« 路上観察:一駅散歩・京浜東北線鶴見~新子安(2010年2月9日) | トップページ | 一駅散歩・東急電鉄東横線大倉山駅~綱島駅(2010年2月23・25日) »

2010年2月24日 (水)

映画:ベジャール、そしてバレーはつづく

   出演     ジル・ロマン(モーリス・ベジャール・バレー団芸術監督/ダンサー)
          エリザベット・ロス(モーリス・ベジャール・バレー団ダンサー)
          ジュリアン・ファブロー(モーリス・ベジャール・バレー団ダンサー)、他

   監督     アランチャ・アギーレ

   場所     シネマ ジャック&ベティ
   鑑賞     2010年2月24日
   公式HP    http://www.cetera.co.jp/bbl/

 

 「アダージェット(マーラー・交響曲第5番より)」を踊るジル・ロマン、研ぎ澄まされた筋肉が紡ぎだす力強くも繊細な動きはベジャール・バレー団のトップダンサーであることを遺憾なく伝える。

 2007年11月22日ベジャール没。芸術監督はジル・ロマンに引き継がれた、二つの困難と共に。困難の一つ目は財源、とりあえずローザンヌ市が三年間の助成を約束した。二つ目は、ジル・ロマンの振付作品を上演するとのベジャールとの約束の実現。

 常にベジャールと比較されるプレッシャーに苦悩しながらも、新しい扉を開くために挑戦するジル・ロマンやダンサー達。その様子を記録したドキュメンタリー。その中に亡きジョルジュ・ドンが踊る「恋する兵士」や「ボレロ」など場面、生前のベジャールの語りなどが挿入される。

 

 ダンサーや関係者の努力や苦悩は充分に伝わってきた。しかし20世紀最大の芸術家と言われたベジャールや、ベジャール・バレー団についての多少の前提知識を持たないと理解しにくい。各場面はあまりにも断片的である。裏返せばもっと長く見たいということだが。

 街中を写した場面に、抱きあった男女の周りを多くの男女が囲むポスターが写っていた。「春の祭典」のフィナーレ。中央の二人はジル・ロマンとショナ・ミルク、確か90年代の日本公演で観ている。ベジャールも終演後の挨拶で舞台に上がった。そういうことを思い出しながら時の移ろいを感じた。

 週中の昼間の上映、客は10名強だったが男は私一人。ダンスは男の見るものに非ずか、決してそんなことはない。極致の身体表現は、雄弁よりもよほど多くのことを語る。改めてベジャールに合掌。そして新しいベジャール・バレー団の発展を祈念。

 ベジャールやベジャール・バレー団、他のカンパニーに興味ある方はご覧になったら如何でしょうか。舞台には現われない様子を知ることができます。

   (2010年2月24日記)

| |

« 路上観察:一駅散歩・京浜東北線鶴見~新子安(2010年2月9日) | トップページ | 一駅散歩・東急電鉄東横線大倉山駅~綱島駅(2010年2月23・25日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画:ベジャール、そしてバレーはつづく:

« 路上観察:一駅散歩・京浜東北線鶴見~新子安(2010年2月9日) | トップページ | 一駅散歩・東急電鉄東横線大倉山駅~綱島駅(2010年2月23・25日) »