« 演劇:─現代劇の系譜をひもとく─Ⅰ 『ヘッダ・ガーブレル』 | トップページ | 音楽:神奈川フィル第266回定期演奏会 »

2010年10月 9日 (土)

随想:車中にて

 山手線、渋谷から新宿までの短い間の出来事。三人掛けの席に妻と座りました。残る一席には、良く見ていませんが若い女性が既に座っており、中の子どもと対面するようにベビーバギーを支えていました。

 子どもの年は見当が付きませんけど、かなりしっかりしていて、大きな眼をしていました。顔立ちから阿修羅が思いうかびました。

 子どもが少し顔を回せば、視線は私の方に来ます。そして、視線は私の方に来たのです。時々、妻にも向います。女性も子どもの視線は判りますから、私の様子を伺ったりしていましたが、妻が一声二声かけたりして和やかなものでした。

 子どもの視線は相変わらず注がれています。泣くでもなく、笑うでもなく。その状態で新宿に到着。私が立ち上がったら泣き出しました。

 ひょっとして好かれていたのかな。リタイアして一年が過ぎ殺気が消えたかな。

  (2010年10月9日記録)

| |

« 演劇:─現代劇の系譜をひもとく─Ⅰ 『ヘッダ・ガーブレル』 | トップページ | 音楽:神奈川フィル第266回定期演奏会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 随想:車中にて:

« 演劇:─現代劇の系譜をひもとく─Ⅰ 『ヘッダ・ガーブレル』 | トップページ | 音楽:神奈川フィル第266回定期演奏会 »