« 随想:横浜DeNAベイスターズ対中日ドラゴンズ(2012年5月5日) | トップページ | 随想:東京新聞記事「再稼動を問う」について(続) »

2012年5月 8日 (火)

随想:東京新聞記事「再稼動を問う」について(長文)

 東京新聞・2012年5月6日朝刊2面に「再稼動を問う」として、原子力発電再稼動推進の立場から民主・近藤洋介衆議院議員、慎重の立場から自民・河野太郎衆議院議員のインタビュー記事が掲載された。

 河野議員は「僕は脱原発派だが、かといってずっと再稼働させなくていいわけではない。新組織が安全基準を見直し、それに照らして最低限を再稼働させるのが正当な手順だ」が基本となる発言。

 私は脱原発再稼動反対を基本とする。しかし、意見を異にする方もいるわけで、議論の落ち着く先として河野議員の考え方は次善と考える。ただ、判断のためのバイアスのないデータ・情報が少なく思えて、そこが悩ましい。

 私の基本的な考え方は以上だが、その観点から近藤議員の発言に違和感を感じたので吟味した。ちなみに近藤議員は経産政務官の立場にある、

 

 参考のため、近藤議員のインタビュー記事引用を開始する。カッコつき数字は整理のため追記した。

(1) -東日本大震災で原発の安全神話は崩壊した。
  「原発によって原油価格に影響されず、経済を発展させることができた。原発は大変大きな役割を果たした。しかし、絶対に安全だという技術への過信があった。安全神話に陥っていたことは反省するべきだ」

(2) -それでも再稼働は必要が。
  「想定される危機に対応するのが政治家の役割だ。大規模停電が起きたら信号や病院、鉄道、空港はどうなるのが。1%でも停電の可能性があるのなら政府と大阪府や大阪市、関電が一緒になって対策を議論するべきだ。これは命の問題だ」
 「極論すれば、大規模停電が起きた時にどうなるがの研究の結果、一人の命も失わない確証が得られれるなら再稼働しなくてもいい。しかし、もしかしたら死ぬかもしれないというのなら、安全性の確認と地元の理解を経て再稼働するべきだ」

(3) -安全性の確認が十分でなく、拙速だと地元は批判している。
  「技術的に安全性は十分だと思っている。ストレステストも含めてずっと詰めてきた。プロセスにおいて、拙速だとは思わない」

(4) -野田佳彦首相の対応は経済優先で「再稼働ありき」に見える。
  「安全が確認されたら、国民生活を守るために再稼働する。首相は現実的に考えているだけだ。『ありき』とは違う」

(5) -原子力規制庁の発足まで待つべきではないのか。
  「規制庁に変わっても、専門家やルールは大きく変わらない。本の中身は同じで、表紙だけ変えれば安心だというのは、意味合いがよく分からない。ためにする議論という気がする」

(6) -民主党内にも再稼働慎重論がある。
  「(再稼働決定は)政府の仕事。党の全面的な合意がなければ動かさないというのは、議会制民主主義の仕組みとして筋違いだ」

(7) -橋下徹大阪市長が再稼働の条件を提言した。
  「再稼働問題を政局的に使う政治家がいるのは残念だ。政局から現実の議論に引き戻すことが必要だ」

 引用を終了する。

 私なりの吟味を、項目ごとに示す。

(1) 原発が大きな役割を果たしたのは事実かも知れない。しかし、絶対安全が前提条件であった筈。東電原発事故は、その前提条件の破綻である。重要なことを欠落させての回答になっていないか。それにしても、誰が誰に向けて、何時までに反省すべきか。主語や期限を明確にしない回答に、曖昧に済ませようとの意志を感じる。記者もそこを突っ込んで欲しい。

(2) 政治家の役割、大規模停電の弊害も異論は無い。ただし、命の問題は、まず原発再稼動の場合の可能性を吟味することが先だろう。議論のすり替えと感じてしまう。

(3) 思う思わないは脇におく。ストレステストの一部の報告書が提出されたのは事実だろう。ただし、二次のストレステストは報告されていない。一次ストレステストに対する原子力安全委員会の報告も、安全に関して留保しているだろう。これらに照らして、回答に作為を感じる。
 またストレステストは、参考のために事故を起こした東電福島原発についても実施すべきである。ストレステストの妥当性検証のためにも、それが科学的な取組みと考える。東電多忙との理由で回避されていると認識するが、果たしてそうか。どういう結果がでても扱いに困りそうだからではないか。

(4) 真の安全が担保されるなら、私の基本的な考えも変化する可能性はある。

(5) 近藤議員が、あるいは推進派の方が、表紙だけ変えようとしていると感じてしまう。私は、表紙だけ変えて安心などとは思わないし、多くの方も思わないだろう。このような考え方の下、組織見直しを進めようとしているのだろうか。問題含みの発言と感じる。

(6) 大筋のコンセンサスを得ている課題において三権分立は正しいと思う。しかし、未曾有の東電原発事故後の原発再稼動を、仕組み論に矮小化することは正しいか、筋が通っているか。私はそう思わない。前首相とは方向性を異にすると思うし、首相により判断が異なる課題に対しては強弁にしか聞こえない。

(7) 概ね(6)に同じ。

 

 いずれ意思表示する機会もあるだろう。自分なりの意見を固めておきたい。それにしても、歴史的経緯からすれば、民主・近藤洋介衆議院議員と自民・河野太郎衆議院議員の思いは反対のようにも感じてしまう。

   (2012年5月7日記録)

|

« 随想:横浜DeNAベイスターズ対中日ドラゴンズ(2012年5月5日) | トップページ | 随想:東京新聞記事「再稼動を問う」について(続) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180824/54659102

この記事へのトラックバック一覧です: 随想:東京新聞記事「再稼動を問う」について(長文):

« 随想:横浜DeNAベイスターズ対中日ドラゴンズ(2012年5月5日) | トップページ | 随想:東京新聞記事「再稼動を問う」について(続) »