« 美術:「ベン・シャーン展」と「島田章三展」 | トップページ | 2011年横浜みなとみらい全館点灯(1) »

2011年12月22日 (木)

音楽:中丸三千繪ソプラノリサイタル「アヴェ・マリア」

  独唱   中丸三千繪(Sop)

  伴奏   安達朋博(Pf)

  曲目    1.私を泣かせてください~歌劇「リナルド」より(ヘンデル)
        2.オンブラ・マイ・フ~歌劇「セルセ」より(ヘンデル)
        3.愛しき森(ヘンデル)
        4.“C”「セー」(プーランク)
        5.愛の小径(プーランク)
        6.我が母の教え給えし歌(ドヴォルザーク)
        7.赤い靴(本居長世)
        8.宵待草(多忠亮)
        9.初恋(越谷達之助)
       10.私のお父さん~歌劇「ジャンニ・スキッキ」より(プッチーニ)
         -休憩-
       11.アヴェ・マリア(シューベルト)
       12.アヴェ・マリア(カッチーニ)
       13.アヴェ・マリア(マスカーニ)
       14.アヴェ・マリア(バッハ/グノー編曲)
       15.柳の歌-アヴェ・マリア~歌劇「オテロ」より(ヴェルディ)
       16.ありがとう愛する友よ~
          歌劇「シチリア島のタベの祈り」より(ヴェルディ)
       17.私は芸術家のしもべ~
          歌劇「アドリアーナ・ルクヴルール」より(チレア)
       18.歌に生き、愛に生き~歌劇「トスカ」より(プッチーニ)
       19.清らかな女神よ~歌劇「ノルマ」より(ベッリーニ)
         -アンコール-
       20.もし~「ニュー・シネマ・パラダイス」より(モリコーネ)
       21.ピエ・イエズ(ロイド・ウェーバー)
       22.別れの曲(ショパン)
       23.さらば過ぎた日よ~「椿姫」より(ヴェルディ)

  会場   横浜みなとみらいホール(2階P2列31番)
  公演   2011年12月21日13:30~15:55(休憩20分)

 

 みなとみらいアフターヌーンコンサートは月1回開催される本格的なコンサートで、ビッグネームが出演するし、多少安めの料金設定を含めて魅力的な企画です。以前から承知していて、聴きたいコンサートもありましたが都合により今回が初めてでした。

 中丸三千繪は昨年「椿姫」のタイトルロールを聴きましたが、リサイタルを聴くのは初めて。もっとも、声楽家のリサイタルに出かけることが極めて稀ですけど。それで、圧倒的なボリューム感でアンコールを含めて全23曲を歌い上げて、ディヴァと称されるのももっともだと感じました。平日のマチネーにも関わらず九割ほど席が埋まっていて人気の高さも実感しました。

 「我が母の教え給えし歌」は配布されたプログラムでは4番目で、プーランクと入れ替わったのは間違えたと言っていたようです。それはともかくとして、全体が1~6、7~10、11~15、16~19の4つに分けられると思います。視覚的にも、この区分で銀、黒、赤、乳白色のドレスを身に付けました。

 最もディーヴァを感じたのは16~19です。オペラ歌手の会場を圧倒するようなボリューム感が劇的に感じられました。高音も美しい。ただ、ヘンデルはもっと繊細な感じが私のイメージです。歌唱云々ではなく声の質ですが。

 7.赤い靴はピアノから歌が抜け出ませんでした。編曲と私の席が舞台後方だったことも関係したと思います。9.初恋は、歌詞である啄木の短歌「砂山の砂に腹這ひ初恋のいたみを遠くおもひ出づる日」も素敵ですし、心に滲みました。8.宵待草を含めて、一流の歌手が情感込めて歌う日本の歌曲は美しい。

 この日のタイトルにもなっている「アヴェマリア」も美しい歌唱でした。私はカッチーニの曲にマリアの悲しみが最も感じられて一番好きです。バッハ/グノーは、どうしても伴奏に耳が行ってしまいます。

 良いリサイタルだったと思いました。曲の最後の高い音を伸ばす時が多少気になったのですが、私の思い過ごしでしょう。赤い靴を除けば、ピアノのサポートも良かった。しかし、中丸三千繪はオーケストラをバックにして歌い上げる姿がより似合うと思いました。次はオペラを聴く機会を探しましょう。

   (2011年12月22日記録)

| |

« 美術:「ベン・シャーン展」と「島田章三展」 | トップページ | 2011年横浜みなとみらい全館点灯(1) »

コメント

中丸さんの歌声は、さすが日本を代表する世界的ディーヴァ、圧巻で大変素晴らしく感動的でしたし、安達さんのピアノ伴奏も素晴らしかった(貴方の文中、ピアニストのお名前は明博さんではなく朋博さんだと思います)。中丸さんの歌声はやはりオーケストラで拝聴するのが最も良いですね。

投稿: | 2011年12月26日 (月) 11時08分

ご指摘ありがとうございました。早速、訂正いたしました。
次はオーケストラのバックで聴く機会を探して見ます。

投稿: F3 | 2011年12月26日 (月) 13時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音楽:中丸三千繪ソプラノリサイタル「アヴェ・マリア」:

« 美術:「ベン・シャーン展」と「島田章三展」 | トップページ | 2011年横浜みなとみらい全館点灯(1) »