« 路上観察:柳原義達・道標 鳩(2010年6月9日) | トップページ | 舞踊:ピナ・バウシュ「私と踊って」(2010年6月12日) »

2010年6月14日 (月)

随想:「はやぶさ」帰還(2010年6月13日)

 6月13日23時少し前(JST)、「はやぶさ」帰還の様子をUSTREAMのライブ映像で見ていました。いくつかの異なるチャネルの中継が告知されていました。しかし、私のパソコンでは和歌山大学のライブ映像のみが見られました。

 夜空に小さな星が現れたと見るや、徐々に大きくなって火の玉を思わせ、近くの雲を明るく照らし出し、再び小さくなってもとの夜空に戻りました。40秒少々の出来事でしたが感動しました。その理由は大きく二つ。

 1. 7年間、60億Kmを旅をした後に帰還したという事実。それに携わった多くの技師・関係者のご苦労を想像して。

 2. 大手メディアでは無理と思われるライブ中継が、インターネット技術等を駆使した関係者のご苦労で実現したことに関して。

 

 「はやぶさ」帰還の様子は、和歌山大学宇宙教育研究所サイトで映像が見られます。

 14日朝日新聞朝刊のトップ(東京本社14版)を飾った美しい写真はこちらで見られます(これもプロの仕事だと感じます)。

 そして、宇宙航空研究開発機構・宇宙科学研究所のトピックスも是非ご覧になって下さい。カプセルが発見されたそうで、このうえは、小惑星「イトカワ」の砂が一粒でも入っていることを願うばかりです。

 予算は「二番」にも届かないでしょうが、成果は他の大プロジェクトに匹敵するのではないかと思います。 

 追記 :NHKニュース映像が掲載されました。 
 再追記:宇宙科学研究所のカプセル着地写真が掲載されました。

   (2010年6月14日記録)

| |

« 路上観察:柳原義達・道標 鳩(2010年6月9日) | トップページ | 舞踊:ピナ・バウシュ「私と踊って」(2010年6月12日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 随想:「はやぶさ」帰還(2010年6月13日):

« 路上観察:柳原義達・道標 鳩(2010年6月9日) | トップページ | 舞踊:ピナ・バウシュ「私と踊って」(2010年6月12日) »