« 路上観察:さわやか横浜・山下公園(2012年8月18日) | トップページ | 美術:生麦事件より150年 »

2012年8月22日 (水)

一駅散歩:JR横浜線小机駅から新横浜駅へ(2012年8月20日)

 新横浜駅は1964年、菊名駅~小机駅間に開業、駅間距離1.7Km。どちらも横浜国際総合競技場(日産スタジアム)の最寄駅、新横浜駅は東海道新幹線との接続駅。

 一駅散歩でも1.7Kmでは物足りません。そこで八王子方面に少し進んだ横浜小机城址市民の森(城山)を散策してから、鶴見川土手・鶴見川流域センター横浜国際総合競技場経由で新横浜駅に至る約6Kmのコースとしました。
Map

 

 小机駅改札口外に市民の森への案内あり、途中に標識も建っています。今回は少しだけ異なる道を歩きました。途中、横浜線踏切から八王子方面を眺めると線路の右側に小高い山、山一帯が市民の森です。
001

 第三京浜道路高架手前を右に折れて市民の森に入りますが、そのまま直進、高架を潜って急な階段を登ると左手に富士塚。木々に囲まれて全体を見極められません。一分もしないで頂に登れますが視界は開けません。ふもと(?)の広場からも視界が開けません。以前来た時は、丹沢山塊・富士山が見えましたけど。夏場は木が茂って景色を期待できませんが、富士信仰の一端を目の当たりにできます。
002 003 004

 来た道を戻って市民の森へ。途中、新横浜駅方面に横浜国際総合競技場が見えます。
005

 小机城址と冠が着きますが、本丸跡、二の丸跡、空堀跡などが残ります。二の丸跡にはベンチが据えられていますが遊具などありません。薄暗い道を辿って自然を満喫します。食事・飲料持参でのんびりするのも良いでしょう。
006 007

 来た道を戻り、小机辻から伸びる道路に交差したら左手に進むと鶴見川土手に至ります。この辺りに遠い知り合いがあったので、子供の頃に何度も来ていますが、往時は鶴見川に堰があり、満々と湛えた水がオーバーフローしてゴーゴーと響きわたっていた記憶があります。いまはすっかり変わって、遊水地にテニスコートやサッカー場が並ぶ新横浜公園になっています。
008

 横浜国際総合競技場の手前に鶴見川流域センター。
 ミニ水族館には鶴見川流域に生息する小魚の展示、附近で採取された鮎も混じります。盥にザリガニやかにが放されて、子供達が掴んで遊んでいます。その他、洪水の記録など鶴見川に関する資料展示はちょっとした勉強になります。
009 010 011

 横浜国際総合競技場は目の前、遠くに横浜ランドマークタワーも見えます。
012 013
 こんなに巨大な施設を作ってしまって後はどうなるんだ。横浜マリノスの旗が風になびいて、爽やかな夏の光景を感じながら一周。広場の噴水で子供達が遊んでいます。子供は水が好きですね。
014 015 016

 案内標識に添って歩けば新横浜駅はすぐ。

  (2012年8月22日記録)

|

« 路上観察:さわやか横浜・山下公園(2012年8月18日) | トップページ | 美術:生麦事件より150年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180824/55483564

この記事へのトラックバック一覧です: 一駅散歩:JR横浜線小机駅から新横浜駅へ(2012年8月20日):

« 路上観察:さわやか横浜・山下公園(2012年8月18日) | トップページ | 美術:生麦事件より150年 »