« 音楽:第39回定期演奏会 コムラード・マンドリン・アンサンブル | トップページ | 路上観察:横浜・陣が下渓谷(2011年6月22日) »

2011年6月22日 (水)

路上観察:沙羅双樹の花

 「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響あり 沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらはす」とは、平気物語の書き出しです。全てを読んでいないのが情けないですけど。

 ところで「沙羅双樹の花」をご存知でしょうか。

 いま(2011年6月20日現在)、あじさいで有名な北鎌倉の明月院に「沙羅双樹の花」が咲いています。つぼみもあるので、暫らく見られると思います。小雨が降っていてきれいな写真ではありませんが、沙羅双樹の木、落下した花です。
001 002

 

 あじさいを見に行ったら気をつけて探して下さい。
 本堂を過ぎて出口に向かい始める辺りに高札があります。その後ろの塀の中なのであまり見やすくないのですが。

 あじさいもまだまだ見事です。
009 010

   (2011年6月22日記録)

| |

« 音楽:第39回定期演奏会 コムラード・マンドリン・アンサンブル | トップページ | 路上観察:横浜・陣が下渓谷(2011年6月22日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 路上観察:沙羅双樹の花:

« 音楽:第39回定期演奏会 コムラード・マンドリン・アンサンブル | トップページ | 路上観察:横浜・陣が下渓谷(2011年6月22日) »