« 映画:ヒロシマ・ピョンヤン(2009年作品) | トップページ | 路上観察:旧東海道徒歩の旅(2010年8月14日) »

2010年8月11日 (水)

随想:品格を欠く朝日新聞素粒子欄の表現

 朝日新聞8月10日夕刊・素粒子欄の最初のパラグラフは次のとおりです。

 「民主政権の長さ、細川・羽田内閣を越す。与党も野党も有権者も未経験の域へ。どれだけ続くか、怖いモノ見たさの感も。」

 これを読んで、なんとも品格のない文書だと思いました。政権与党である公党に対して、「どれだけ続くか、怖いモノ見たさの感も」とは。自らの立場をどのように位置づけて、このような表現をしているのでしょうか。

 表現の自由を否定するつもりはありません。与党批判がいけないとも思いません。ただ、それ以前の問題です。天下の公器である朝日新聞の表現として、私は適切でないと感じました。

  (2010年8月11日記録)

| |

« 映画:ヒロシマ・ピョンヤン(2009年作品) | トップページ | 路上観察:旧東海道徒歩の旅(2010年8月14日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 随想:品格を欠く朝日新聞素粒子欄の表現:

« 映画:ヒロシマ・ピョンヤン(2009年作品) | トップページ | 路上観察:旧東海道徒歩の旅(2010年8月14日) »