« 路上観察:さわやか横浜(2012年7月15日) | トップページ | 路上観察:さわやか横浜(2012年7月21日) »

2012年7月17日 (火)

路上観察:さよなら原発10万人集会(2012年7月16日)

 17万人の中の一人として、海の記念日の16日、東京・代々木公園で開催された「さよなら原発10万人集会」に参加しました。果てしなく続く人波を目の当たりにして、志を同じくする人々のパワーを実感しました。

 少し遅れて会場到着、呼びかけ人の挨拶が既に始まっており、坂本龍一の途中から、内橋克人、大江健三郎、落合恵子、瀬戸内寂聴、沢地久枝と聞きました。聞いたというのは不正確で、姿は見えず、声も断片的にしか聞き取れませんでした。しかし、彼・彼女らの呼びかけは大きな力と思いました。

 しばらくして、別のステージで挨拶が始まり、示唆に富むTweetを毎日目にする池田加代子がマイクを握りました。やはり聞き取れませんでした(耳が悪くなっている)。でもそこにいることが大事です。

 各種色とりどりの旗がたなびき、中でも大漁旗を掲げた一群が目立ちました。そうこうするうちに、各コースへのデモがスタート。一人なので似た一群に入ろうと思いましたが、結局、一番近くに付きました。他に個人参加と思われる方もいましたが、そこは様々な大学の学生数十人のグループの後ろ、学生は最後まで元気にシュプレヒ・コールしていました。

 付いたグループは原宿方面に向かいました。渋谷に向かうつもりでしたが、まあどこでも良し。原宿駅前で公道に出る際、一車巾に規制されて進行は渋滞。日頃は用もないので原宿は久しぶり、車道から見た街並は見知らぬ町に紛れ込んだよう。国道246号線を経由、明治公園で解散。3Kmほどを3時間弱かけて進みました。
Img_3045 Img_3047 Img_3049 Img_3050

 最近の様子を短くまとめれば「巧言令色鮮なし仁」が適当、出でよ仁者。汗まみれになりましたが、心地よい気分にもなりました。後は思いがどこまで届くか。また出向こう。

 これからでも、あなたの意思を表明できます。国家戦略室のパブリックコメントはこちらから、書き方はこちらを参考に。

  (2012年7月17日記録)

|

« 路上観察:さわやか横浜(2012年7月15日) | トップページ | 路上観察:さわやか横浜(2012年7月21日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180824/55216127

この記事へのトラックバック一覧です: 路上観察:さよなら原発10万人集会(2012年7月16日):

« 路上観察:さわやか横浜(2012年7月15日) | トップページ | 路上観察:さわやか横浜(2012年7月21日) »