« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月30日 (月)

音楽:モンテヴェルディ「聖母マリアの夕べの祈り」

  指揮・音楽監督 濱田芳通

  独唱      澤村翔子(ソプラノ)、
          弥勒忠史(カウンターテノール)、
          高橋淳(テノール)、
          鹿野浩史(テノール)、
          春日保人(バス)、
          小笠原美敬(バス)
  合唱      ラ・ヴォーチェ・オルフィカ
  演奏      アントネッロ

  曲目      モンテヴェルディ:聖母マリアの夕べの祈り

  会場      神奈川県立音楽堂
  公演      2012年1月27日 19:00~21:10(休憩20分)

 

 夕べの祈りとは晩課、すなわち正教会の晩の奉神礼あるいはカトリック教会の晩の典礼のこと。ここら辺りまでは調べればすぐ判る。重要なことはその先だろう。しかし、それが判るのを待っていれば、美しい音楽を聴くことは一生涯ないだろう。判ってから聴くか、聴いてから判る努力をするか、私はある時期に後者を選択した。努力はさほどしていないが。

 濱田芳通・アントネッロを聴いたのは4年前の「オルフェオ」、作曲はモンテヴェルディだし、会場も県立音楽堂であった。ファンファーレが客席後方から響いたその瞬間に魅了されたしまった。モンテヴェルディなのか、濱田芳通・アントネッロなのかは定かでなかったが、多分両方であっただろう。

 

 今回の演奏会も良い一夜になるだろうと期待していた。そして期待を裏切られなかった。音楽的に色々なものが詰まっており、演奏も趣を感じた。

 聖母マリアの夕べの祈りは、モンティヴェルディ作曲の華麗な表現、その間に挿入される静謐なグレゴリア聖歌がみごとに融合して、美しくかつ劇的な響きが延々と続く思いがした。

 演奏で言えば、多くの独唱や重唱・異なる声部による合唱・器楽演奏や通奏低音。合唱者がリコーダーや確かサックバット(トロンボーンに似た楽器)を奏したり、濱田がリコーダーやコルネットをを奏しながら指揮することもあった。通奏低音のチェンバロとハープ(ヒストリカルな物)の持ち替えはびっくり、テオルボが意外に響くことを知った。一度、テノールとサックバットが舞台袖に下がって、そこでオブリガートを奏することもあった。耳ばかりでなく、目も楽しませてくれた。

 

 華麗、力強くもあり静謐でもあり、そして楽しい演奏で二時間余があっという間に過ぎた感じがした。独唱も合唱も演奏もバランスが取れていた。強いて言えば独唱が少し強かったかも知れない。会場が小さいから、オペラ歌手が加減してもそういうことに成るかとも思った。

 もっと知識を持ち合わせていたらより楽しくなるかも知れない。しかし、現状でも大いに満足できた。宗教音楽はとっつき難い一面があるけれど、聴けば結構面白い。特にモンティベルディは楽しさも感じる。

   (2012年1月29日記録)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月27日 (金)

美術:横浜美術館「松井冬子展」

  名称   松井冬子展 世界中の子と友達になれる
  会場   横浜美術館
  会期   2011年12月17日(土)~2012年3月18日(日) 、詳細は要確認
  鑑賞日  2012年 1月25日(水)

  参考   横浜美術館松井冬子展ホームページ

 

 「ヨコハマトリエンナーレ2011」閉幕後の最初の企画展。企画展ポスターにもなっている作品「世界中の子と友達になれる」が寄託作品として常設展示されていることは承知していた。底知れないものが描かれているとの思いもあった。

 ところで、2011年NHK紅白歌合戦の審査員に選ばれた理由を、ウィキペディアは「公立美術館に於いて初の大規模な個展を開催」としている。大晦日は、会期3ヶ月のうちの2週間を過ぎたところ、評価はまだ定まらないだろう。絵以外の話題があるのか、美貌を指摘する記述は多いが。

 

 展示は第1~9章に分かれて、順に「受動と自殺」「幽霊」「世界中の子と友達になれる」「部位」「腑分」「鏡面」「九相図」「ナルシズム」「彼方」の章題になっているが、何か身構えてしまいそうだ。

 これらは宗教的なテーマを予感させる。例えば、小野小町九相図や地獄絵図を想起する。しかし表現は現代的で無機質。狂気や恐怖は感じるが、不思議と痛みは伝わらない。

 そう思う理由は描かれるものによる訳だが、抑制的な淡い彩色はあるものの無彩色を感じさせる仕上がりになっていることも大きいか。鑑賞者によって受け止め方が随分異なるだろう。

 

 副題でもある「・・友達になれる」は東京藝大学部卒業制作、そのための写生や何枚もの下図が併せて展示される。一人描かれる人物の位置も色々試行している。

 この絵の人物は画面左側に位置し、画面外側を見つめるようにに横向きに描かれる。盗み見のようでもある。「・・友達になれる」と言いながら、出る口の先から否定しているようでもある。足には血が滲む。今を盛りと咲き誇る藤の花の下方に視線を移せば、無数の蜂の群れが目に入る。右側には空の乳母車。友達になるのもなかなか難しそうだ。
 写生・下絵・作品と見比べて、その創造過程を想像するのは興味深い。この一角は特に興味深い。

 

 所蔵先を丹念に見たが公共美術館の所蔵はほとんど無く、個人蔵が多く、画廊等に留まる作品も多い。テーマの特異性によるものか、評価がまだ定まらないゆえか。「・・友達になれる」を初めて見た時から気にはなっていた。これからも注目しよう。

 結びはこれしかない。芭蕉七部集「猿蓑」より「夏の月の巻」の付合い。

   さまざまに品かはりたる恋をして  凡兆
     浮世の果は皆小町なり     芭蕉

   (2012年1月26日記録)

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月26日 (木)

横浜散歩:市営地下鉄阪東橋駅から高島町駅(2012年01月25日)

 寒い朝だと思ったのですが、用足しを終えた11時過ぎには随分と暖かくなっていましたので、散歩することにしました。坂東橋の近所から、ほぼ市営地下鉄に沿って高島町駅附近まで。通過駅で言えば、伊勢佐木長者町・関内・桜木町を掠めて高島町になります。

 横浜橋商店街、TV番組でも時々取り上げられるのでご存知の方もおられるでしょう。落語家桂歌丸さんの似顔絵を書いた幟が飾られていますが、商店街の会長だか名誉会長らしいです。“コニー・フランシスの大人になりたい”が流れていましたが半世紀前の曲でしょう。選曲はどなたかの趣味なんでしょうか。

 早めの昼食を大通り公園に面した商店街脇の天丼屋で。TV番組の「キタナシュラン認定書」が掲げてありました。芝海老のかき揚げ丼はちょっと揚げすぎ、通常メニューが安心のようです。ご飯が他店の大盛り位あって食べ切れません。大盛りを頼もうとした人が600gあるよと言われて並盛りにしていました。私が食べ終わる頃には列ができていました。

 伊勢佐木町5丁目辺りから商店街に入り1丁目へ。横浜の古い繁華街で、高い建物が少なくのんびりした印象があります。変化と言えば、アマチュア時代の“ゆず”がその前で良く歌っていたという横浜松坂屋は既になく、後に新しいビルが完成間近でした。何ができるのでしょうか。

 伊勢佐木町商店街の関内側から吉田橋を撮ったのが次の写真です。関内駅はありますが、関内と言う地名はありません。関内の“関”は関門の“関”で、その関門跡碑が吉田橋上(写真では右側)にあります。写真奥が関門の内側、すなわち関内、歩いてきた一帯は関外。近くを通る折にでも、関門跡碑を眺めてみて下さい。
001_2 002_2

 ジャズ・ライブハウス“エアージン”の前で今月のプログラムを眺めて、みなとみらい地区に向かいました。弁天橋の上からみなとみらいのビル群を撮ったのが次の写真です。空がきれい、ランドマークタワーを含めて横浜を代表する景色です。しかし最近思うのですが、ビルの意匠を横浜らしいと言うのであって、その内部空間に特徴があるのかななんて。横浜に限らないですが。
003_2 004_2

 横浜美術館内のカフェー、コーヒー一杯で一時間半ほど読書。その後に“松井冬子展”を鑑賞しましたが、感想は追って。ここまで来れば高島町駅は直ぐそこ。夕方はやはり寒くなりました。

  (2012年1月26日記録)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月24日 (火)

音楽:日本の音でお正月!

 番組 第一部
     茂山家の舞初 語「鎧」、小舞「三人夫」「京童」「土車」、一調「小原木」
       茂山千五郎、茂山千三郎、茂山宗彦、茂山逸平、井口竜也、鈴木実
     宮城道雄「春の海」
       藤原道山(尺八)、SINSKE(Mar)
     「三番三」によせて
       茂山千三郎(舞)、藤原道山(尺八)、
       SINSKE(Mar)、田中傳次郎(囃子)
       狂言「福の神」
         茂山千五郎、茂山宗彦、茂山逸平
    第二部
     舞楽「春庭花」
       東京樂所

 会場  神奈川県立音楽堂
 公演  2012年1月21日(土)
 鑑賞  2012年1月21日(土) 14:00~16:05(休憩25分)

 

 陰暦1月15日を小正月、地方によっては1月20日を女正月と呼ぶそうです。女性が休養し男性が家事一切を行う、忙しかった正月のねぎらいの日なのでしょう。テンポの早い現代は、正月の雰囲気もせいぜい松の内くらいまで。21日に「日本の音でお正月」と言われても時期を逸しているようですが、それは脇に置いて日本の音を楽しみました。

 

 「茂山家の舞初」。狂言大蔵流の茂山家は、4日に自宅稽古場で舞初式を行うそうです。その模様の再現、一部か全部かは判りません。
 当主千五郎の緊張感のある声は、オペラ歌手に匹敵する声量と判りました。能舞台ではそれほど感じませんが、定員1000人余のコンサートホールを充分鳴らしていました。それと、間の音が消え入る美しさ。県立音楽堂は残響1.7秒ほど、声は多少こもるのですが、音の美しさを感じました。

 「春の海」、マリンバは洋楽器ですが木でできているので音に違和感はありません。琴よりマッチしている感じ。山本道山、名前は承知していましたが聴くのは初めて、名前を良く見聞きしますが何となく納得。SINSKEも初めて。

 「三番三」によせては新作。普通は「三番叟」ですが大蔵流では「三番三」だそうです。揉み出しや大地を踏みしめる所作などモチーフにした舞と、尺八・マリンバ・囃子の共演。舞から「三番叟」の雰囲気は伝わりましたが、演奏は良く判りません。田中傳次郎も名前は承知していましたが、聴くのは初めて。

 「福の神」、千五郎の福の神、豊かになるためには心持が大切だとさとし、笑って去って行きます。年の初めに相応しい出し物。隣に横浜能楽堂があるのでそちらで見たい思いがしました。

 「春庭歌」。四人の舞人と十数人の奏者、それぞれが美しい衣装で登場。舞はシンプルな動作の繰り返しですが、大地を踏みしめる所作が基本のようでした。楽器の音色は識別できるのですが、曲の成り立ちが判らないので音が重なっている程度の印象でした。レクチャーコンサートなどの機会があれば参加してみたいです。

 

 色々な物を詰めたおせち料理のような企画でした。間口が広すぎるとも思いましたが、判らないなりに楽しかったです。
 能狂言は時々、文楽はたまに出かけるので、その範囲の伝統音楽は聞く機会があります。他の伝統音楽も嫌いではないと思っていますがチャンスがないです。機会があれば出かけたいとは思いました。

   (2012年1月24日記録)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月22日 (日)

脱原発世界会議(4) 「日本のメディアはなぜ事実を伝えないのか?」 (長文)

 2012年1月14・15日の両日、パシフィコ横浜にて開催された「脱原発世界会議」。
 その中の15日に行われたセッション「日本のメディアはなぜ事実を伝えないのか? ~脱原発の進むドイツとメディア制度がここまで違う!」の概要を整理した。

 講演は日隅一雄(NPJ編集長・弁護士)・川島隆(滋賀大学経済学部特任講師)、司会は岩上安身(IWJ代表)。

 会場定員は130人だが、左右後方通路には立っている人、中央通路には座り込む人がいて、定員の倍以上の方が詰め掛けていたように思う。

 セッションは約1時間半、ビデオ記録は次のサイトに掲載されている。

  (A) Our Planet TV
  (B) Independent Web Journal

 興味深い話なので時間を都合つけて視聴願いたい。なお、(1)の方が記録が鮮明、(2)は司会者との討論途中で記録が終わっている。

 (A)について言えばセッションは86分まで続き、およその進行は次の通りである。なお、講演で使われたパワーポイント資料はこちら

  (a)  0m30s 企画者の説明
  (b)  2m50s 司会者の挨拶
  (c)  5m05s 講演
      ドイツでの報道(日隅)
      メディア制度をチェックする際のポイント(日隅)
  (d) 15m15s 講演
      ドイツの制度(川島)
  (e) 26m00s 講演
      仕組みの重要性(日隅)
  (f) 31m00s 司会者との討議
  (g) 57m30s 会場との討議

 

 企画者説明で、企画意図は、(1) 個別メディアの問題でなく、海外と日本のメディアは仕組みとしてどう違うか、(2) ドイツのメディア制度、を明らかにすること。1945年、戦後のドイツと日本はメディアの改革が求められ改革したが、60年以上を経て大きく違ってしまったことも判るだろう。

 

 講演概要は十数行後から掲載する。

 

 司会者との討議では、まず講義の補足的な質問から始まった。

 オルタナティブのメディアは、本質的なレベルで日本とドイツの差はない。

 脱原発で言えば影響力の強かったのは新聞。インターネットは受信料出さなくても良いよねとなるので、欧州でもアメリカでも伝統メディアは危機的状況になる。重要なのは世代を超えた活動、インターネットも例外でなく、人が集まって議論できる場が必要。持続面でも弱い。従来メディアも必要。

 持続のための財政基盤は、混合財源が良いだろう。ドイツでは企業からお金を貰えない。公的助成金には弊害もあり、体制が変わって活動できなくなったことがある。

 市民メディアはどこも赤字だろう。今回、情報の価値に気付いた方は多いだろうから、是非支えて頂きたい。

 その後(43分30秒以降)はクロスオーナーシップや原子力政策の背景など、シビアな内容に言及するので、是非ビデオ記録を視聴されたい。メモも上手く取れていないし、残念ながら私は正確に伝えられない。

 

講演概要

《日隅》 ZDF(ドイツ国営放送)は、作業員が防護服で寝転んで休む様子や各種報道機関の取材を受けないという誓約書を書かされたと報道。4月1日の保安院の会見の「人間は海水を飲みません」に、「確かに海の水は飲まない」とからかった。

 シュピーゲルや海外メディアは、事故当日から日本の気象庁が提供する放射能汚染の拡散情報を報道、5月28日には原子力村について突っ込んだ報道をした。

 専門家の意見に加え各党の意見、安全なことも危険なことも報道する。
 日本は、会見に専門知識を持たない記者が配置されるため専門家の一次情報が伝わらず、一番重要な最悪の状態の想定も報道しない。ドイツのような報道がされないのは仕組みが関係する。

 世界的に考えられていることは、(1) 外部圧力を防ぐ仕組み、(2) 内部(経営層)圧力を防ぐ仕組み、(3) マスメディア以外のメディア。今回はインターネットがあったが日本ではまだ不足。(4) 我々の役に立つ情報が出るか。娯楽一辺倒、ニュースでのタレントのコメントなど、見るに絶えない。

《川島》 ドイツの (1)メディア体制、(2)オルタナティブなメディアについて話す。

 欧州のメディア制度はアメリカと対照的。ドイツは国営放送の時代が長く、民放導入は1984年。日本は戦後直ぐ。

 特徴を一つは集中排除。ナチス政権のメディア支配への反省が強く、国家や大企業、内・外部から圧力を防ぐ仕組みがある。

 地方ごとに公共放送、ZDFは様々な公共放送の連合。公共放送の内部委員会は中立性チェックの制度。民放にも国家や大企業の影響排除の仕組みがある。

 州ごとに独立行政機関の政府から独立したメディア庁があり、財源は受信料から約2%を確保。メディア委員会で意思決定し、委員は様々の世代、男女別にバランスの取れた人選をする。

 欧州に共通するコンセンサスは、オールタナティブの市民メディアは世間が支える。放送受信設備を持つ人の受信料から予算を出す。英仏蘭、北欧に様々な制度。

 1970年代、深刻な環境破壊が進行。原発建設が進む状況で反対運動が盛り上がる。「みどりのラジオ」あるいは「自由ラジオ」、当初は海賊ラジオだが、マスメディアの伝えない反原発情報などを伝えた。結果的に「みどりの党」のできた遠因にも成った。

 「市民放送局」とか「オープンラジオ」と言うが、意見を持つ市民団体は番組を作って自由に放送できる。ドイツ全体で80~100局ぐらいある。

《日隅》 日本はTV・新聞が同一資本下にあるが、他国では考えられない。TVは免許で支配、それが新聞にも及ぶ。利益のために政府に近づくことがある。例えばウォーターゲート事件。

 他国では、例えばトヨタとホンダが同じ広告代理店を使うなどはありえない。日本では当たり前だが、公取はやりすぎと指摘する。

 仕組みが良くてもやる気がなければ駄目。やる気があっても仕組みが無ければ、家庭を犠牲にしてまで報道に殉じようと考える人は少ない。ドイツでは、広告料に関して州議会が関与できる余地を残すことは違憲だと。後で確認できないから、権限を排除できる仕組みが大事なんだと。

   (2012年1月21日記録)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月16日 (月)

脱原発世界会議(3)

 会議の状況を、東京新聞は15・16日朝刊で一面トップ・一面トップ下・他のかなりのスペースを割いて記事掲載。朝日新聞は15日に一般記事として掲載。他の全国紙はどのような扱いだったでしょうか。後で図書館に出向いて確認するつもりです。

 各新聞社が自主独立の精神に基づいての判断でしょうからとやかく言う必要はありませんが、内容に大きな差があるのは事実です。持ち込み企画の一つに「日本のメディアはなぜ事実を伝えないか?」がありました。様子は中継されていたので、追ってIWJなどのインターネットメディアに掲載されるでしょう。興味あれば一覧願います。私もメモをしたので上手く整理できれば追って掲載します。

 

 ところで会場の様子を、差し支えない(と思う)範囲で写真に撮りました。雰囲気だけでも伝わればと、簡単な説明をつけて掲載します。全て15日です。

 「だれでも好きな電気を選べるスウェーデン」は定員120名で満員。途中入場で立っていましたが、暫らくして座れました。スウェーデンでは、発電会社と送電会社の二本立て、原発を使用しないことを売りにする会社もある、価格明細が判る、例えば“価格.com”のような比較サイトで会社を選択できる、風力だけを選ぶと価格上乗せがあるが0.33円/Kwh、時間ごとに価格が変動している、自由化しても安定性は損なわれていない、など。Q&Aで、自由化により価格は上がっているが、消費税上昇も大きいので自由化による上昇とは特定できない、など興味深い内容でした。
003

 ロビーの多分インタネット中継風景、これは最も大掛かりなグループでした。各会場では民生用カメラで多分インタネット中継していました。
004

 「日本のメディアはなぜ事実を伝えないか?」は定員130名だけど左・右・後方に立つ人多数、中央に座り込む人も。スピーカーにNPJ編集長・弁護士の日隅も。他のフリージャーナリスト達を含め、この人がいたからマスメディの報じない東電原発事故の詳細を知ることができたと言って過言で無いでしょう。短い時間でしたが話を聴けて幸いでした。
005

 ロビーでのセッションです。
006

 「首長会議:地域発・原発に頼らない社会のつくりかた」は定員1000名の大ホールで満員。登壇者は、福島県双葉郡双葉町町長、福島県南相馬市長、静岡県牧之原市市長、静岡県湖西市市長、千葉県長生郡長生村村長、東京都世田谷区区長、新潟県西蒲原郡巻町元町長、東京都国立市元市長、司会は山本コータロウ。首相はTPP、増税、原発再開、原発輸出など言っているが今こそ歴史に学んで脱原発を世界に発信せよ、「脱原発市区町村長会議」を立ち上げるとの宣言など。被災地域の市長・村長などの発言を含め、力強い内容でした。
007

 「国会議員フォーラム」は定員600名でほぼ満員。そして同時進行していた大ホールの「閉会式」には「国会議員フォーラム」が終えてから移動しました。立っている人も多くいました。
008 009

  (2012年1月16日記録)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

脱原発世界会議(2)

 会場ロビー等では、写真展やポスターセッション等も多数企画されていて、多くの人が見入っています。この写真展は、広河隆一の写真展「チェルノブイリ25年フクシマ元年」で、写真左側に向かってパネル6枚?の両面に写真が展示されていました(写真は、説明と異なりますが人が写りこまないタイミングを狙って撮影しています)。
002

 

 この奥の部屋では、広島や他所の原爆被災の写真展が、他の場所でも。もちろん、福島原発災害状況写真も展示されていました。どの写真を見ても胸が痛みます。

   (2012年1月15日会場にて記録、あとで修正)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月14日 (土)

脱原発世界会議

 パシフィコ横浜・脱原発世界会議、入場待ちの列です。老若男女・子供・赤ちゃん・外国人、多くの人が詰め掛けています。後ろにも50m以上の列が出来ています。

001

 私も二日間、参加します。様子は追って。

   (2012年1月14日会場前にて記録、あとで修正)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

路上観察:鎌倉・和賀江嶋(2012年1月10日)

 鎌倉えびすの賑わいを味わった後、小町通り、大町通りを過ぎて和賀江嶋に向かいました。和賀江嶋は、現存最古の港湾施設であり国指定史跡になっています。じっくり観たのは一昨年の十二月、その時の様子はこちら

 和賀江嶋は満潮時には海にほとんど歿してしまいますので、家を出る前に潮汐を調べておきました。到着する頃は干潮から2時間ほどずれますが、それでも海面上に露出する部分は多くなっているだろうと予想していました。 

 様子は写真を見て頂く方が早いですね。今回は海岸線から東側に少し回りこんだ小坪から、すなわち東から西に向かって撮影しています。遠景には江ノ島と稲村ガ崎が写っています。ズーミングすると、石を積み上げた様子がしっかり判ります。
001 002 003

 近くの岩の上に和賀江嶋の碑が建っていました。以前の台風で倒されて岩だけが残っていたのですが、ようやく修復されたようです。
004

 次回は彼岸の大潮の頃に再訪したいと思っています。多分、和賀江嶋に歩いて渡れるでしょう。完成は鎌倉時代、民衆の大変な苦役によるものでしょう。その様子を間近で感じたいと思っているのですが。

  (2012年1月14日記録)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月12日 (木)

路上観察:鎌倉えびす(2012年1月10日)

 1月10日、鎌倉駅から徒歩5分程の距離にある本覚寺に出かけました。新年恒例「十日えびす」の賑わいに浸るためです。

 そもそも関西地方の行事と思っていた夷祭が、鎌倉本覚寺えびす堂にて催行されるのを知ったのは一昨年のことでした。年が変わるのを待って出かけた様子はこちらです。それから一年が過ぎました。

 11時少し過ぎて本覚寺に到着、境内は善男善女で賑わい、既に夷堂で祈祷が行われていました。12時から僧侶・檀家・福娘・年男・飛び入りの方々が交互に杵を握って餅つき、3臼ついて出来た餅は振舞われていました。福笹や縁起物を買う人も列をなしていました。
001 002 003_2

 昨年と同じ進行のようでした。まあ、こういう行事は変わらずに続いていくことが大切なのだと思います。

 本覚寺に行く前に大巧寺に寄りましたが、庭の蝋梅が半分ほど開いていました。昨年は梅や蝋梅が綻んでいたのですが、暖かいと思っていても今冬は思いのほか寒いのかも知れません。皆様もご自愛下さい。

  (2012年1月12日記録)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月10日 (火)

路上観察:さらば「Y市の橋」

 横浜駅東口前を国道1号線が通過しますが、横浜駅の東京側の外れと言ってよい程の位置に金港橋が架かります。金港橋の中ほどから上流側に向かって風景を描いたのが夭逝の画家・松本竣介、タイトルは「Y市の橋」です。略図(*1)を次に示しておきます。
Fig1

 「Y市の橋」に描かれた橋は月見橋という美しい名前を持ちますが、既に新しい橋に架け替えられています。トラス橋、工場らしい建屋(私は鉄道用の変電所だったと思っています)はとうの昔になくなっています。現存するのは、形は多少変わっていますが横浜駅の北側で東西口を結ぶ跨線橋のみです(写真は、月見橋から、月見橋から)。
001 002

 数年前に東西口を地下で結ぶ横浜駅きた通路が完成したので、跨線橋もその役割を終えていました。あえて残しているのは、費用を掛けてまで取り急ぎ撤去する必要が無いからでしょう。ただ、横浜駅西口の大規模な再開発が進行しているので、いずれは撤去される運命にあったと言えます。

 私は散歩途中などで東西口を行き来する時は、概ね跨線橋を利用しました。横浜駅に入線するブルートレインも姿を消して、旅愁を感じさせる光景も見なくなりましたが。

 跨線橋を最後に利用したのは昨年11月末、12月末に利用しようとした時は東口側の上り口は封鎖されていました。そこに一片の告示が貼付。跨線橋には「内海川こ線人道橋」という名前のあったことが判りました(写真は、東口側上り口、既に工事現場の西口側上り口、告示の部分)。
004 005 006

 今ならば、金港橋の上から「Y市の橋」の面影を感じることが出来ます。横浜駅プラットホームの東京寄りに立てば、跨線橋を目の当たりに出来ます(写真は、横浜駅横須賀線プラットホームから)。
003

 いずれ跨線橋は撤去され、西口側に大きなビルの壁ができるでしょう。「Y市の橋」の風景は、松本竣介の絵の中にだけ留まることになります。

 *1 出展:きまぐれ美術館・洲之内徹・新潮社より(図は1975年頃?)
 *2 2009年12月19日 路上観察:最近の「Y市の橋」
 *3 2009年03月29日 路上観察:横浜・港水際ウォーク
 *4 2007年10月20日 美術:その後の「Y市の橋」

  (2012年1月10日記録)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

音楽:みなとみらいクラシック・クルーズ Vol.34

  出演 Duo Grace(高橋多佳子(pf)、宮谷理香(pf))

  曲目 ランチタイム・クルーズ(12:10~13:00)
       ドビュッシー  :小組曲(連弾)
       チャイコフスキー:バレー組曲「くるみ割り人形」より“花のワルツ”
       アレンスキー  :2台のピアノのための組曲第1番より“ワルツ”
       ラフマニノフ  :2台のピアノのための組曲第2番より
                 第2楽章“ワルツ”、第4楽章“タランテラ”
       ハチャトリアン :仮面舞踏会(連弾)(アンコール)
     ティータイム・クルーズ(14:30~15:30)
       ショパン    :4手のための変奏曲・ニ長調(連弾)
       ショパン    :ロンド・ハ長調
       サン=サーンス :動物の謝肉祭より
                 “序奏”、“アクアリウム”、“白鳥”、“フィナーレ”
       ミヨー     :スカラムーシュ 1.ヴィフ、2.モデレ、3.ブラジルの女
       ピアソラ    :リベル・タンゴ (アンコール)

  会場   横浜みなとみらいホール・大ホール
  公演   2012年1月6日

 

 コンチェルトや伴奏のピアノを聴く機会はそこそこにありますが、ピアノだけのコンサートは恐らく初めての経験。もちろんソロも含めてのことですが。ピアノはその図体も音量も楽器としては巨大すぎる。音の数も他の楽器に比べて圧倒的に多い。そんなことから、あまり出向こうという思いが今までは湧かなかったのです。でも楽器の王様ですから、いずれ聴きたい思う時が来るとは思っていました。随分と時間がかかりましたけど。

 曲により第1・第2を入れ替わりながらの演奏でした。2台のフルコンサート・モデルのピアノから紡ぎだされる音は2000名余の客席に充分に響きわたります。もちろん良い演奏だからですが。各々はソリストの演奏活動をしながら、デュオを結成しての演奏活動も続けていたようです。曲間のトークも巧み、ランチタイムは横浜の海のイメージで青の濃淡を基調にした揃いのドレス、ティータイムは白と濃い朱色のドレスで新年の華やぎも添えられました。

 ドビュッシー、ラフマニノフ、ショパン、初めて聴く曲ですが各々らしい表情を感じさせますし、ピアノ曲の美しさが伝わってきます。
 チャイコフスキー、サン=サーンスは管弦楽曲で聴いたことはありますが、ピアノ曲としては初めて聴きます。減衰音であるピアノの特質が良く判ります。特にチェロの演奏で聴くことの多い“白鳥”は顕著に感じました。
 ミヨーの“ブラジルの女”から“リベル・タンゴ”にかけてはラテン音楽の響きが充満して、足を踏み鳴らしたい思いがしました。

 ピアノに限りませんが特にピアノを聴くのは難しい。楽しく聴いていますが、より良く聴くのはどうしたら良いでしょうか。今年はアナリーゼの類にも興味を向けていこうかななどと少し思っています。
 それとこのクラシッククルーズは欠かさず聴こうと思います。多様な音楽が聴けますから。CDなどは好みの曲を購入してしまうので偏りがでます。

 次回は2月3日(金)、横浜シティオペラ・メンバーによる歌劇「椿姫」ハイライト、歌劇「トスカ」ハイライトです。

   (2012年1月8日記録)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 7日 (土)

映画:ベニスに死す

  製作・監督 ルキーノ・ヴィスコンティ
  脚本    ルキーノ・ヴィスコンティ、ニコラ・バラルッコ
  原作    トーマス・マン「ベニスに死す」
  音楽    グスタフ・マーラー
  出演    アッシェンバッハ:ダーク・ボガード
        タジオ     :ビョルン・アンデルセン 他

  参考    公式サイト
  場所    シネマ ジャック&ベティ
  鑑賞    2012年1月5日

 

 ほの暗い海原を小さな蒸気船がゆっくり進む。色彩を失った画面にマーラーのアダジエットが重なる。抑制された始まりだ。

 

 初老の作曲家・アッシェンバッハ、原作では作家だったと思うが、は静養のために訪れたヴェニスのリドの優雅なホテルで、母親等と共に滞在する美しい少年・タジオを見初める。アッシェンバッハのタジオに対する思いはホテルや浜辺に少年の姿を探し求めるようになる。

 滞在客は潮が引くように去り、街中の消毒が始まる。疫病の蔓延、タジオから離れがたいアッシェンバッハはやがて罹患する。やつれた顔を隠すように白粉・口紅を塗り、白髪を染める。ある日、浜辺のデッキチェアにもたれてタジオの様子を見ながら、満たされたような笑みを浮かべて死を迎える。黒い汗が顔に筋を描く。

 

 描かれるのはクレッシェンドするアッシェンバッハのタジオへの思い、美しさの探求。あるいはアッシェンバッハの視線を意識してじらすようなタジオの振る舞い。単純なストーリー、台詞も多くは無い。しかし飽きることなど無い。

 若さは美、老いは醜。ドイツの作曲家、美の求道者であるアッシェンバッハの内なる両者の対峙は、耐えがたい苦しみを伴う。苦しみから逃れる手立ては死を賭してのタジオへの思いの完結か。

 結末を知る私(観客)は描かれ方に、内面をを炙り出す音楽の響き方に、興味は向かう。
 この映画を名作たらしめているのは、アッシェンバッハを演じるダーク・ボガードの渋味ある演技、死の直前の満ち足りた微笑が印象深い。そしてタジオを演じるビョルン・アンデルセンの美しさ。容姿の美しさ、立ち居振る舞いの美しさ、そこに演技でない生まれた時から磨き抜かれた美しさを感じる。ビョルン・アンデルセンなくしてこの映画は成立しなかっただろう。

 ニュープリントの画面も美しい。一部に多少の傷を認めるが気になるほどのことはない。音楽は多少鮮明さに欠けるが、40年前の作品であることを思えば仕方ないだろう。初めてスクリーンで観た。原作を読み直したい思いがした。

   (2012年01月07日記録)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金)

路上観察:JR鎌倉駅~京急金沢文庫駅ウォーキング(2012年1月4日)

 横浜・鎌倉市境に広がる丘陵地帯はホームグランドと言えるほどに良く歩いてきました。しかし昨夏以来ご無沙汰していたので、2012年の初ウォーキングのコースに選びました。起点はJR鎌倉駅、鎌倉天園を経由して終点を京浜急行金沢文庫駅にしました。

 まだ松の内、遅い初詣でしょうか結構な人手です。両側に提灯がぶら下がった段葛を人混みにまぎれて進みます。当然、人混みは鶴岡八幡宮に続きます。しかし社前に進むのに列を作っているようでしたから、次の機会に参拝することにして流鏑馬道に折れました。
001 002

 荏柄天神社まで来ると人も大分少なくなっています。参拝の短い列はできていましたが、列に加わりました。今さらとは思いましたが、天神様は勉強の神様ですから。合格祈願でしょうか、絵馬が随分と重なっています。
003 004

 鎌倉宮も次の機会に参拝することにして瑞泉寺方面に進むと、永福寺跡を整備していました。公園になるようですが、昨夏以来の大きな変化点です。鎌倉を世界遺産に登録する動きもあるようなので、そういうことも関係しているのでしょう。
005

 ここで左折して獅子舞(紅葉谷)に向かいます。二階堂川が段々細くなりますが、石走る水音が爽やかに聞こえてきます。大声でおしゃべりしながら向こうから来るグループに静かにしろ、っとは言いませんでしたが、自然の気配に耳目を向けたらどうかと思いました。名前の通り紅葉がきれいですが、昨秋は歩きませんでした。散り紅葉がまだ道の脇に重なっています。
007

 登りきると鎌倉天園です。後はハイキングコースを金沢文庫駅に向けて歩きました。全行程で3時間半ぐらいでしょうか。次の機会に詳細データーを整理します。

  (2012年1月6日記録)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 4日 (水)

路上観察:第88回箱根駅伝往路九区中間点(2012年1月3日)

 箱根駅伝は東洋大学がぶっちぎりの優勝で幕を閉じました。それにしても、先頭の東洋大の選手が通過して次の駒沢代・早大の選手がくるまでに随分と時間がありました。交差点近くにいましたが、右折車(コースを横切る)を何回通したことか。

 私は復路も沿道で応援しました。そして写真も撮ったのですが、しかし、そこそこにでも納得いく写真が撮れませんでした。

 一つ目は先頭の東洋大の選手を撮り損ねたこと。
 選手の走ってくる方向に整理員がいたのですが、選手が近づいても車道に1mほど出ていました。そのため、10m~15m先がブラインドになりました。その上、私の前の人が足を車道に一歩踏み出したので、しゃがみこんでいた私から選手が完全に見えなくなりました。良い写真を撮るためには、他人に先んじて良い位置を確保しなければならないということです。

 二つ目は二位グループの駒沢大・早大の選手を撮り損ねたこと。
 二位の選手が来る前に反対側の歩道に場所を変えました。光の加減は順光になるので条件はよほど良いのです。ところが中継用の三輪車が選手の真横に付いていたので、選手はその影に隠れてしまいました。移動した段階で位置取りに負けていたので仕方ないところです。

 これで万事窮しました、残念。この後も写真は撮りましたがお見せする程のこともありません。一年間修行します。

  (2012年1月3日記録)

| | | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年1月 2日 (月)

路上観察:第88回箱根駅伝往路二区中間点(2012年1月2日)

 箱根駅伝を走る20人の選手達の応援に行ってきました。既に多くの人が沿道を埋めていてかなり出遅れた感じ。

 少し間をおいて、先頭の早稲田の選手が走ってきました。続いて二位集団が。選手達は随分と華奢、実にスリムです。この体で良く走れる、否、この体に絞り込んでいるからこそ20Km余を走りきれるのだと思います。
001 002

 写真を整理している間に選手達は既に三区を走っています。箱根湯元の往路ゴールまで、まずはアクシデントの無いことを、そして実力が遺憾なく発揮できることを祈念しています。

  (2012年1月2日記録)

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

路上観察:第88回箱根駅伝のTV中継準備

 第88回箱根駅伝は明2日午前8時に東京大手町をスタートします。私は往路2区、復路9区の中間近くに自宅があるので例年沿道で応援します。もちろん今年もそのつもりです。でも選手達は風のように走り抜けていくので、ほとんどはTV観戦です。

 暮れの28日にJR平塚駅の北に位置する標高180mほどの湘南平に出かけました。頂上には展望レストハウスと電波中継塔があります。そして、中継塔の脇で箱根駅伝の中継基地局を設営していました。5日前でしたけど、ほとんど設営を終えて調整中のようでしたから、いつから設営を始めていたのでしょうか。

 選手が走る国道1号(東海道)から湘南平を見るとかなり遠くに聳えています。水平距離で1Kmほど離れているでしょう。ただ湘南の海岸線から徐々に立ち上がっているので、頂上からの視界は開けます。写真は江ノ島方面ですが、反対も小田原まで見渡せます。
001 002

 電波中継塔の手前のプレファブ小屋にはモニターなどの機材が据えられていました。塔下部の展望台上にはTVカメラやアンテナが据え付けられています。写真のTVカメラは、ほぼ国道1号に直角に向いています。
003 004

 30日は大磯附近を歩いていたのですが上空にヘリコプターが浮かんでいました。ほとんどホバーリング状態で機首を湘南平に向けていました。細かくは判りませんが、中継車からの電波を中継しているのでしょう。と思っていたら中継車が通り過ぎて行きました。瞬間的で写真を撮れませんでしたが、気をつけていたら中継オートバイが走り過ぎていきました。習熟練習しているように見えました。
005 006

 多くの力が結集されることで、私達は炬燵の中で全区間に渡る選手達の力走を見ることができます。昨年のまとめはこちらで。

 良い天気で選手達が日頃の実力を遺憾なく発揮できることを祈念いたします。

  (2012年01月01日記録)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

新年ご挨拶

Ahappynewyear1_2

 すべての皆様に
 新しい年が幸多き一年となりますよう祈念いたします
                        2012年1月1日


| | | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »