« 路上観察:横浜・放送ライブラリー(2009年11月6日) | トップページ | 演劇:ヘンリー六世(第一部)・百年戦争 »

2009年11月 9日 (月)

随想:CMに使用される音楽について

 TVから流れる音楽はさまざまです。大抵は聞き流すのですが、最近、?と思うことがありました。その中からかなり気になっていることを。

 

 数秒間ですが、「J・S・バッハ:マタイ伝による受難曲」の最後の合唱の一部を使用したCMがありました。それは『toto BIG「もうすぐ閉幕」編』。

 この合唱曲をCMに使用していけないルールは無いでしょう。著作権関係をクリアすれば何の問題も発生しないでしょう。しかし、キリスト経者に対する精神的・倫理的な面からどうかと思いました。

 J・S・バッハの全作品中の最高峰に位置づけられ、クラシック音楽の全てのジャンルを通して最高傑作とさえ言われます。私は過去4回、この生演奏に接し、CDを何回も聴いています。非キリスト者である私でさえ最後の合唱は威儀を正します。

 そのような私の思いもあって、この曲をCMに使用することがかなり気になっています。映像との関係も気になります。宗教的な場面は慎重に対処する必要がある、と私は考えます。

| |

« 路上観察:横浜・放送ライブラリー(2009年11月6日) | トップページ | 演劇:ヘンリー六世(第一部)・百年戦争 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 随想:CMに使用される音楽について:

« 路上観察:横浜・放送ライブラリー(2009年11月6日) | トップページ | 演劇:ヘンリー六世(第一部)・百年戦争 »