« 読書:最近の読書から(2011年2月17日) | トップページ | 音楽:みなとみらいクラシック・クルーズ Vol.23(2011年2月22日) »

2011年2月23日 (水)

音楽:神奈川フィル第269回定期演奏会

  指揮     金聖響

  独奏     南紫音(Vn)

  演奏     神奈川フィルハーモニー管弦楽団

  曲目     モーツァルト :ヴァイオリン協奏曲第4番ニ長調
         マーラー   :交響曲第5番嬰ハ短調

  会場     横浜みなとみらいホール(1階29列24番)
  公演     2011年2月19日14:00~16:00(休憩15分)

  参考     曲名クリックで演奏を聴けます

 

 モーツァルト・ヴァイオリン協奏曲第4番。南紫音はあざやかな萌黄色のドレスで登場、春らしい雰囲気を漂わせます。

 オーケストラに埋もれることなく、独奏ヴァイオリンが弾きまくる感じ。ヴァイオリンは少しくすんだ音色に聴こえましたが、底抜けに明るい音色より私は好きです。弾むように、軽やかに演奏された第三楽章も春らしく聴こえました。

 南紫音は初めて。まだ20代前半のようでが、神は二物を与えるようです。次の機会を楽しみにしたい演奏家です。

 

 マーラー・交響曲第5番。ハープと弦楽器で演奏される第4楽章アダージェットが、ヴィスコンティの映画「ベニスに死す」で使用されています。美少年タジューが思い浮かぶでしょうか。

 第1楽章、トランペット・ソロによるファンファーレで始まり、ソロの終わりで総奏になります。
 曲中にソロのある交響曲は珍しくありませんが、始まりがソロである交響曲は他にあるのでしょうか。それだけに冒頭の十数小節、トランペットは緊張するように思いますけど、プロにはそのようなことはないでしょうか。聴く方も緊張します。

 第4楽章、他の楽章と比較したら、ここだけがエアーポケット落ち込んだような気がします。いや逆、ここだけが快適な飛行でしょうか。美しい旋律の楽章ですけど、アンニュイな感じが漂います。
 さて、タジューが頭に浮かんだかと言えば、聴くことに一生懸命でそれどころではありませんでした。

 

 終えてみて素晴らしい演奏でした。トランペット、ホルンを初めとする管楽器は見事でした。弦楽器は、脇役のモーツァルトで美しく、マーラーでは怒涛のような激しさも感じさせました。オーケストラと言う楽器の機能性が高いのだと思います。

 神奈川フィルを丸二年聴きました。素人ですから詳しく指摘できませんが、でも二年間で随分と変わったと感じます、もちろん良い方に。公開練習を聴きに行って勉強しよう。

   (2011年2月22日記録)

| |

« 読書:最近の読書から(2011年2月17日) | トップページ | 音楽:みなとみらいクラシック・クルーズ Vol.23(2011年2月22日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音楽:神奈川フィル第269回定期演奏会:

« 読書:最近の読書から(2011年2月17日) | トップページ | 音楽:みなとみらいクラシック・クルーズ Vol.23(2011年2月22日) »