« 随想:日本戦後史の起点は? | トップページ | 美術:越後妻有アートトリエンナーレ2012・第1日目(2/2) »

2012年9月 4日 (火)

美術:越後妻有アートトリエンナーレ2012・第1日目(1/2)

  名称   大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2012
  会場   越後妻有地域(新潟県十日町市、津南町) 760 K㎡
  会期   2012年7月29日(日)~9月17日(月・祝) 51日間
  鑑賞日  2012年8月7日~8日、8月30日~9月1日

  参考   公式ホームページ

 

 2000年に第1回開催、以降3年ごとに開催、よって2012年の今年は第5回になる。中間の年も小規模ながら開催されており、それを含めると私の越後妻有行は10回を越える。

 なぜもそれほどまでに惹きつけられるか定かではないが、
  1. 現代美術を集中的に観られる
  2. アウトドアーのアートイベントである
  3. 地方の生活(過疎化・限界集落化の課題など)を垣間見る機会である
  4. 回を重ねることで様々な変化を知る機会にもなる
などが綯交ぜになっていると思う。

 越後妻有地域は東京23区より一回り大きく、そこに約370点(過去開催の恒久作品を含む)の作品が散在する。数日間の滞在で全作品を観ることなど不可能。一部を観たに止まる。

 第1日(30日)は十日町・川西エリア、第2日(31日)は松代・松之山エリア、第3日は津南・中里エリアの作品を主に鑑賞した。移動手段は全行程を自家用車で。作品は鑑賞順に紹介、要所で8月始めの様子や過去の様子も付け加える。

 なお、作品は【】で括り、建築物は「」で括る。各々の先頭の英数字は公式ガイドに記載の作品番号。

 

 十日町エリアから鑑賞を開始するために、関越自動車道を六日町ICまで走る。東京都内の混雑具合にもよるが、横浜から4時間ほど。

 越後妻有への山越え、すなわち上越から中越への移動前に早めの昼食。いずみビレッジは、六日町ICから10分ほどにあるレストラン併設の地ビール醸造所。本格的なイタリアン、定食も用意されていて近所に住むと思しき人が多い。地ビールを呑めないのは残念だが自宅に配送手配。ここから十日町キナーレまでは40分弱。
001 002

 

「T025:越後妻有里山現代美術館・キナーレ」
 十日町エリアの拠点施設。ビッグネームの作品もあるけれど、ホワイトキューブに収まった小品の感が強い。現代アート入門の位置付けか。
 写真は左から、館内の雰囲気、【T229:Rolling Cylinder,2012:カールステン・へラー】。
003 004

【T231:No Man's Land:クリスチャン・ボルタンスキー】
 キナーレ内。約9トンの古着の山、クレーンで古着を掴みあげては落とす動作を繰り返す大掛かりなインスタレーション。クレーンは、後方のプロンプターボックスのような箱の中の叔父さんが操作しているところがご愛嬌。
 ハレの日もケの日も身に付けた衣類、様々な記憶が閉じ込められていて誰しも愛着を覚える。とは言えこれだけの量、展示の仕方に余情は失せる。コンクリート打放しの建物にサイトスペシフィックな情緒もない。私はやりすぎだと思う。
 写真の右端は2006年撮影、通常はプールになっている。
005 006 007

 

「----:Soil Museum もぐらの館」
 旧東下条小学校の教室を展示場にしている。この後、閉校した学校をいくつも回る。過疎化を実感させるのもアートの役割。
 写真は、旧東下条小学校正面。
008

 土をキーコンセプトにした8人の作者の作品が展示される。全体に知が勝っているきらいが強いけど、自然は一朝一夕に成るものではなく、大切にすべきものであることが伝わってくる。
 写真は左から、【T261 輝器 KAGAYAKI 空(QOO)-近未来ノスタルジー:田中哲也】【T262:今度生まれてくる時も、また:本田裕紀】【T264 土壌モノリス-日本の土 1万年のプロフィール】。
009 010 011

   (2012年9月3日記録)

|

« 随想:日本戦後史の起点は? | トップページ | 美術:越後妻有アートトリエンナーレ2012・第1日目(2/2) »

コメント

行かれたのですね!
広範囲に作品が散在しているのは色んな面で意味があるのでしょう。車で通りすぎるだけでも、過疎を実感できるとも思えます。
乗らないものとっても、不便な土地の自然の美しさや過酷さは多少想像ができます。
先日、保存していた雪(場所の名前が今出てこないのですが……)で子供たちがそり遊びなどするイベントの模様が、TVで放映されていました。

投稿: strauss | 2012年9月 4日 (火) 16時08分

 お帰りになったのですか。越中八尾から青森県立美術館のコースは、か
なりの驚きをもって受け留めましたが、アートに親しむのも体力が必要で
すね。ところで青森県立美術館はいかがでしたか。青森犬には到達できま
したか。

投稿: fukanok | 2012年9月 4日 (火) 22時11分

> 先日、保存していた雪(場所の名前が今出てこないのですが……)で子
> 供たちがそり遊びなどするイベントの模様が、TVで放映されていました。

 大厳寺高原ですね。私も過去に見たことがありますので、恒例になって
いるのだと思います。

投稿: fukanok | 2012年9月 5日 (水) 10時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180824/55578861

この記事へのトラックバック一覧です: 美術:越後妻有アートトリエンナーレ2012・第1日目(1/2):

« 随想:日本戦後史の起点は? | トップページ | 美術:越後妻有アートトリエンナーレ2012・第1日目(2/2) »