« 路上観察:旧東海道・宇津ノ谷峠とさった峠(2012年3月18・19日) | トップページ | 音楽:歌劇「タンホイザー」 »

2012年3月25日 (日)

随想:原子力安全委の大飯原発安全審査報道について(やや長文)

 2012年3月24日、朝日新聞朝刊トップの見出しは『政権、再稼動手続きへ 大飯原発 来月から地元説得』。

 リードは『野田政権は23日、内開府原子力安全委員会が関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の安全審査を認めたことを受け、再稼働に向けた検討を姶めた。来週中にも関係閣僚で安全性を確認し、再稼働可能と判断。4月上旬にも地元自治体の説得に入る。再稼働に反対する大阪市の意向も考慮する考えで、早期に踏み切れない可能性もある』としている。

 何を言っているのという感じ。まず、安全委の評価結果が、安全との結論に至ったか否かが、私の知りたいところ。本文に「原発再稼動までの流れ」の図も添えてあるが、そこに「2月13日 原子力安全・保安院がテストの妥当性確認」、「3月23日 原子力安全委が保安院の審査内容を確認」と記されている。これを事実として、原発の安全性に大して言及していない。

 ストレステストは、適当なパラメータを挿入して計算したところ設計上の余裕が確認できたと言うことだけであろう。設計上の余裕と安全性を結びつける吟味はなされていない、と認識するが如何か。

 3面に関連記事が掲載されており、見出しに『安全の判断なお途上』とある。ここが安全委の報告のポイントであろう。どうも朝日は時局に目が向くようだ。まず判りやすく事実、ここでは原発の安全性(危険性が正確か)を伝えるべきではないか、朝日よ。

 

 同日の東京新聞朝刊トップの見出しは『すべて条件付「イエス」 大飯原発 安全委も妥当 再稼動前進「しかし」27項目注文』との見出し。

 リードは『関西電力大飯原発(福井県おおい町)3、4号機の安全評価(ストレステスト)の一次評価で、原子力安全委員会は二十三日の臨時会合で、経済産業者原子力安全・保安院が妥当とした判断を了承した。再稼働に向けた手続きが一つ進んだ形だが、安全委の報告書は、大飯原発は安全と判断されたのか、そうでないのか読み取れない。これで地元の了解が得られるのか、疑問の残る結果となった』。

 前述のとおり、ストレステストを安全評価とすることに違和感を感じる。しかし、内容は安全委・臨時会議の報告、その後に行われた記者会見をかなり正確にまとめてある。事実を伝えるという観点で、朝日より数段優る。もっとも、朝日が安全委の報告より時局報道に重点をおくならば、そうともいえないが。

 

 私は関心があったので23日中にニコニコ動画を視聴した。『怒号が飛び交った「原子力安全委員会・臨時会議」(2012年3月23日)』と『【大飯原発の安全性に関する評価について】 原子力安全委員会 臨時記者会見』が掲載されている。

 前者が報告である。報告は0秒少し前から5分間ほどで、後は傍聴者が意見を述べている。抗議の怒号が飛び交う中、斑目委員長が開会を宣言し、事務局が報告を読み上げ、委員長が了承、閉会を宣言している。これで原発の安全性を云々しようとするのか、なさけない光景だ。

 後者が記者会見である。記者会見は委員長に久木田委員が同席している。中には首を傾げたくなる記者の質問もあったが、それにしても安全委は何を言いたいのか。

 自民党参議院議員・山本一太氏のツィート(本人発信と思う)は『原子力安全委員会の班目委員長のコメント、何度、読み返しても意味が分からない。(苦笑)一種の責任放棄じゃないだろうか???』としていて、私だけが判らない訳でもなさそうだ。

 繰り返し発言されたので記憶に残ったのは、「原子力安全委員会は安全性の確認を求められていない」、「Yesとしているが全て条件付」「二次評価を早急に実施すべき」。要は、原発が安全とは言えないということだろう。

 

 安全委の報告、記者会見を視聴して、新聞報道と併せて私なりに考えを整理してみた。時々、各種報道の妥当性チェックも必要かと思う。

   (2012年3月24日記録)

|

« 路上観察:旧東海道・宇津ノ谷峠とさった峠(2012年3月18・19日) | トップページ | 音楽:歌劇「タンホイザー」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180824/54301219

この記事へのトラックバック一覧です: 随想:原子力安全委の大飯原発安全審査報道について(やや長文):

« 路上観察:旧東海道・宇津ノ谷峠とさった峠(2012年3月18・19日) | トップページ | 音楽:歌劇「タンホイザー」 »