« 音楽:モンテヴェルディ「聖母マリアの夕べの祈り」 | トップページ | 随想:この人・百話一芸 第15回「長唄囃子方・堅田喜三久」 »

2012年2月 1日 (水)

音楽:神奈川フィル第277回定期演奏会

  指揮  サッシャ・ゲッツェル

  独奏  松田理奈(Vn)

  演奏  神奈川フィルハーモニー管弦楽団

  曲目  R.シュトラウス:交響詩「ドン・ファン」
      ブルッフ   :ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調
      イザイ    :無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第2番第1楽章
                          (ソロ・アンコール)
      ブラームス  :交響曲第4番ホ短調

  会場  横浜みなとみらいホール(1階13列22番)
  公演  2012年1月28日14:00~16:00(休憩15分)

 

 R.シュトラウス。コンマスのソロがあったりホルンの聴かせどころがあったりして、オーケストラの様々な表情が現われます。新年の最初の曲には相応しいかもしれません。もっとも神奈川フィルの新年度は4月からですが。

 サッシャ・ゲッツェルは大きな動きで精力的に指示を出していました。指揮台で何度跳び上がったことか。まあ、それはそれとして、神フィルの魅力も曲の魅力も惹き出してくれました。

 

 ブルッフ。ソロの松田理奈は初めて聴きます。ヴァイオリンを胸の前に両手で持ち、しばし頭を垂れて祈るようにしてから演奏が始まりました。初々しい感じでしたけど、始まってみれば実に堂々とした演奏です。でもまだ20代、才能は偏在する。

 ロマン派らしい叙情的な曲ですが、美しく物語るように演奏されて私は好感を抱きました。使用したヴァイオリンはJ.B.Guadagniniと記されていましたが、華やかさを控えめにした重厚で実に豊かな音色、私は好きです。神フィルのサポートも良く、コンチェルトの魅力を充分に感じました。

 アンコールのイザイは、バッハを感じさせながら鋭い旋律が続きます。ブルッフとは随分と異なる面が聴けました。この曲のCDをリリースしているくらいですから、得意とするところなのでしょう。全曲、聴きたくなりました。

 

 ブラームス。休符を挟んで下降・上昇が繰り返される哀調ある主題がヴァイオリンで奏でられ、一気に演奏に惹きつけられてしまいます。やがて管に移り、チェロとホルンに移っていきます。神奈川フィルの絃は美しく、管も美しいし安定しているし、それだけではありませんけど。

 4曲の交響曲中では1番・4番が好きですけど、一つを選ぶとすれば、哀調を帯びた主題で始まり、劇的な総奏で終わる4番。ホルンで始まる第2楽章、ティンパニーが活躍する第3楽章を含めて印象深いものがあります。

 4番の魅力を充分に惹き出されたと思います。演奏を終えて管・打楽器パートが丹念に祝福されていました。サッシャ・ゲッツェルと神奈川フィルは相性が良さそうです。ちょっと動きすぎと思うのですが、結果良し。

 

 神奈川フィルの特徴を確認するために、今年は横浜みなとみらいホールで定期的に公演する他オーケストラも聴きに出かけるつもりです。この3年間、神奈川フィル以外のオーケストラを何回聴いたかな。

   (2012年2月1日記録)

| |

« 音楽:モンテヴェルディ「聖母マリアの夕べの祈り」 | トップページ | 随想:この人・百話一芸 第15回「長唄囃子方・堅田喜三久」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音楽:神奈川フィル第277回定期演奏会:

« 音楽:モンテヴェルディ「聖母マリアの夕べの祈り」 | トップページ | 随想:この人・百話一芸 第15回「長唄囃子方・堅田喜三久」 »