲寺は何回も訪れた。園城寺、石山寺、日吉大社、延暦寺などにも足を向けている。それらの一部名宝と、さらに広範な社寺からの名宝が展示されている。

   第1室 小金銅仏・金工品
   第2室 金工品
   第3室 広重の近江八景の写真展示
   第4室 仏像・神像
   第5室 絵巻・経巻・神像
   第6室 パネル展示
   第7室 仏画・垂迹画

 第1室。「誕生釈迦仏立像(善水寺)」はふくやか、おおらか。「金銀鍍透彫華籠(神照寺)」「金銅透彫華鬘(長命寺)」などの精巧さ・美しさ。

 第2室。「金銅経箱(延暦寺)」のみを展示。華紋の繊細さが何となく判るが、次の機会までに単眼鏡を用意しよう。

 製作用工具・治具は今よりはるかに拙劣の筈なのに何とも見事。確かな職人技だが、金も時間もかかっているだろう。権力者と庶民の関係も伺えそう。

 

 第4室。3面が展示ケース、高さに制約はあるが、わりと間隔をつめた展示が圧巻。

 琵琶湖周辺と十一面観音が結びつくけど、長福寺・飯道寺・円満寺・櫟野寺から。地蔵菩薩も同様、東南寺・永昌寺・長命寺から。全体的に平安時代の重文指定の像が多い。各々に味わい深いが、これだけ並ぶと頭の中が混乱。

 

 第7室。難しい分野だが、「弥陀三尊二十五菩薩来迎図(安楽律院)」の逆くの字に配置された仏のデザインはユニーク、「涅槃像(長命寺)」の嘆き悲しむ諸仏は華麗。

 

 「これやこの行くも帰るも別れては 知るも知らぬも逢坂の関 蝉丸」。京都から一山越えると雰囲気は随分変わる。それでも石山寺や園城寺などは、まだ京都か。琵琶湖の西岸でも東岸でも北上すれば鄙びた世界に変わる。数少ない体験だから的を射ているかは定かでない。改めて、随分と多くの社寺が点在することを認識した。

 京都を金に例えれば、琵琶湖周辺は銀か、それもいぶした銀。のんびりと巡ってみたいものだ。あわせて湖上から眺める海津大崎の桜も見たいし、叡山回峰行の極めて一部でも間近に接してみたい。交通不便で自動車利用が前提になりそうだが、所定めて山に分け入りたい。
 そのような思いを沸き立たせる特別展だった。

   (2012年10月14日記録)

|

« 文楽:平成二十四年度十月地方公演『桂川連理柵』 | トップページ | 音楽:韓国音楽「歌い語るソリの世界」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180824/55887134

この記事へのトラックバック一覧です: 美術:三井記念美術館 「近江路の神と仏」:

« 文楽:平成二十四年度十月地方公演『桂川連理柵』 | トップページ | 音楽:韓国音楽「歌い語るソリの世界」 »