« 音楽:神奈川フィル第265回定期演奏会 | トップページ | 路上観察:旧東海道徒歩の旅(2010年9月17日) »

2010年9月13日 (月)

路上観察:関内外OPEN!2(2010年9月12日)

 

 YCC(ヨコハマ創造都市センター)が 事務局となり、関内外に点在する多くのアーティスト・クリエイターの創作の場を探訪する企画で、今年で2回目だそうです。今年度は民間物件に入居し、横浜市、アーツコミッション・ヨコハマの助成制度を活用している方の創作の場が中心になっていたそうです。

 「関内外」の言葉はあまりこなれているとは思えませんが、横浜関内地区と関外地区の総称。本来は関門の内と外の意味、関門は伊勢佐木町の入口、今は首都高速道路上に架かる吉田橋に関門跡碑が建てられています。すなわち、横浜港から伊勢佐木町一帯ということです。(写真は吉田橋関門碑、写真の右側が関内、左側が関外)
001

 

 「関内外OPEN!2」の企画全体については公式ホームページを参照ねがいます。
 前日の新聞で開催を知り、Webを検索して内容を知り、急遽参加しました。11日は用ありで、12日の「関外コース」に参加しました。所要4時間と他コースに比べて長時間のせいか、参加者は6名(前日は2名だったそうです)でした。

 関内外一帯を私は良く歩きますので、大雑把に何があるかの見当はつきます。しかし、この企画で訪問する創作の場は、個人事務所であったりして非公開の場所も多く、名前だけ知っている場所であったり、何回もその前を通っていても全く気付いていない場所だったり、それだけでも大変興味深い半日になりました。

 

 「関外コース」は桜木町・野毛・日の出町・黄金町、横浜の下町を辿ります。訪れた拠点は、YCC ~ BLROOM野毛Hana*Hana野毛マリヤビル長者町アートプラネット 黄金町バザール周辺のスタジオnitehi worksよこはまばし アートピクニックTOCO ~ 現地解散。

 メモを取りませんでしたので各拠点を詳しく説明できません。リンクを張りましたので興味あれば参照願います。一部気になった拠点を、補足しておきます。

 「BLROOM」は最初に訪れた拠点で興味津々ということもありました。国道16号と音楽通りの間の道から少し奥まった2階建て民家を改造しています。こんなところにという感じです。二階のアートマネージメントやキューレーション活動をしている方の部屋に「金氏徹平」の作品が展示されていました。(写真は金氏徹平作品)
002

 「野毛Hana*Hana」に入居する団体の一つ「ザ・ダークルーム・インターナショナル」は貸し暗室、暗室に入れていただきましたが、何人かが焼き付けしていました。フィルムカメラの愛好家も少なくないのでしょう。他に有名人歌手のNPO事務所。

 「野毛マリヤビル」は大岡川に面したビル。3階以上が製作者が滞在する居室、屋上に昇り大岡川を高みから見下ろしましたが、この高さから見るのははじめて景色。

 「長者町アートプラネット」の直前は、風俗店だったそうです。

 「黄金町バザール周辺のスタジオ」である「西倉建築事務所」は、前回の横浜トリエンナーレの時、黄金町スタヂオ
だったと思います。

 「nitehi works」は、時々映画を見に行く「シネマ・ジャック&ベティー」の近所、出来て3ヶ月ほどだそうですが、何回か前を通っていますが、ぜんぜん気付きませんでした。元銀行、金庫なども展示スペースになっていて、今はカフェ&バー。(写真は全景、古い資料も残されていました)
003 004

 「アートピクニックTOCO」は新聞でその存在は知っていました。これもこんな所に拠点がという感じ。(写真は全景、左手数10m先が横浜橋商店街)
005

 

 「ZAIM」が閉鎖され、そこを活動拠点にしていた方はどうするかと思っていました。本日、訪れた拠点にも、ZAIMから移ってきた方たちがおりました。話を聴いていて、企業家精神が感じられる方も多かったです。芸術が純粋に保護されるばかりでもいけないと思いました。自ら切り拓くことが大事だろうと。

 私は何かを始められる年齢でもありませんが、若い人たちの活動から少しエネルギーを頂いたように思えます。少しばかり出来そうなことは、何か企画があればためらわずに参加することかな。

 

 案内して頂いたYCC事務局1名、インターンシップ2名の方、関係者の方、暑い最中のご苦労に心底謝意を表します。ありがとうございました。
 また、来年も参加させて頂くつもりですので、継続して頂きますようお願いもしておきます。

  (2010年9月13日記録)

| |

« 音楽:神奈川フィル第265回定期演奏会 | トップページ | 路上観察:旧東海道徒歩の旅(2010年9月17日) »

コメント

こんにちは。関外コースのツアーを担当したインターン生です。先日は暑い中ツアーにご参加いただき、ありがとうございました。

当日はこちらからガイドを行うだけでなく、お客様からも美術に関する様々なお話を伺うことができ、大変感謝しております。
また関内外オープンが開催される際にはご参加をお待ちしております。

またブログも拝見させていただきますね!

投稿: 近藤 | 2010年9月14日 (火) 17時57分

 お疲れ様でした。そしてありがとうございました。直前に知って参
加したのですが、大変良い時間を持つことができました。

 案内していただいた地域に関内地域を加えれば、私が良く散歩する
範囲になります。しかし、奥まった所、その前を通っているのに気付
いていない所、個人事務所はもとより入れません。そのような所で多
くの方が活躍されている様子は、想像以上の出来事でした。

 これからは情報を広く収集して、機会あるごとに参加したいと思い
ます。これからもよろしくお願いいたします。

 内容雑多ですが、お時間のある時にでもブログを参照頂いてコメン
トでも頂ければ幸いです。整理できていませんが、同名ホームページ
もよろしくお願いいたします。

投稿: F3 | 2010年9月15日 (水) 01時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 路上観察:関内外OPEN!2(2010年9月12日):

« 音楽:神奈川フィル第265回定期演奏会 | トップページ | 路上観察:旧東海道徒歩の旅(2010年9月17日) »