« 路上観察:東海七福神めぐり(2011年1月2日) | トップページ | 路上観察:第87回箱根駅伝・復路の車列(2011年1月3日) »

2011年1月 4日 (火)

映画:ハーブ&ドロシー

  監督・プロデュース  佐々木芽生
  参考サイト      ハーブ&ドロシー 公式サイト
  場所         シネマ ジャック&ベティ
  鑑賞         2011年1月4日

 

 類稀な二人のアートコレクターに迫るドキュメンタリー、数多くのアーティストも登場する。全編が現代美術に関する話題で満たされている。

 ハーブ&ドロシーはニューヨーク・マンハッタンの1LDKのアパートに住む、大分以前にサラリーマンをリタイアしたであろう老夫婦。

 二人の収集方針は二つ、「1.自分達の給料で購入できる作品であること 2.1LDKのアパートに収まるサイズであること」。作品選択の基準は「考えるのではなく、心に響くもの」。

 収集作品は膨大で、そこに含まれる成功したアーティストの作品は高額で取引きされる。売却すれば一躍大金持ちになるところだが、二人の望むところではない。全てを国立美術館に寄贈してしまった。

 二人からは、無名のアーティストの才能を信じて暖かく支援し、公共財として作品を収集、将来に引き継ごうとする、崇高な使命感がひしひしと伝わる。顕にすることはないのだが。

 

 内容は地味だが現代美術、広く美術を愛する人は必見。現代美術に興味がないと退屈しそうだ、

 監督・プロデューサーの佐々木芽生はニューヨーク在住のフリージャーナリスト。これが、初プロデュース・初監督作品。全編を通して、二人からの信頼の厚いことが感じられる。

 多くのアーティスト達のインタビューの挿入は、二人の人となりを良く伝える。映し込まれる作品が美しい。
 気になったのは、ハーブが元の職場である郵便局に出向いた場面。若き日のエピソードとして微笑ましいが、そこまで遡らなくても伝えたいことは充分判る。

 ハーブ&ドロシーの生き方を余すところ無く記録して、素晴らしい作品に仕上がっている。前述のとおり万人向きではないけれど、これを現代美術に親しむ契機とするのもありそうだ。一人でも多くの人に見てもらいたい。

 佐々木芽生は引き続きハーブ&ドロシーの生き方を記録しているようだ。続編の公開を期待したい。

   (2011年01月04日記録)

| |

« 路上観察:東海七福神めぐり(2011年1月2日) | トップページ | 路上観察:第87回箱根駅伝・復路の車列(2011年1月3日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画:ハーブ&ドロシー:

« 路上観察:東海七福神めぐり(2011年1月2日) | トップページ | 路上観察:第87回箱根駅伝・復路の車列(2011年1月3日) »