« 路上観察:横浜三渓園・蛍の夕べ(2012年6月4日) | トップページ | 路上観察:金星の日面通過記念碑、ただし・・・ »

2012年6月 5日 (火)

路上観察:横浜三渓園・蛍の夕べ(2012年6月4日)

 横浜三渓園では、2012年6月10日まで、閉園時間を延長して「蛍の夕べ」を開催しています。日没後の園内に入る機会は限られますし、街中で蛍を見る機会も限られます。ご都合つけて出かけてみたら如何でしょうか。

 6月4日、横浜は真夏を思わせるような一日、蛍が大量に出てきそうな天気(根拠なし)でした。

 17時過ぎに到着、まだ明るく、まだ人が少なく、淋しい感じでした。しかし、いつも人の多い三渓園のこういう雰囲気はちょっとリッチです。内苑の散策路には多くのカラスが、外苑の池の際には水鳥が歩いています。

 早めに来たのは、日没前後の写真も撮ろうと思ったからです。しかし、良く見ると全天を雲が覆い、風も強めであまり良いコンディションではありません。花菖蒲がかなり揺れています。と言い訳しておいて日没前後の写真を。
Dsc_7762 Dsc_7767 Dsc_7774

 蛍は、正面から見て左手奥(上左側写真の左側)の小さな渓流沿い、もし横浜トリエンナーレ2008の際に訪れたことがある方なら、「中谷芙美子《雨月物語-懸崖の滝》」、人口霧を発生させる作品があった周辺といえばお判りになるでしょうか。

 蛍の乱舞とは言い難いですけど、しかし探してようやく見つかるでもなく、そこそこに楽しめます。暗くなる頃には人も多くなっていました。子供さんの声もかなり聞こえました。本格的な夏には間がありますけど、思い出として記憶に残ることでしょう。

 漆黒の闇ではありませんがカメラの細部は見えません。懐中電灯は常に携帯していても、使うわけにいきません。設定もピントもヤマカンで、60秒ほど露出したのが次の写真です。何しろ蛍は動き回っていますし、光を明滅させていますので、闇を写した写真が多いですけど、比較的、動き回る様子が判るものです。
Dsc_7776 Dsc_7777

 当日は、日が暮れてから涼しく、Tシャツ一枚では肌寒かったです。念のため薄手の上着を持参したら如何でしょうか。茶店一軒だけが夜間営業していましたが、多分、期間中は営業するでしょう。
 空模様を見計らって、もう一度出かけたいと思っています。

  (2012年6月5日記録)

|

« 路上観察:横浜三渓園・蛍の夕べ(2012年6月4日) | トップページ | 路上観察:金星の日面通過記念碑、ただし・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180824/54881282

この記事へのトラックバック一覧です: 路上観察:横浜三渓園・蛍の夕べ(2012年6月4日):

« 路上観察:横浜三渓園・蛍の夕べ(2012年6月4日) | トップページ | 路上観察:金星の日面通過記念碑、ただし・・・ »