« 演劇:─現代劇の系譜をひもとく─Ⅱ「やけたトタン屋根の上の猫」 | トップページ | 路上観察:尾鷲にいます »

2010年11月18日 (木)

路上観察:横浜・掃部山公園(2010年11月18日)

 調べ物があって神奈川県立図書館に行きましたが、図書館の直前で
掃部山公園を通り抜けます。掃部山公園については既に何回か触れています。

 今日は天気が良く、色づいた木立越しにランドマークタワーが鮮やかでした。
001

 井伊掃部頭の銅像は北東を向いているので、写真を撮るのは光の向きがよくありません。背後10mほどに横浜能楽堂があります。
002 003

 銅像の左手に噴水状の物があります。あるのは承知しているのですが、裏面に回ったら寄贈者の名前が刻んでありました。なお、はっきり写っていませんが背後の建物は神奈川県立音楽堂です。
004 005

 いままで気付きませんでしたが、公園の一角に案内がありました。内容は次の通りです。

 『横浜市地域史跡
   井伊掃部頭ゆかりの地

                  平成五年十一月一日 登録
                  所有者 横浜市

 明治四二年七月、横洪開港五〇年記念に際して、旧彦根藩有志が藩主の
開港功績の顕彰のため、大老井伊掃部頭直弼の銅像を戸部の丘に建立し、
その地を掃部山と名付けて記念しました。銅像の左側にある水飲み施設は
その時に子爵井伊直安よリ寄付されたものです。

 当時の銅像は、藤田文蔵、岡崎雪声によって勢作され、その姿は、正四
位上左近衛権中将の正装で、高さは約三・六メートルを測リました。しか
し、当初の銅像は、昭和一八年に金属回収によって撒去され、現銅像は、
昭和二九年、横浜市の依頼により慶寺丹長が製作したもので、その重量雄
は約四トンあります。

 なお、台石は妻木頼黄の設計で。高さは約六・七メートルあり、創建当
初のものが残っています。

                       平成六年三月
                       横浜布教育委員会』

 60過ぎの私でさえ金属回収の詳細は知りません。若い人には何だか判らないでしょう。しっかり伝えていくことが大切だと思うのですが。

   (2010年11月18日記録)

| |

« 演劇:─現代劇の系譜をひもとく─Ⅱ「やけたトタン屋根の上の猫」 | トップページ | 路上観察:尾鷲にいます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 路上観察:横浜・掃部山公園(2010年11月18日):

« 演劇:─現代劇の系譜をひもとく─Ⅱ「やけたトタン屋根の上の猫」 | トップページ | 路上観察:尾鷲にいます »