« 随想:マスメディア | トップページ | 美術:都筑アートプロジェクト2010(2010年10月27日) »

2010年10月27日 (水)

講座:「知」の十字路・第3回

   名称  明治学院大学 2010年度公開セミナー
               「知」の十字路・第3回
   場所  明治学院大学横浜キャンパス
   日時  2010年10月19日 16時45~18時15
   講演者 辻井喬[堤清二](作家・詩人)
   対談者 原武史(明治学院大学国際学部付属研究所長)

 

 私小説的対談と言ったらおかしいでしょうが、そのような印象を抱きました。端から見れば羨ましい実績を築いてきたように思えますが、様々な葛藤もあったことが窺えます。

 その体験が言わせるのでしょうか、「主義主張は反対だけど、人間として魅力があれば会う気になるし相談する気にもなる」とか、「地位や肩書きでなく人間的魅力があれば、私は付き合う」と語ったのが印象的でした。人間的魅力が辻井のキーワードと思います。

 当たり前のことようですが、異なる主義主張の他人と昵懇にできるか、地位・肩書きの目くらましを食らわないか、と問われれば答えに詰まりそうです。反面、冷酷になれないのが弱点だったかも知れないと感じました。

 唐突ですが、話を聞いていて「幾山河越えさり行かば寂しさの終てなむ国ぞ今日も旅ゆく 牧水」が浮かびました。これは青年の感傷だと思いますが、年を重ねたら払拭できるのか、そんな一面にも迫って貰ったら、さらに興味深いものが出てきたのではないかと思いました。

 そうは言いながら、こういう機会でもなければ話を聞くことなど適いませんので、それだけに一時間余の対談は大変興味深いものでした。


 長文のため、続きはこちらを参照願います。

   (2010年10月27日記録)

| |

« 随想:マスメディア | トップページ | 美術:都筑アートプロジェクト2010(2010年10月27日) »

コメント

いいものを聴かれましたねぇ。
辻井ファンとしては羨ましい限りです。
それにしても、いつもよくメモを取られて、すごいです。
私なんて結局だらだらと漏らしてしまい、結局何が重要なポイントだったのかすら危うい。
続きの方も読ませて頂きましたが、面白かったです。
実際は数倍も面白かったことでしょうね。

投稿: strauss | 2010年10月27日 (水) 20時33分

 Straussさんは辻井ファンですか。
 私は恥ずかしいのですが、一冊だけ読んで講座に臨みましたけど所詮付焼
刃、判らない用語、脈絡が少なくありませんでした。メモを録るには録りま
したが、録音もしています。かと言ってテープ起こしでもなく、折衷です。
ただ、録音もスピーカの音を拾うだけですから、特に語尾などが鮮明でない
ところがかなりあります。後に、書名や人名は一応確認をとっています。

 私は大いに時間の余裕がありますので、興味あっても忙しくて参加できな
い方の多少でも役に立てばと思って、そこそこに時間をかけています。

 ただ、一番役に立っているのは自分です。整理する過程で、理解が進みま
す。結局は自分の為にやっているようなものです。

 話はおっしゃるとおり大変面白かったです。時間が許せば、際限なく聞い
ていたいようなものです。

投稿: F3 | 2010年10月28日 (木) 01時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 講座:「知」の十字路・第3回:

« 随想:マスメディア | トップページ | 美術:都筑アートプロジェクト2010(2010年10月27日) »