« 映画:クロッシング(2008年韓国作品) | トップページ | 随想:「はやぶさ」帰還(2010年6月13日) »

2010年6月13日 (日)

路上観察:柳原義達・道標 鳩(2010年6月9日)

 気付いていました、以前から。横浜市立中央図書館(最寄り駅:京浜急行日之出町駅)前広場、片隅のベンチにブロンズの鳩が止まっているのを。

 「柳原義達・道標 鳩」。四羽と言うべきか、四体と言うべきか。あるいは一式か。

 なぜ気付いたたときに紹介しなかったかと問われれば、人が座っていたり、傍らに自転車が置いてあったりして、見て頂ける写真を撮れなかったから。

 今日は雨。光は不足していますが、人もいませんし、自転車も置いてありません。
001 002 003 004

 全体の配置は、左手前のベンチから、時計回りに右手奥のベンチまで。図書館は左手後方に位置します。
005

 

パブリックアートにしては小品で、しかもさりげなく置かれています。近くを通る時にでも、ちょっと図書館の敷地に足を向けてみませんか。

 柳原義達について知ることはありませんが、ブロンズの鳩を見ると柳原義達の名前が思い浮かびます。どこでスタンピングされたかは判りません。

  (2010年6月13日記録)

| |

« 映画:クロッシング(2008年韓国作品) | トップページ | 随想:「はやぶさ」帰還(2010年6月13日) »

コメント

 静岡県立美術館のプロムナードにも「道標 鳩」があります。芝生の中に4羽仲良く。
掛川の資生堂アートハウスのコレクションにもありました。
ほのぼのとした中に鳩の力強い生命感が宿っていて、印象的な作品ですよね。
昨日行った平塚市美術館にもあったような気がします。
(確かめようとしましたが所蔵作品のリストに彫刻作品はなくて確認できませんでした)
昨日は、館の内外に常設展示されている佐藤忠良、船越保武などの彫刻も同時に楽しんできました。
楽しい一日でした。

投稿: salala | 2010年6月13日 (日) 23時00分

 そうらしいですね、調べて判りました。横浜でも他にあるようで、そのうち
観てきます。
 平塚市美術館の屋外は観ませんでしたが、受付脇の佐藤忠良、船越保武の頭
像は気がつきました。最近、二人は遠目でも大体判るようになりました。
 そのうち資生堂アートハウスに行きたいと思っています。一日で、小夜の中
山と一緒に回れますかね。調べておかなくては。

投稿: F3 | 2010年6月13日 (日) 23時38分

 掛川へぜひお越しくださいね。
資生堂アートハウスは掛川駅南口から徒歩5分ほどです。小ぢんまりとした美術館、オススメです。
小夜の中山、これは金谷側からアプローチした方が良いかもしれませんね。
東側から峠を越えて日坂あたりでバスを利用して掛川駅までこられたらいかがでしょうか。
ただし、本数は少ないですけど。
かなりの急坂ですから、覚悟が必要かも。
もちろん、一日あれば充分ですよ!

投稿: salala | 2010年6月15日 (火) 23時21分

 ありがとうございます。いずれふらっと出かけます。
 「小夜の中山」は掛川市に位置するのですね。急坂ですか。歩くことには
自信あり、大概は大丈夫です。
 西行が超え、芭蕉が超えた山路を一度は歩かなくては。命なりけりを実感
できるかもしれません。

投稿: F3 | 2010年6月17日 (木) 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 路上観察:柳原義達・道標 鳩(2010年6月9日):

« 映画:クロッシング(2008年韓国作品) | トップページ | 随想:「はやぶさ」帰還(2010年6月13日) »