« 講演:青山七恵×原武史(対談編) | トップページ | 随想:CMに使用される音楽について »

2009年11月 7日 (土)

路上観察:横浜・放送ライブラリー(2009年11月6日)

 

 横浜情報文化センターが神奈川県庁の斜め前にあります。情文センター内には、日本新聞博物館放送ライブラリー、その他が入居しています。

 日本新聞博物館は、新聞の歴史や新聞がつくられるまでの紹介、企画展示、新聞の製作体験、全国の主要紙を閲覧できる「新聞ライブラリー」などで構成されているようです。先日、企画展示「心をひとつ ふるさと復興展~新潟県中越地震から5年~(2009年11月29日まで)」をかなりしっかり見ました。私はまだこの一度しか出かけていません。

 

 放送ライブラリーは、「放送法に基づくわが国唯一の放送番組専門のアーカイブ施設」だそうです。NHKや民放局のテレビ・ラジオ番組、コマーシャルのライブラリー、体験型常設展示コーナーがあります。視聴覚ライブラリー・フロアでは、個別ブースでライブラリーの鑑賞が可能です。私は時々出かけてライブラリーを視聴しています。

 視聴覚ライブラリー・フロアには、1~3人用のTVブースが60台、100席が設置されています。検索端末で視聴したいライブラリーを特定して申し込むと、指定されたTVブースで視聴が可能になります。ダビングはできません。

 どのようなライブラリーが収蔵されているかはホームページで検索できます。興味あればどうぞ検索して下さい。

 私は最初、演劇関係のライブラリーを視聴しようと思ったのですがヒットしませんでした。著作権等の絡みもあるでしょう。ターゲットが狭かったり特殊だったりすると収蔵されていないようです。そこで収蔵されているものから興味あるものを選択するとの方針を変更しました。現在は「文楽」のキーワードでヒットする約40本弱を見尽くそうと思っています。10本ほどを見終わりました。

 先日視聴したライブラリーは、「極める・匠と至芸の世界 無我・情の語りべ(人形浄瑠璃文楽・太夫/四世竹本越路太夫)・TV東京・1987年」と「芸能花舞台 上方の人形振り・NHK・1993年」。

 越路太夫の至芸を充分に理解できるわけでありませんが、それでも素晴らしいと思いました。ライブラリーに残っているだけでも幸せです。もう接する機会もないのですから。

 人形振りは大変に面白かった。人形振り、すなわち人間が人形の真似をして踊ることです。文楽人形が人間を真似した仕草を追求して、人間がその文楽人形を真似して踊る。文楽の八百屋お七、色物の三人奴、日舞の八百屋お七を対比して人形振りを解説しています。

 八百屋お七は、火の見櫓に登る前に長い髪を前後に大きく振る仕草を行います。膝を曲げて腰を下ろした状態で跳ねるように前に進みながら、髪を振ります。文楽では4拍子の1・3拍で前後に、2・4拍は状態継続するのに、日舞では二拍子の1泊で前へ、2泊で後ろへと間断なく髪を振ります。各々の特質に沿った構成なのでしょう。櫓の上に登ってから叩くのは文楽が鐘で、日舞が太鼓。

 いくつか苦言を。TVはブラウン管タイプで反射光が写り込んで醜い(席の差があるかもしれない)。音量調整のボリュームの位置によって片側が聞こえない席がある。1回に1本のライブラリーしか見られないので、検索・申し込み・視聴を繰り返し、文楽はオンライン化されていないようでセットするのに5分ほど必要となる。新しいライブラリーの収蔵、収蔵の範囲を拡大をお願いしたい。
 それでも貴重なライブラリーが見られるのは有り難いと思っています。一度出かけてみませんか。

 付け足しですが、県庁前の銀杏並木が色付き始めています。

|

« 講演:青山七恵×原武史(対談編) | トップページ | 随想:CMに使用される音楽について »

コメント

 今日、静岡でstraussさんとお会いして、新聞博物館のことを聞いたばかりでした。
企画展期間中は難しいかもしれませんが、一度訪れて見たいと思いました。

 横浜の銀杏並木、昨年のトリエンナーレを思い出します。もう一年が過ぎようとしているんですね。

投稿: salala | 2009年11月 7日 (土) 22時31分

 横浜名所としては地味ですから、ぜひともお出かけ下さいとは言い難いものがあります。新聞は地味ですが、情報量の多さや時間軸に沿って再確認する時は圧倒的に便利であると再確認しました。これから提供されるサービスの詳細を確認します。

 既に2回の講演会に出かけましたが、本日から「ヘンリー六世」を観劇します。通し上演もあるのですが、私は3回に分けて観劇。今週は新国立劇場に、講演を含めて4回出かけます。回数券が必要ですね。

投稿: F3 | 2009年11月 9日 (月) 10時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 路上観察:横浜・放送ライブラリー(2009年11月6日):

« 講演:青山七恵×原武史(対談編) | トップページ | 随想:CMに使用される音楽について »