« 路上観察:第4回平戸ツーデーウォークのまとめ | トップページ | 随想:iPhone4 を使って »

2010年10月18日 (月)

講座:明治学院大学公開セミナー・「知」の十字路第2回

   名称  明治学院大学 2010年度公開セミナー 「知」の十字路 第2回
   場所  明治学院大学横浜キャンパス
   日時  2010年10月12日 16時45~18時15
   講演者 佐藤優(作家・元外交官)
   対談者 原武史(明治学院大学国際学部付属研究所長)

 

 第1回・佐野眞一(ノンフィクション作家)は所要のため聴講できませんでした。宮本常一に関する著書を読み、興味を抱いていましたので残念でした。

 第2回・佐藤優はセーター姿で現われました。報道等で承知していますが、実物はそれ以上に眼光鋭い印象です。事前に「獄中記・岩波現代文庫」を読み、Ustreamの一時間ほどの映像を見ました。しかし、その程度の付焼刃な行為はさして役に立ちませんでした。

 講座進行は、前半が講演、後半が対談の予定だと思います。しかし、佐藤優が占拠した感じで進行、話し方は対話と言うより交渉の現場に居合わせているように響きました。自ら先んじて行動するような、そういう場面で活躍してきたからではないかという思いがしました。あるいはそのような資質でなければ成り立たない職業だったかも知れません。

 残念ながら、私は話された内容を受け留めるだけでした。ただ、これから物事を考える契機になると思いました。

 以下は自分の為のメモです。しかし、興味を持つ方がいるかも知れませんので掲載します。なお、知的所有権関連の指摘があれば、掲載を取りやめますので承知おき願います。

 長文(原稿用紙約30枚)のため、続きはこちらを参照願います。

   (2010年10月17日記録)

| |

« 路上観察:第4回平戸ツーデーウォークのまとめ | トップページ | 随想:iPhone4 を使って »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 講座:明治学院大学公開セミナー・「知」の十字路第2回:

« 路上観察:第4回平戸ツーデーウォークのまとめ | トップページ | 随想:iPhone4 を使って »