« 音楽:マリオ・ブルネロ & ファジル・サイ デュオ | トップページ | 音楽:神奈川フィル・聖響音楽堂シリーズ・モーツァルト第5回 »

2012年7月 6日 (金)

随想:文楽協会への補助金停止か、橋下市長「会談しなければ」

 2012年6月30日・朝日新聞デジタルに標題記事、冒頭を次に引用する。
 『大阪市の橋下徹市長は29日、文楽協会が橋下氏との会談に応じなければ、市の今年度の7月補正予算案に計上した協会への補助金3900万円を支出しない方針を示した。協会は市側の会談要請を断っており、橋下氏は報道陣に「こんな特権意識を持った団体に税金は払えない」と述べた。』

 以下、『橋下氏は以前から文楽協会への補助に否定的。今年度予算は、前年度比25%減の案を認めた。同様に補助金を支出している大阪府の松井一郎知事も29日、橋下氏に同調する考えを示した。文楽協会事務局長が、「一身上の都合」で退任する』との内容だ。

 断片的な状況を知ることはできても、背景までは判らない。そこで以下をTweetした。

 『2012年07月05日(木) 文楽協会への補助金停止か、橋下大阪市長。そうゆう行動パターンを喜ぶ人も多いのだろうが、もう少し伝統芸能を盛り立てるような対応がとれないものだろうか。東京では思うようにチケットを取れない状況だが、と言って東京に引越しもできないだろう。文楽は大阪に根があってこそ文楽だ。』

 レスポンスから「歌舞伎のちから 犬丸治・劇評集」にたどり着く。他の情報源を探すにしても、ここでかなりの知識を得て、多くに納得。

 

 ここまでが今の私の到達点。
 芸術と助成の問題は難しい。助成金の適正な執行は当然で、それは肯定するが、適正の見極めは簡単でない。何より伝統芸能への敬意が欠落していると感じる。橋下市長が2度と文楽に行かずとも個人の自由だが、シェイクスピアと比肩される近松門左衛門・他のテキストを今に具現化する文楽に対して実にもったいない。と思えば少しはやり様も変わるだろうが。
 大阪フィルハーモニー交響楽団も似た状況に直面しているようで、当面、大阪の文化行政に注目。

 かって尼崎市に7年余起居、その際に記録した写真から。順に、JR大阪駅(梅田)近くに「曽根崎心中」の舞台となった露天神。北新地の一角に「蜆川跡碑」、奥の自販機の間に「心中天の網島」の舞台となった「河庄跡碑」。谷町にある「近松門左衛門墓(奥に)」。大阪の隣、尼崎市久々知の広濟寺に「近松門左衛門墓」。近松の墓は東大阪にあるようだ。文楽は大阪に根がある。
001 002 003 004

 文楽の新しい試み、ヨコハマトリエンナーレ2011協賛の「文楽:曽根崎心中 付り観音廻り(長文)」を参考まで。

   (2012年7月6日記録)

|

« 音楽:マリオ・ブルネロ & ファジル・サイ デュオ | トップページ | 音楽:神奈川フィル・聖響音楽堂シリーズ・モーツァルト第5回 »

コメント

先日ETVで文楽「桂川連理柵」を観ました。
文楽を生で観たのはもうずいぶん前のことで、その頃だって人形の表情に魅せられました。
テレビで観るともっとはっきり動きや表情の違いがわかります。
橋本さんもここから始めればいいのにと思います。
一回観ただけで全てと断定するなんて、あの立ち場の人がすることじゃないですよね。
この件についてあまり知らなくて、リンクのサイトを読んで驚きました。
確かに助成の問題は難しいでしょうね。
こういう時期ですし。
 
あまりに不便なのでPCの買い替えを本気で検討しています。
とにかく演奏会を終えてからと。
近々チケット送ります。

投稿: strauss | 2012年7月 9日 (月) 10時26分

 ブログ更新がなかったのでお忙しいのだろうと思っていましたが、コメント
頂きありがとうございます。

 「桂川連理柵」、私も録画したのですがまだ見ていません。10月に横浜で文
楽公演がありますが、確か、演目に含まれているので出かけるつもりです。そ
れにしても、フリガナがないと「かつらがわれんり」までは読めても「柵」を
「しがらみ」とは読みにくいですよね。こんなことも、文楽の取り付きにくい
ところだと思います。でも難関を越えないと、真の良さにたどり着かないのは
文楽に限りませんよね。

 最近、文楽ばかりでなく、クラッシクに限らずJAZZなども含めて音楽、演劇、
何でも判らなくなりました。もちろん、以前よりは判っていると思いますが、
少しレベルが上がると、そのレベルで判らないことが続出します。興味はあっ
ても手の出ないものもあります。そういうものも含めて、だから短絡的に駄目
なものとは思いません。助成金が出ていたとしても、それを直ちに止めろとは
思いません。

 橋本市長が「文楽は価値ある伝統芸能で、技芸員は高いレベルの芸を保持し、
次世代へ橋渡しも体系的に行われている。もちろん否定であっても良いのです
が、客観的に判断できて、だけど、現状においては優先度の高い項目があるか
ら助成金を回せない」と言うなら、まだ筋が通っていると思うのです。
 話し合うなら、まず文楽の何たるかの教えを乞うことが先でしょう。その上
で自身の意見をいうべきだと思いますが、如何でしょうか。橋本市長は、そう
いうプロセスを否定して助成金のことが先に来るのでしょうから、果たしてど
うなることやら。

 コンサート、楽しみにしています。

投稿: F3 | 2012年7月10日 (火) 01時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180824/55133371

この記事へのトラックバック一覧です: 随想:文楽協会への補助金停止か、橋下市長「会談しなければ」:

« 音楽:マリオ・ブルネロ & ファジル・サイ デュオ | トップページ | 音楽:神奈川フィル・聖響音楽堂シリーズ・モーツァルト第5回 »